シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ☆複雑骨折サチちゃんの経過
2017年02月07日 (火) | 編集 |
★複雑骨折サチちゃんの経過
サチへのカンパ、ありがとうございます。
♥郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
♥横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に(サチ)、銀行振込の場合、お名前の前に(サチ)とご記入下さい。


☆サチ二度目の 感受性検査結果
2月24日
サチは、感染が始まっているのに、1回目の感受性試験では、10種類の抗生物質がすべてに感受性なしの結果が出て、急いであと10種類の抗生物質の感受性試験をお願いしていました。
その結果がこれです。

一番下のVCM + バンコマイシンという抗生物質だけがサチに効くことがわかりました。
DSC03438.jpg


感染を抑えなければなりません。
一種類でも、効く抗生物質が見つかったのは救いです。
一日二回投与が開始されました。
DSC03444.jpg


でも、このバンコマイシンという抗生物質の投与、ちょっと大変なんです。
通常のように注射器でスッと打つのではなくて、
こんな機械を使って、1時間近くもかけて少しづつ静脈に入れていくのです。それも1日2回。
DSC03370.jpg



でも、希望は、いっぱい。がんばろうね。サチ。

見て。ちゃんと、立てたよ。
DSC03437_20170223031500d6f.jpg



2月21日
 ☆サチちゃん 立った。

DSC03320.jpg



2月19日
☆サチ感染症  抗生物質 感受性検査について

参考 薬剤感受性試験

img059.jpg
右のアルファベットが縦に並んでいるのが抗生物質10種類です
それに対して、横に (-)とあれば薬剤耐性 (感受性あり)
サチちゃん、全部(-)でした。

今まで使った、抗生物質コンべニアもバイトリルも効いていなかった。
既に感染が始まっているのに、10種類とも効かないなんて。
すぐに、あと10種類の抗生物質の感受性検査を依頼して、結果が出るまでの間は、獣医も緊張でサチを見守っています。

サチちゃん、食欲あり、具合は悪くないのだと思います。
体重も、退院から350グラム改善されています。
DSC03292_20170219181755ba8.jpg



2月16日
サチは、高度医療病院で外れたピンを抜いてもらい、感染部位を取り除いてもらい、食べることを確認したうえで、TNR日本動物福祉病院に帰ってきました。
二度目の入院から、また麻酔下での手術が終わり、先生から食べましたとお聞きするまでは、このまま衰弱してしまったらと心配でなりませんでした。

二度目の入院前のサチ
DSCF6865.jpg


img055.jpg



お帰り、サチ。
DSC03136.jpg



体重が3キロから2.18キロまで減少してしまいました。
感染に負けないように体力をつけるためにも体重を増やさなくては。
DSC03130.jpg



DSC03133.jpg



DSC03124.jpg


サチは、まだまだ、安心はできません。
乗り越えていって、最後にもう一度、関節を固定する再手術の予定です。
それまで、まだまだです。

半年、もしかして1年、それでもきっと元気な子と同じように暮らせる日が来ることを信じよう。
サチ、任せてね。
サチを、いっぱい幸せにしてくれる、一生大切に守ってくれる里親様を見つけるよ。




今回の、入院費用のご報告です。
皆様、サチに、カンパをありがとうございます。お陰様で、治療が受けられます。

img057.jpg



img058.jpg




心配かけちゃったから、ちょっといいとこみせるわね。   byサチ




☆サチ、再入院
2月11日記載

2月9日、サチが食べなくなり元気消失。ピンの露出と一部に廃液が見られました。
手術時の状態から予期されたことでしたが、足を残せる可能性があるならと選択した手術でした。
そのような症状が出たときにはすぐに連絡することになっておりましたので、手術をしていただいた高度医療病院に相談。
10日、受診しました。

サチは、再入院致しました。
感染が始まっています。ピンを伝わり感染が奥に広がるのを抑えるため、ピンを抜き、感染しているところは切除するそうです。
12日(日)また、手術になります。


DSC03090.jpg




DSC03093_201702080338229f4.jpg



DSC03095.jpg


可愛そうに思いますが、これを乗り越えて幸せにしてあげたい。
サチ、頑張ってね。




☆サチ医療費ご報告と、9日の異変
高度医療の動物病院での、入院術前検査と複雑骨折手術費用のお支払い明細をご報告申し上げます。
手術までの費用は、543,940円でした。サチを支えていただいております皆様に深く感謝を申し上げます。

img053.jpg

img054.jpg

img52.jpg


大きな手術でした。
異常を見逃さないように、毎日、全身状態を観察しています。


手術から、11日目の2月9日、サチが、食べなくなりました。
同時に、恐れていた傷口からの廃液が見られ細菌感受性試験に出しました。
また、一部ピンの露出が起こりました。
とても、心配です。
10日、処置について判断をいたします。


手術後のレントゲン
DSC03099.jpg


昨日は、一瞬、立つしぐさが見られたサチなのに、
2月9日のサチ。あまり、元気がありません。
DSC03113_201702100314146aa.jpg

頑張ろうね。サチ。

心配おかけして申し訳ございません。また、ご報告いたします。


サチちゃんの検査・治療・経過報告
2月7日
1月17日に川崎市動物愛護センターに負傷猫として収容されたサチ。
重症の複雑骨折で重傷だったサチは、18日、衰弱が進む中、救える方法を模索してセンター職員さんから相談の電話がありました。できる限りのことを尽くす、私はいつもそう考えています。
いつからかセンター便などと呼んで、救いを求める子たちをセンターの車がTNR日本動物福祉病院に搬送して下さるようになりました。

TNR日本動物福祉病院に入院した時のサチは、体温が測れないほど低く危険な状態でまずは生命の確保が優先でした。。
後ろ両足三カ所骨折 骨盤2ケ所の骨折 皮膚損傷 腫れ 痛みが強い 
血尿が続いているため、内臓にもダメージも心配されましたが、体温が上がり、食べ出すなど良い傾向がみられるようになり、高度医療病院で入院検査のうえ、骨折の手術を受けることになりました。

サチは長時間の大手術に耐え、以後の治療は、TNR日本動物福祉病院で継続して行うことになりました。
高度医療病院での手術から間もなく10日になります。
TNR日本動物福祉病院に移動してからも、先生の指示に従い、毎日しっかり治療を継続
しています。

img051_2017020716130593c.jpg


異状は見られませんが、まだ、立とうとしないのがこれでよいのか気になります。
DSC03061.jpg



2月4日
現在まで順調と思われます。
週に1回程、レントゲン撮影を行い確認してまいります。
DSCF6838.jpg


2月3日
顔つきがしっかりしてきました。
痛い、怖い思いをしてきたので、シャーと怒ります。
夜の間に、缶詰を完食しました。
DSC02915_20170204023205110.jpg


DSC02921.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サチ、手術後は全体にまだパーンと腫れています。
DSCF6742.jpg

痛いのかな。リハビリは、早い方がとの事でしたが、まだとても立つ気にはなれないようです。
DSCF6737.jpg

☆サチ 高度医療病院からTNR日本動物福祉病院へ移動しました

サチは、高度医療病院にて、先生から今後のご指導を受け、TNR日本動物福祉病院に移動いたしました。
5カ所の骨折4カ所の手術、2カ所は皮膚を突き破り損傷も大きかったのですが、残すかどうかはギリギリの判断で保存する方を選択いたしました。感染症が非常に心配されますところですが、今後毎日の抗生物質を使いながら注意深く観察を続けます。
右足は特に安心できる状態ではなく、今後の経過次第では断脚もやむなしということも覚悟しておかなくてはならないようです。
左足の骨折は、手術により正常な形に戻せましたので、リハビリをしていきますが、まだ手術したばかりですので動こうとするしぐさは見えません。
骨盤骨折は手術後、排便排尿も確認でき、これから生きていく上にとても重要なことですのでホッと致しました。
様子をお伝えしてまいります。皆様にとても励まされています。ありがとうございます。
DSCF6750.jpg

DSCF6744.jpg

DSCF6748.jpg


☆サチの手術 経過報告
2月1日、サチが入院する病院に行ってまいります。状況、よく聴いてまいります。

サチをご心配いただいております皆様、ありがとうございます。
29日、夕方、サチの手術が終わりました。
4カ所の骨折のため、長時間の手術となりますので一度ではできないかもしれませんと聴いておりましたが、一度で全部の手術が行えたそうです。皮膚を破り露出して変色していた骨の処置も行いましたと報告をいただきました。
サチは、痩せた体で、長時間の大手術を耐えてくれました。
これから三日間くらい、このまま高度医療の病院で経過を診ていただきます。
順調であれば、入院費用を抑えるため、先生の指示を仰ぎながらTNR日本動物福祉病院に移し、必要に応じ高度医療病院に通院する予定です。また、ご報告申しあげます。

1月25日サチちゃん、幸せに暮らしてほしいから・・・ 自力で食べ始めました
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-5862.html

1月19日重症猫保護
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20170119.html



拡散希望!! 
     骨盤と両後肢複雑骨折のサチの手術ためにカンパをお願い致します。

DSC02702s_20170128040909669.jpg

おそらく車に轢かれたと思われる複雑骨折です。
命も危ぶまれましたが、自力で食べ出しました。まだ1~2才位の若い長毛の黒猫です。
自分ではどうすることもできないこの子の一生は、今、どう処置するかで決まります。
私の部屋には、やはり事故の後遺症で骨盤が狭くなり毎日排便を手伝ってあげなくてはならない猫がいます。
立てないこと、排便排尿が上手く出来ないことは、生きていくうえで大きな障害になります。

手術が可能か、何ができるのか、25日、横浜市の高度医療の動物病院を受診しました。4カ所の複雑骨折で大手術になるため手術は時間的にも一度では無理かもしれないそうです。その前に、事故で大きな打撃を受けていると思われ、尿管の損傷や内臓の異常がないかを確認するため入院しました。そして、手術可能との連絡をいただきました。29日(日)に手術を受けることが決まりました。

TNR日本動物福祉病院は、センターに収容された負傷猫や飼い主のいない猫も、怪我や病気を治してあげたいと多くの命に向き合い、できる限りのことをしておりますが、高度医療の設備や技術が必要となった場合には、私個人の給料を充てるしかありません。私の力不足で、大変申し訳ございませんが、サチの手術費用(見積もりでは、60万円)に、少しでも皆様のカンパをお願いできませんでしょうか。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

♥郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
♥横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に(サチ)、銀行振込の場合、お名前の前に(サチ)とご記入下さい。


sa1_2017012803201147e.jpg
sa3s_20170207165732d83.jpg s_20170207165920dea.jpg

                   サチを、応援してください。



スポンサーサイト