シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 拡散!!本日、熊本っ子里親会 ☆【報告記事】 6月1日の熊本センター(弘済会が運営)
2017年02月26日 (日) | 編集 |
【トップ固定】

  1kanban1_20160719013152964.jpg
 獣医師・動物看護師求人(正社員・アルバイト週1日~)



※ボランティア連携福島被災動物救済活動次回3月3日(土)・4日(日)予定
          


    logo41_20160830164605fe6.gif
☆ボランティアさん常時募集(熊本県動物管理センターより多数の引取りで、保護室は満杯です。ボランティアに来ていただけませんか。)週一回、半日程度のお時間、保護猫のお世話がメインです。長期3カ月以上でお願いできましたら助かります。保護猫お世話ボランティアさん、家猫修業ボランティアさん、看取り犬猫ボランティアさん、ご検討ください。
お気軽に、お問い合わせください。       メールフォーム

  banner_02.gif   にほんブログ村 猫ブログへ   d_01.gif
ランキングに参加しています。1日1回、三つのポチッで応援ヨロシクネ!!



             本日、熊本っ子 里親会
          
 3948.jpg

☆子猫/被災猫/センター引出し猫の里親会

現在、熊本県動物管理センターにて殺処分寸前の猫たちを多数レスキューし、里親様を募集しております。どうか、温かいお家に迎えてあげて下さい。拡散等のご協力もお願いいたします。

2月26日(日) 雨天決行
14:00~18:00
川崎市川崎区大島4-23-13
TNR日本動物福祉病院内

1kanban1_201511110202174f8.jpg

💛室内で、遊んだり抱っこしたりして決められます。
gou.png



☆昨日は、一日、埼玉へ

ねこかつさんが、熊本の猫たちを、「島忠所沢店」で開催されます里親会に、参加させてくださいました。
6匹の熊本っ子が参加、三毛猫のマカロンちゃんに里親のお申し出を頂き、これからお話をすすめますとご報告いただきました。
前回、保護猫カフェに受け入れてくださった熊本っ子たちも全頭里親を決めてくださり、今回決まらなかった5匹も、受け入れてくださいます。保護猫カフェねこかつさんにまもなくデビューすると思いますので、会いに行ってあげてくださいね。

私は、またたびさんの「所沢さくらねこ診療所」で、TNR日本動物福祉病院の獣医2名と一緒に不妊手術のお手伝いをさせていただきました。ほぼ、毎週土曜日、診療所で不妊手術キャンペーンを行っているまたたびさん、遠くから来ていらっしゃる方も多いようです。皆様もご利用ください。ボランティアさんとも、楽しくお話しさせていただきました。ボランティアさんも募集されてますよ。


おい



★熊本竜之介動物病院様 無料不妊手術キャンペーン中  
 28日まで 

この機会をご利用ください
TNR日本動物福祉病院の獣医も四日間ボランティア参加しています。
        
   
竜之介動物病院様

https://www.facebook.com/RyunosukeAnimalHospital/?pnref=story

TNR
トラップ(T)ニューター (N) リターン(R)


ku.png





☆拡散!!【報告記事】
6月1日の熊本センター(弘済会が運営)


熊本県動物管理センターで殺処分停止期間中にもかかわらず、密かに7月7日の早朝に行われた14匹の猫の殺処分。
獣医師の手技は、安楽死ではなく苦しませて死なせる方法でした。

14匹がどんな猫達だったのか、どういう理由で殺されたのか、当会は熊本県に対して1匹ずつの説明を求めています。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-5914.html


その一か月前の2016年6月1日の熊本県動物管理センターの内部を映した貴重な画像があります。(事実ですが、閲覧注意です。)


県は、震災から二月目になっても、体制を整えることをせず、震災で苦しむ動物の収容が増え続けているにもかかわらず、ひとつのボランティア団体以外、他のボランティアの申入れを受け入れませんでした。ひとつの団体が、センターの地獄の中にいる命を救い出すために、関東から来た団体を紹介の形で施設内に入れた。その団体が、県から写真をインターネットに流すことを禁止されたが、あまりの状況に、写真を撮り外部に引き取りの救いを求めようとしたのがこの記事。県は、ことあるごとに命を救うための動物の写真を掲載することを口止めしている。もちろん県のHPにも開示しない。なぜなら、殺処分してしまえば済むことだから。死んでしまったといえば済むことだから。誰にも知られず死ぬしかない地獄。

この時、それぞれの、ボランティアさんたちに、苦しい心の葛藤があった。改善の要望を何度しても変わらない行政。命を救うならとことん戦うしかない(何年も時間をかければ変わってはいくがその間に犠牲になる命をそれで良しとは言えない)。
24年、熊本県約7000頭の殺処分を、今から約6年後は、3800頭の殺処分に減らす目標。この半減という言葉に納得してはいけない。6年×3800頭の殺処分ではない。毎年500頭位づつだんだん減らしていっても、実際には、25000頭~30000頭も殺処分されることになるのです。

戦うのか、我慢するのか、この時、立ち入り禁止になったらこの状態から一匹の命も救い出せなくなる。
苦しい心の葛藤の末は我慢。現場のボランティアさんの判断を尊重し、遠方のボランティアは引き取りで、それを支えようとなった。
立ち入り禁止になったら一匹の命も救い出せないという、ボランティアの弱みに付け込んだ熊本県のやり方にずっと耐えて、今まで、とにかくセンターの中から外へとレスキューし続けた。

熊本県動物管理センターが、ボランティアの知らないところで殺していた猫と、人の手も入れず治療もされないまま死んでいった猫たち以外は、県が、命の選別をし譲渡の道を閉ざされなかった猫たちは、全て譲渡されて、殺処分ゼロです。
譲渡ボランティアを受け入れ、生かそうとすればすべて生かせることが実証されても、殺処分を再開し、今後約6年、25000頭~30000頭を殺処分するであろう熊本県。
覚悟を決めて、改善せねばならないときです。





CAPIN様ブログより、転載
http://ameblo.jp/capin-blog/entry-12250731520.html
活動報告

無声慟哭 全国のセンターや保健所で死を待つだけの乳飲み子ら
2016-06-09 11:45:48
テーマ:熊本地震 被災ペット支援

2016年6月1日の熊本県動物管理センター(弘済会が運営)【報告記事再掲】
http://ameblo.jp/capin-blog/entry-12250731520.html

熊本県動物管理センター。
6月の1日の朝。
o0800142213668188651.jpg



11時に入ると、まだお世話はこれからでした。
人手が足りません。
亡くなっていた仔猫もいました。

o0800142213668189276.jpg


o0800045013668190642.jpg


o0800142213668190997.jpg


o0800142213668191388.jpg


o0800142213668191761.jpg


o0800142213668194687.jpg


ガリガリで、冷たくて、自力ではあまり食べられない仔猫たち。
目薬も必要だがない、早く眼球につけないと眼が開かなり一生眼が見えなくなる、
たまたま持っていた薬をさす、

仔猫フードはなく、哺乳瓶もなく、
おやつにしかならないヤギのミルクしかない。
それを1本のシリンジで与える。

飼育環境が別なら、本来なら混ぜてはいけない、感染症が拡がるから、でもすでにみなひどい風邪で、低体温。
待ったがきかない、
昼抜きでとにかくミルクやり、
お湯も沸かせない、
お湯をいちいちもらい、ミルク作る、
だから湯煎の余裕がない、

暖め、とにかく、暖め。
なぜこんなに痩せて、下痢をしているのか、
みな、
冷たい。

o0800142213668195382.jpg



助かってと祈りました。
o0800142213668196429.jpg






o0800045013668196719.jpg

この3匹のことが頭を離れず、私はPTSDとなっています。

ケージの奥に、頭から濡れそぼって、3匹が重なりあっていました。

温まろうとしたのでしょうが、私が3匹を触ったら、石のような冷たさでした。

その冷たさ。すでに2ヶ月に近い、大きめの仔猫がなぜ、衰弱しなければならなかったか。

ペットボトル二本にお湯をもらい、挟んで温め、次々にドライヤーをかけてもらいました。

フィリアの犬ボラさんたちも手伝って下さいました、助かりました。

3匹は、おしっこで濡れたレベルではなく、頭から水をかけ、滴ったまま、前の日に放置された、そうした濡れ方でした。

仔猫たちは、水道水で洗われたことが、あとで調べて分かりました。

ドライヤーでなく、タオルで拭いたらしいですが、3匹の仔猫はおそらくタオルもあてられずにそのまま置かれたのでしょう。

仔猫は、洗ったら弱る。
体力がつくまで洗わない。汚くても死なない。
洗うときはお湯で。
そして、しっかり、乾かす。
でないと元気な猫さえ死んでしまう。
猫ボラの常識です。

が、出入りのボラさんが、目の前で、仔猫を水道水で洗いました。

目を疑いました。
その猫は弱り、宮崎の病院で点滴を受けましたが、翌日、亡くなりました。

o0800142213668197291.jpg



o0800142213668197571.jpg




片眼が腫れ上がった仔猫
o0800142213668198326_20170226102241135.jpg



生きてほしい、の一心です。
o0800142213668200262_2017022610224456f.jpg


三毛はこのあと亡くなりました。
o0800142213668199399_201702261022428c4.jpg






ミルク、哺乳瓶、
仔猫パウチ、
お湯を沸かせるよう電気ポットと
暖めのホカロン、
タオルを買い込み、夕方もまたセンターに行きました。
o0800142213668200818_201702261029191e1.jpg


o0800142213668201090_2017022610292175a.jpg


o0800142213668201435_20170226102922621.jpg


o0800142213668201838_2017022610292494e.jpg


o0800045013668202286_20170226102925bd0.jpg


o0800142213668203595_20170226103441c09.jpg


o0800142213668203937.jpg


o0800142213668204195.jpg


o0800045013668204844.jpg


ホカロンをセット、

お湯で目のまわりを拭きます。
o0800142213668205643.jpg



o0800142213668206038.jpg



温かなミルク、パウチ。
ふやかしカリカリ。
o0800045013668206812.jpg


o0800045013668207355.jpg
夜を無事に、と祈りました。


ここは、震災後は処分をしていないのだから、受け入れる限りは生かすための人手と物資を集めねばならないのに、これでは虐待施設です。

悪徳ブリーダーと変わりません。

生かすための施設にするには、環境省も獣医師会も、議員も、もっと努力をしなければならない、

目の前で、亡くなった茶白、きじしろ、
あの3匹の冷たい重みを忘れることができません。

私には口がありますので、亡くなった猫の代わりに言わせてもらいます。

あきらめてよい命はありません。

500g以下の子猫は譲渡対象からはずすとの話ですが、

小さな子猫も生きようと必死で、ほ乳瓶の乳首を強く吸う力はあります。

犬猫をわざわざ集めて殺す、これは、許されることでしょうか?

こんなことを現代人が続けていて、いったいよいのでしょうか?


殺処分に法的な根拠はない、と私の周囲の弁護士たちは言います。

行政の施設は虐待施設です。

アウシュビッツが日本にある。


私は、熊本県動物管理センターの成猫w譲渡の対象にしようと、

都内のボラさんに送るために、写真を撮ろうとしました。

すると、smsに流すのはやめてくれ、と写真撮影を拒まれました。

県が許可しないから、と。

まずいことは隠そうとなさいますが、これは税金でやっていることです。



市民に隠すのは「隠蔽」で、北朝鮮と変わりません。


調べたら、センターに来る前にしばらく置かれる保健所でも、仔猫はミルクはもらっていなかったようですし、震災の前にも、管理センターでガスが入るのは週に一度、仔猫たちは五日くらいは餌もなく放置されているのです。


もっと市民がそれを知らされていれば、違っているだろうと思います。

熊本の熱くてあたたかい人たちが黙っていないと思います。


市は殺処分をゼロにしたのですから。


子猫たちは、ガスの前に、そのまま置かれ、餓死や衰弱死で命を落とすことが多いはず、
そして、たまたま、震災があったから熊本で露になっただけで、全国のセンターや保健所で、乳飲み子を待ち受ける運命はこれなのでしょう。

どうせ死ぬのだから、でなく、せめて生きているあいだは、の発想で、温かなミルク、温かな寝床を。

そして、「どうせ死ぬのだから」のあきらめに慣らされている私こそが、どこか狂っているのでしょう。

「1匹でも殺したらいけない、子猫だってあんなに生きようと鳴いている、これを全頭を生かさないなんてありえない」となぜ、言い切ることができないのでしょうか?限りある時間とお金と空間を、すべて捧げても、あふれてくる子猫たちを、どうしたらいいか、途方に暮れているからです。ひとりでも多くを巻き込み、預かりさんを増やし、そして、ペットショップで売らせない、こんなに溢れて殺されていくのですから。


by おかめ
***************

このあと、七夕の日に処分された猫たちのなかに、私が6月にここで見かけて連れ出せなかった猫も含まれているでしょう。飛行機で連れ帰ったのはくまもん(猫)と犬くまもん(現なずな)、子猫28匹を宮崎の団体さんに運び飛行機に乗せるのに精一杯でした。
あとはにゃわんさんから飛行機で送られた黒白子猫たちを、マリアさんや川崎のアニマルフレンドシップさんたちと引き受けて、おきくさんやはちこさんたちに預かって頂き、もう手一杯。



茨城でも同じ。数はずっと多いので、もっと過酷です。被災動物は殺さない、という県の方針すらなかった茨城です。鬼怒川決壊の水害は9月11日。発災のあと翌月には捕獲と処分が開始された。センター収容された常総の被災犬猫を、今もずっと引き出し続けているCAPINでは、頭数もあふれてしまっています。

遠く離れた茨城から、チームにゃわんさんを応援しております。
byおかめ



知事に、正しく理解していただかなくては、殺処分されてしまいます。
熊本県知事への直行便

https://www.pref.kumamoto.jp/chiji/entry/pub/AnsForm.aspx?c_id=6&entry_ins=1

熊本県知事室 秘書課
電話    096-333-2022
ファックス 096-385-2066
メール   hisyo@pref.kumamoto.lg.jp




★複雑骨折サチちゃんの経過
サチを心配して下さっている皆様、ありがとうございます。
サチの経過は、こちらにまとめ、記録してまいります。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-5884.html



犬猫救済の輪は、福島や熊本からの被災動物を救済しています。160頭の当会保護猫数はしばらく減らすことはできないでしょう。皆様には、多頭の猫たちの保護と維持に、今後ともどうぞ、お力添えをお願い申し上げます。

◆支援物資のお願い 川崎川崎現在不足品  一個からのご支援に御協力いただけましたら幸いです。川崎よりの福島行きの便は次回予定です。ドライフード まんぷく
・a/d缶・懐石・ペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・布製ガムテープ・白ガムテープ・養生テープ
・ペットチニック ・コメットまたたびボトル ・食欲のない猫用とろみ缶・スープ系レトルト
・スペシフィック( 腎臓の悪い猫用)・焼津のマグロ美味しい缶福島用・焼きカツオ 
・乾電池単一・乾電池単二・乾電池単三・爪とぎ詰め替え用・30Lポリ袋半透明(保​護猫160頭、トイレ​処理に用います)・ダブルトイレットペーパー(主にシェルター用)・塩素系ハイター・「トイレの猫砂」
・中古のみ(レース生地以外のカーテン・バスタオル)・焼酎(大五郎とか)の空きボトルがございましたら福島水の無い町での飲み水を運ぶのに使用・また野良猫さんの飲み水用
川崎 指定日なし12時から17時 
受入先〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援物資のお願い 福島
ドライフード まんぷく・乾電池単三 
福島 指定日なし午前着指定  
受入先 現在ゆうぱっくの受け取り不可、ご注意ください。クロネコさんか佐川さんで。
〒979-0604福島県双葉郡楢葉町北田上ノ原27‐1
   村尾智恵様方 犬猫救済の輪
090-4630-8861(福島の住民のご協力で受けて頂いておりますので電話はお控え下さい。)

アマゾンほしい物リストはこちら   

楽天ほしいものリスト フードはこちら

楽天ほしいものリスト 消耗品はこちら







犬猫救済の輪は、川崎市動物愛護センター・神奈川県動物保護センター・茨城県動物指導センターの登録譲渡団体です。現在、川崎市動物愛護センター・神奈川県動物保護センター・熊本県動物管理センターのいずれも収容されている子猫・負傷猫・災害被災猫を引き出しています。センター基金及び支援物資にご協力ください。



◆支援金のお願い 多頭の命の保護が続きます。御協力をお願い申し上げます。犬猫救済の輪では、被災地の保護活動をはじめ、動物センターに収容された犬猫の引取り等、沢山の動物の救済活動を行っています。現在保護数160頭、ご支援ご協力をお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。
支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 フクシマ支援 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 フクシマ ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご記入下さい。



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。

スポンサーサイト