FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 里親会報告
2008年01月28日 (月) | 編集 |
東京品川区での里親会で、早々に川崎市動物愛護センター引き出しの猫さん4匹に里親様が決まりました。ボランティアさんが保護した猫も良縁に恵まれました。
tyatora2hiki.jpg


kizi2hiki2.jpg


里親さんたちは寒い中熱心に私達の説明をきいてくださり、譲渡契約書を交わして下さいました。
キジトラ2ヶ月半の男の子と女の子はそれぞれ別のお家に貰われました。女の子が行ったご家庭は先住ワンちゃんが、男の子が行ったお家では先住猫ちゃんが待っています。数日は、お試し飼い期間ですが、きっと仲良くなってくれるでしょう。
明日29日は、茶トラ2匹兄弟一緒のお家にお届け致します。里親会場では1匹できめられたのですが、次の日の今日、電話でもう1匹の子も連れて来てくださいとおっしゃって下さいました。
本当に寒い寒い中での里親会、里親様、猫ちゃんたち、ボランティアさん、頑張ってくれてありがとう。小さな命、これからはぬくもりに包まれて幸せになりなさい。

川崎市動物愛護センターにも、里親様決定の報告ができます。
センターに持ち込まれた時からこの子達の明暗ははっきりと分かれます。
ホームページに掲載されなかった子達は、譲渡の対象になれなかった犬猫は誰にも知られず命を落とします。たった四日間でもホームページに載った子は、誰かに救われるチャンスが与えられます。
センターの皆様、この子たちがつかんだ幸せは、ホームページに掲載していただけたからなのです。
センターに入った動物の生死はセンターの皆様にかかっています。
更に、積極的な譲渡をすすめていただけますよう改めてお願い申し上げます。
この子達に生きる道を与えていただきありがとうございました。

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック