シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ☆動物愛護法違反により、 全国動物ネットワークで、熊本県動物管理センター長ほか実際に手を下した人たちを告発いたします。 全国動物ネットワーク様 ☆熊本猫、里親会ありがとうございました。 犬猫救済の輪 熊本猫引取り数と譲渡数実績
2017年02月28日 (火) | 編集 |
【トップ固定】

  1kanban1_20160719013152964.jpg
 獣医師・動物看護師求人(正社員・アルバイト週1日~)



    logo41_20160830164605fe6.gif
☆ボランティアさん常時募集(熊本県動物管理センターより多数の引取りで、保護室は満杯です。ボランティアに来ていただけませんか。)週一回、半日程度のお時間、保護猫のお世話がメインです。長期3カ月以上でお願いできましたら助かります。保護猫お世話ボランティアさん、家猫修業ボランティアさん、看取り犬猫ボランティアさん、ご検討ください。
お気軽に、お問い合わせください。       メールフォーム

  banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
ランキングに参加しています。1日1回、三つのポチッで応援ヨロシクネ!!


☆熊本猫、里親会ありがとうございました。
犬猫救済の輪 熊本猫引取り数と譲渡数実績


犬猫救済の輪で、熊本地震以降、2月28日現在までに、熊本から101匹の猫を引取り、83匹の猫を譲渡いたしました。
今年になってから22匹の譲渡が決まっています。
里親になってくださいました皆様、拡散などでご協力くださいました皆様、深く、感謝を申しあげます。

くまねこ



熊本県動物管理センターでの殺処分宣告から、現地ボランティアさんも、後方支援の私たちも、苦しい時間と戦っています。
センターの敷地に入り、フードの袋を破った猫を捕まえて殺してしまうようなセンターです。明るみに出た、県に報告なく殺処分されたとされる14匹の猫たちは、一度にいなくなったのでわかりましたが、週1程しか見ることのできなかったボランティアには、その間に、何匹殺処分されていてもわかりません。

動物愛護法に反する犯罪、ボランティアへの酷い扱いにも、言って出入りを禁止されれば、センターに入る沢山の猫たち1匹も救出できなくなる弱みを握られ、我慢し続け、ひたすら、センターに入ってくる猫たちを引き出してきました。
追い打ちをかける日にちを決めた殺処分宣告に、時間の迫る中、今年になってからは、寝る時間もない仕事も休まねばならない状況でのセンターからのレスキューの日々です。
とにかく、殺処分させないように3月2日にも、10匹の引き出し、その後も引き出しを予定しています。
里親のご協力、また拡散協力、宜しくお願い申し上げます。

熊本県動物管理センターの真実を伝え、抜本的な意識改革をさせなければ、センターの犠牲になる動物たちは後を絶ちません。
静かに要望し、我慢し続けたこの期間は、結局動物たちの命を犠牲にしました。
熊本県の動物愛護管理推進計画では、35年までに、年間殺処分数を3800頭に減らすという計画です。
被災動物で収容数が増大した今期でさえも、ボランティアの力を得れば90パーセント以上の譲渡を実現できることが実証されても、目標を殺処分ゼロに変えていません。
この数値目標では、35年までに、約30000頭もの必要のない殺処分が行われてしまいます。

物言えぬ犬猫たちの声を代弁し、小さな抵抗さえもできず殺処分される動物たちに代わり、改善されるまで覚悟を決めて戦わねばならない時です。

35年までに、約30000頭もの犬猫が、熊本県動物管理センターで殺処分されないように、みんなの声で、みんなの力で、熊本県動物行政を変えましょう。




熊本県動物管理センター引き取りの「阿蘇君」
FIP腹膜炎だけど、幸せに、もっと生きたいよ。
訴えたいことがいっぱいある。ボクの声を伝えてください。






☆拡散希望!!

動物愛護法違反により、
全国動物ネットワークで、熊本県動物管理センター長ほか実際に手を下した人たちを告発いたします。




全国動物ネットワークANIMAL NETWORK JAPAN
     https://animalnetwork.jimdo.com/




熊本県動物管理センターが、敷地内に入り支援物資フードの袋を食い破った『飼い主不明の猫』を捕獲器で捕まえて駆除していたことがわかりました。

28年6月熊本県動物管理センターの檻に、各保健所からの収容猫ではない違う特別な印が付けられた猫が入れられていた。

同センター職員Aに尋ねると
A「車庫に仮置きしている支援物資のフードを猫が食い破っていたので捕まえました。」と答えた。
別のスタッフが同じ質問を職員Bにしたところ、
B「車庫の物資を破くから捕獲器で捕まえた。」と答えた。

(7月中旬)に同センターを訪問した際、違う特別な印を付けられた猫がいなくなっていたので、職員Aへ尋ねると
A「殺処分しました。」と答えた。
何故?と問うと、「凶暴だから」と言葉を濁した。
翌日、職員Aに電話をして、猫を捕まえて殺すことは犯罪だと伝えるも、反応が乏しく理解していないように感じた。
センター長は知っているのか尋ねると、「報告した上で処分した。」と答えた。


被災猫が「支援物資フードの袋を破った」という理由で駆除された。
支援物資フードは、被災猫を助けてほしいと支援者が寄付されたものではないでしょうか。

震災で飼い主とはぐれたか、野良猫であったかわかりませんが、とてもおなかが空いていたのでしょう。
彷徨いたどり着いたのが、熊本県動物管理センターの自由に出入りできるガレージのような物資の仮置き場。

支援フードの美味しい匂いに我慢できず、爪を立てて袋を破ってしまった。
その子が食べようとしたのがそんなに悪いことですか?
支援者が被災猫のために送ったフードで、被災猫が殺されることになってしまった。
殺されなければならないほど罪なことをしたのですか?


殺すことはないでしょう。

この哀れな子のことが頭に焼き付いて離れません。
殺して片づける、動物管理センターの業務は「致死処分」だけだと思い込んでいる人たち。

熊本県は抜本的な意識改革が必要です。
これ以上殺させてはいけません。






知事に、正しく理解していただかなくては、殺処分されてしまいます。
熊本県知事への直行便
https://www.pref.kumamoto.jp/chiji/entry/pub/AnsForm.aspx?c_id=6&entry_ins=1

熊本県知事室 秘書課
電話    096-333-2022
ファックス 096-385-2066

メール   hisyo@pref.kumamoto.lg.jp





犬猫救済の輪は、福島や熊本からの被災動物を救済しています。160頭の当会保護猫数はしばらく減らすことはできないでしょう。皆様には、多頭の猫たちの保護と維持に、今後ともどうぞ、お力添えをお願い申し上げます。

◆支援物資のお願い 川崎川崎現在不足品  一個からのご支援に御協力いただけましたら幸いです。川崎よりの福島行きの便は次回予定です。ドライフード まんぷく
・a/d缶・懐石・ペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・布製ガムテープ・白ガムテープ・養生テープ
・ペットチニック ・コメットまたたびボトル ・食欲のない猫用とろみ缶・スープ系レトルト
・スペシフィック( 腎臓の悪い猫用)・焼津のマグロ美味しい缶福島用・焼きカツオ 
・乾電池単一・乾電池単二・乾電池単三・爪とぎ詰め替え用・30Lポリ袋半透明(保​護猫160頭、トイレ​処理に用います)・ダブルトイレットペーパー(主にシェルター用)・塩素系ハイター・「トイレの猫砂」
・中古のみ(レース生地以外のカーテン・バスタオル)・焼酎(大五郎とか)の空きボトルがございましたら福島水の無い町での飲み水を運ぶのに使用・また野良猫さんの飲み水用
川崎 指定日なし12時から17時 
受入先〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援物資のお願い 福島
ドライフード まんぷく・乾電池単三 
福島 指定日なし午前着指定  
受入先 現在ゆうぱっくの受け取り不可、ご注意ください。クロネコさんか佐川さんで。
〒979-0604福島県双葉郡楢葉町北田上ノ原27‐1
   村尾智恵様方 犬猫救済の輪
090-4630-8861(福島の住民のご協力で受けて頂いておりますので電話はお控え下さい。)

アマゾンほしい物リストはこちら   

楽天ほしいものリスト フードはこちら

楽天ほしいものリスト 消耗品はこちら







犬猫救済の輪は、川崎市動物愛護センター・神奈川県動物保護センター・茨城県動物指導センターの登録譲渡団体です。現在、川崎市動物愛護センター・神奈川県動物保護センター・熊本県動物管理センターのいずれも収容されている子猫・負傷猫・災害被災猫を引き出しています。センター基金及び支援物資にご協力ください。



◆支援金のお願い 多頭の命の保護が続きます。御協力をお願い申し上げます。犬猫救済の輪では、被災地の保護活動をはじめ、動物センターに収容された犬猫の引取り等、沢山の動物の救済活動を行っています。現在保護数160頭、ご支援ご協力をお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。
支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 フクシマ支援 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 フクシマ ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご記入下さい。



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。

スポンサーサイト