FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 知夫村有害鳥獣対策事業に対する知夫村の考え方
2008年02月03日 (日) | 編集 |
知夫村役場ホームページ トップページ右下より、
知夫村有害鳥獣対策事業に対する知夫村の考え方


影原村長のタヌキを殺す考えは変わらないようです。
表現に含みが感じられいつ再開するか、既に再開しているのではないかと国民を恐怖で振るわせるものです。

隠岐海士町からは知夫村を訪問し、直接村民の声を聞き被害の状況を確認し、二月にも具体的な被害防除柵設置のお手伝いができないか検討して下さっています。

日本熊森協会様も、現地視察のため伺いたいので被害の出ているところの案内を役場にお願いしたそうですが役場の協力は得られなかったそうです。そのため、当会のアンケートに詳細をお書き下さった知夫村住民の方と連絡をとるなどしてモデルとしての防護柵を設置する方向で進めて下さっています。遠方からの協力の為、実際にイノシシの防除柵を使っている所などの視察をされ準備を進めてくださっているそうです。

知夫村には、今までも多くの善意の意見や提案が寄せられているはずです。その善意のご提案を受け入れ、官民協力してなぜ被害の大きい所からでも早急に防護柵の設置に取りかからないのでしょうか。それにより被害を防ぎながら被害を減らしながら、殺さずに共生する方向に進んでいきます。一度にすべてできないことは、いままで行ってこなかった事に問題があり、いますぐ思い通りにしたいので殺すと言うのはあまりにも勝手すぎます。

また、農業維持は、お金とは違った意味で村にとって大切なものでしょうが、それに比較し動物の命はそれほど大切なものではないのでしょうか。タヌキを菜園や人家付近が危険であることを学習させる為に捕獲を続けかつ実際に固体を排除するすることは、大きな効果がありますとのべておられますが、タヌキの夫婦はどちらかが死ぬまで離れることはないそうです。自分の家族や仲間が捕獲され苦しみもがく姿を見せつけ家族の元に二度と戻さないことが学習させることでしょうか。熊にカラシのスプレーをかけて山に放すのとはまったく違います。
撲殺を続けてきたことにしろ、くくり罠を使い続けるとのことも、防護対策の効果を待たず今すぐなんとしても殺してでも思い通りにしようとする人間の残虐性が拭えません。

後日改めて、正論を持って反論したいと思います。

全国の皆様へ、
影原村長の考え方に対し、再び、知夫村へ皆様のご意見をお寄せくださいますようお願い申し上げます。

知夫村役場
〒684-0102島根県隠岐郡知夫村1065番地
村長室TEL 08514-8-2345
FAX 08514-8-2093
E-Mail ocean-dream@chibu.jp

影原正美 村長



simane^

tanukiuwebsyomei.gif
個人情報は、知夫村タヌキ駆除中止の嘆願書として知夫村にお届けする以外に使われることはありません。意見、要望、感想の欄のみ一部ネット上に公開させていただきますことをご了承下さい。
プリントアウト用pdfはこちら

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 

★『犬猫救済の輪』

里親会のお知らせ
次回2008年2月3日(日) ペットスマイル蒲田店にて#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
ハナ様、お礼を申し上げます。

皆様にもお知らせし意見を寄せて頂きましょう。
ハナ様のご意見を参考文例として掲載させていただきますこと、どうぞご了承下さいませ。
2008/02/06(水) 00:30:11 | URL | yui #-[ 編集]
はじめまして
知夫村の狸駆除に何とか再考していただけるよう、関係部署に嘆願しております。
先ほど、中国四国管区行政評価局ヘ以下の意見書を送りました。
中国四国管区行政評価局「行政相談受付」
島根を選択
https://www.soumu.go.jp/menu_03/hyoukakyoku/gyousei/gyousei-form.html

「隠岐島知夫村の狸駆除」について
はじめまして、○○在住の○○と申します。

先般、知夫村では鳥獣駆除として野生狸の捕獲、二酸化炭素ガス処分を決定しておりますが、ここへ生息する狸は村が観光の目玉にするため、エサをやり数を増やしてきた経緯があります。
農作物に被害がでたと言って、「人間の都合で利用された挙句、数が増えた理由で殺処分する行為」はあまりにも野生動物への冒涜です。

動物愛護団体がこの非情な行為に対し、自費の救済を申し出ておられます。
「犬猫救済の輪」さん
http://homepage2.nifty.com/inunekokyusainowa/

また、村に対して駆除の費用を農作物防護柵設置の提案を行っておられます。
しかし村長は殺処分用のガス設備の費用はあっても、今年度の防護柵設置の予算はないとしております。どうか村長ヘ、この保護団体さん達と協議していただけるようお願いできないでしょうか?

むやみに駆除していく事に根本解決はありません。
他の自治体も野生猿やイノシシをこのような理由から駆除しても数が減らないのは「周知の事実です」

去勢手術で数は確実に削減できます。
どうか多くの村民の方にこの「生き物との共生」の意義を知ってほしいと思います。
何卒、よろしくお願いいたします。

2008/02/03(日) 10:05:33 | URL | ハナ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック