FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 中国四国管区行政評価局「行政相談受付」
2008年02月06日 (水) | 編集 |
中国四国管区行政評価局「行政相談受付」

皆様の意見をお寄せ下さい。

島根を選択
https://www.soumu.go.jp/menu_03/hyoukakyoku/gyousei/gyousei-form.html

参考文例(H様ご意見参考にさせていただきました)

「隠岐島知夫村の狸駆除」について
はじめまして、○○在住の○○と申します。

先般、知夫村では鳥獣駆除として野生狸の捕獲、二酸化炭素ガス処分を決定しておりますが、ここへ生息する狸は村が観光の目玉にするため、エサをやり数を増やしてきた経緯があります。
農作物に被害がでたと言って、「人間の都合で利用された挙句、数が増えた理由で殺処分する行為」はあまりにも野生動物への冒涜です。

村長は殺処分用のガス設備の費用はあっても、今年度の防護柵設置の予算はないとしております。
動物愛護団体がこの非情な行為に対し、自費での農作物防護柵設置提供の救済を申し出ておられます。
どうか村長ヘ、この保護団体さん達と協議していただけるようお願いできないでしょうか?

むやみに駆除していく事に根本解決はありません。
他の自治体も野生猿やイノシシをこのような理由から駆除しても数が減らないのは「周知の事実です」

どうか多くの村民の方にこの「生き物との共生」の意義を知ってほしいと思います。
何卒、よろしくお願いいたします。



 知夫村役場
〒684-0102島根県隠岐郡知夫村1065番地
村長室TEL 08514-8-2345
知夫村役場 08514-8-2211
FAX 08514-8-2093
E-Mail ocean-dream@chibu.jp
影原正美 村長

島根県隠岐郡知夫村の地図


simane^

tanukiuwebsyomei.gif
個人情報は、知夫村タヌキ駆除中止の嘆願書として知夫村にお届けする以外に使われることはありません。意見、要望、感想の欄のみ一部ネット上に公開させていただきますことをご了承下さい。
プリントアウト用pdfはこちら

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 

★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック