FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 島根県教育委員会
2008年02月14日 (木) | 編集 |
島根県教育委員会御中 (FAX0852-22-5400)     平成20年2月14日

                              犬猫救済の輪 結 昭子
       
隠岐郡・知夫村における捕獲タヌキの扱いについて


前略、学校教育に関するご尽力に感謝申し上げます。

知夫村ではタヌキ駆除が行われており、全国から駆除中止を求める声が当会に多数寄せられたため、先週から今週にかけて同村を視察訪問いたしました。

同村の小中学校で、生徒たちから、「捕獲されたタヌキが学校敷地内に置かれ、餌も与えられずに放置され、生徒たちに見せていた」との情報を得ました。

即刻、校長先生や役場に問い合わせ、それが事実であったことを確認いたしました。色が変わったタヌキだったので子供達に見せたとのことでした。その後、そのタヌキは撲殺となったようです。

たとえ、駆除目的に捕獲されたタヌキであっても、撲殺処分を前にしたタヌキを、子供たちに見せるのは、なんとも、配慮のない行為ではないでしょうか。

命の大切さと命を慈しむことを教えるべき教育の現場で、このようなことが行われていたことは非常に残念です。

同村では 充分防除できる経済力がありながら柵修繕等の防除対策をとらないままタヌキの駆除を再開しております。

また、畜産業振興のため、牧草地を拡大する目的で、タヌキの食料である木の実のなる木を伐採し、人体への影響が懸念される農薬を散布しております。

野生動物の生態系を損ない、防除の工夫もせず、タヌキの命を奪い続ける行為は、子供たちの心身の成長に、懸念すべき影響があります。

どうか、この問題について、早急に善処していただきますよう、お願い申し上げます。あわせて、タヌキ駆除の即刻中止をご指導くださいますようお願いいたします。


当会では現在行われているタヌキの捕獲、殺処分を本日中にも中止し、捕獲してしまったタヌキは放獣するよう、村長様に申し入れを行っております。

知夫村の現状報告をお読みくださり、皆様からも、県や村へ 駆除の即刻中止の声をお届けくださるようお願い申し上げます。



 知夫村役場
〒684-0102島根県隠岐郡知夫村1065番地
村長室TEL 08514-8-2345
知夫村役場 08514-8-2211
FAX 08514-8-2093
E-Mail ocean-dream@chibu.jp
影原正美 村長

島根県隠岐郡知夫村の地図


島根県庁へご意見をお届けください。

1)知事への提言
teian@pref.shimane.lg.jp

2)島根県広聴広報課
 住所:〒690-8501島根県松江市殿町1番地
 電話:0852-22-5771
 FAX:0852-22-6025
 Eメール:kouhou@pref.shimane.lg.jp


3)島根県農林水産部鳥獣対策室、山下室長
島根県農林水産部森林整備課鳥獣対策室 〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
E-mail: shinrin@pref.shimane.lg.jp Tel: 0852-22-5160 Fax: 0852-22-6549

simane^

tanukiuwebsyomei.gif
個人情報は、知夫村タヌキ駆除中止の嘆願書として知夫村にお届けする以外に使われることはありません。意見、要望、感想の欄のみ一部ネット上に公開させていただきますことをご了承下さい。
プリントアウト用pdfはこちら

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 

★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック