FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 知夫村流、民主主義?
2008年02月20日 (水) | 編集 |
知夫村流、民主主義?

2月12日、知夫村役場にて影原村長と産業課矢田課長、平木係長と面談。
知夫村は7地区に別れ区長がいます。ひとりでもタヌキを駆除してくれという声があれば区長は役場に駆除の申請をしなけらばならないそうです。そして、村長が村民の声として決定するのだそうです。

そこで、横浜アニマルファミリー野中さん「それは、まずいでしょう。村民ひとりひとりの声を聞くべきでしょう。」
村長「私は、村民に選ばれた代表です。だから、私の意見が村民の意見です。議員は村民に選ばれた代表です。議員の言うことは村民の考えです。国会議員だってひとつの問題を国民ひとりひとりに聞かないでしょう。」

すごい理論ですね。ハー、それはまた随分飛躍した都合のよい解釈ですこと。
結 「村民は、被害はあるけれど殺してくれなんて言ったことはないと言ってましたよ。駆除してほしいというのは一部の方でしょう。」
村長「誰が言ったんだ。その人を呼んで来い。放送して、駆除に反対の人は役場に来るように言う。」
結 「こういう小さな島の中で、言えるわけがないでしょう。そういう偏ったやり方では駄目なんです。1日もかからず回れる島なのですから産業課の方が一軒一軒回ってアンケートをとったらどうですか。」
野中「本心で書ける様に無記名でもいいです。書いて封筒に入れて提出してもらってください。」

村の人達とも直接接している平木さんが理解を示してくださり、では各区長にお願いして実施しましょうと言ってくださり村長も了承して下さいました。アンケートの内容は
①タヌキの駆除は必要と思う。
②必要ないと思うのふたつだけでマルをつけてもらうやり方のようです。
本当は、③補助金で防除柵を設置してもらえるなら駆除の必要はない。というのを入れて欲しかったのですが、とりあえず今までよりはずっと民主主義に近付いたし、現状での村民の考えとして把握しておくのは必要なことです。

そして、来期、防護柵をできる限り設置した上で、もう一度同じアンケートをとることで村民の意識がどう変わったかはっきりわかるでしょう。防除の必要性、動物愛護意識の向上、知夫村行政本当に頑張って来期は進展の年にして頂きたいと思います。
また、まちがえてもらっては困りますので念のため島根県や知夫村に申し上げておきたいのは、仮に駆除を望む人がいたとしてもだから殺してもいいということにはならないと言うことです。
何が正しいのかをしっかり理解していて頂かなくては困ります。村民に間違いがあればそれを指導し正しく導いていくのが行政の役目です。

そこまで言わずとも、行政が村民ひとりひとりのために補助金等も有効に使い防除柵の設置も実現しタヌキの被害もなくなれば、タヌキを憎む気持もなくなり小さな命にも優しい気持になれるのではと思いますが。

同時に、とても大切なことは、防除柵で食べ物を失い、牛の放牧拡大で潅木の伐採により食べ物を失ったタヌキは間違いなく飢える事になります。生きる為に最低の食料を用意する事が必要です。子供達の教育の面からも命に優しい行政が行なえるか一層全国の皆様の監視の目が必要です。この数日、知夫村は大雪のため餌のとれない山からはタヌキが一斉に民家に下りてきて捕獲されているそうです。防除、伐採と平行して来年の冬までにタヌキに優しい対策をとらなければ今度は手を下さないまでも飢え死に追い込んでしまいます。

さて、駆除即刻中止を訴え続け役場との交渉に臨みましたが、簡単ではありません。その中でやっと引き出せた言葉が、「なんとか捕獲の期間を短縮しようと思っています。」という平木係長からの言葉でした。すかさず「具体的には、いつまでですか。」「2月20日頃までに終らせたいと。」「短縮はよいことです。が、もっとそれまでの期間さえも必要のない捕獲駆除です。補助金を貰っている為の事業報告のためとしか思えません。あと数日のタヌキ被害は、応急処置で網をとりつけるだけでも防げるものです。それをやらずして殺すことは納得できません。即刻中止してください。」
話し合いの最後まで即刻中止をお願いして参りましたが残念ながら駆除を続けています。
そして2月19日、平木係長に電話をし、詳しい状況の説明を受けました。

「捕獲駆除は20日までですか。」「20日、いや、21日迄になるかもしれません。」
「即刻中止してください。」

平木さん個人の対応には誠意を感じますが、私達は、知夫村に対しては正しい行政が行なわれるようこれからも厳しく対応いていかなくてはなりません。






 知夫村役場
〒684-0102島根県隠岐郡知夫村1065番地
村長室TEL 08514-8-2345
知夫村役場 08514-8-2211
FAX 08514-8-2093
E-Mail ocean-dream@chibu.jp
影原正美 村長

島根県隠岐郡知夫村の地図


島根県庁へご意見をお届けください。

1)知事への提言
teian@pref.shimane.lg.jp

2)島根県広聴広報課
 住所:〒690-8501島根県松江市殿町1番地
 電話:0852-22-5771
 FAX:0852-22-6025
 Eメール:kouhou@pref.shimane.lg.jp


3)島根県農林水産部鳥獣対策室、山下室長
島根県農林水産部森林整備課鳥獣対策室 〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
E-mail: shinrin@pref.shimane.lg.jp Tel: 0852-22-5160 Fax: 0852-22-6549

simane^

tanukiuwebsyomei.gif
個人情報は、知夫村タヌキ駆除中止の嘆願書として知夫村にお届けする以外に使われることはありません。意見、要望、感想の欄のみ一部ネット上に公開させていただきますことをご了承下さい。
プリントアウト用pdfはこちら

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 

★『犬猫救済の輪』


発表は、知夫村ホームページに掲載するとのことです。
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック