FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 新聞折込(知夫村の皆様へ)
2008年03月05日 (水) | 編集 |
知夫村の皆様へ              平成20年2月29日

           
        タヌキを助けてください


「犬猫救済の輪」代表 結 昭子と申します。
先日は、知夫村にお邪魔し、タヌキ駆除についての皆様のお考えと現状を、直接お伺いすることができました。その折は大変お世話になり、心より御礼申し上げます。

あらためて皆様にお願いがございます。
役場では、来期から、皆様のタヌキによる被害をなくすために、公費で柵を設置したり専門の先生の講習会を開いてくださるとのことで、私達も大変期待しております。

さらに、熊本県のNPO団体「エコシステム」では、必要があれば、団体が所有する熊本県の山にタヌキを引き取ると、正式に申し出ています。

いまやタヌキを殺さなくてはならない必要は全く無くなったわけです。

私たちは、これからも協力団体とともに、役場のタヌキ対策を注意深く見守って、協力してまいります。つきましては、役場のアンケートに「駆除賛成」と回答なさった方も、今からでも、公費で防除柵を設置できたり、タヌキを引き取ってくれるところがあるなら「タヌキを殺す必要はない。駆除反対」と役場に訂正のお申し入れをしていただきたくお願い申し上げます。
来期は、 多額の公費が有効に使われ、村民の皆様の被害を防止するしっかりした柵の設置が実現したなら、もう被害に悩まされることもなく安心した生活が守られるでしょう。

どうか、タヌキの命を皆様のお力でお守りくださいますよう、伏してお願い申し上げます。命ある物、人間の知恵で共生していけますことを願って止みません。

ご質問、お問い合わせは、以下にご連絡下さいませ。
また、どうぞ皆様、知夫村の近況、いつでもお知らせ頂けましたら幸いに存じます。

                          犬猫救済の輪  代表 結 昭子



【中川こうじ写真展in横浜 のお知らせ】   【野良にゃん写真集】


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 


★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック