シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ☆茨城県議会議員井手先生ブログより(転載です)犬猫の処分数、前年比7割減に/予算特別委員会の質疑より
2018年03月25日 (日) | 編集 |
 【トップ固定】
          1kanban1_20160719013152964.jpg
 獣医師・動物看護師求人(正社員・アルバイト・パート週1日~)

■獣医師正社員・・・初心者月給30万円・経験者30歳平均月給40万円 ・責任者月給50万円・年棒675万円
■獣医師アルバイト日給20000円 ・パート時給2500円 ■動物看護師月給22万円     
お問い合せ 担当深澤 メールフォーム


福島次回立ち入りは4月になりますが、現在福島在庫切れ物資は、・単三アルカリ乾電池
(センサーカメラでの残る猫たちの確認がとても重要になっているため沢山使います)・ポリ袋(30L 45L 90L) 川崎は、茨城県動物指導センターよりの乳飲み子受け入れ開始です大量のワンラックキャットミルク・森永サンワールド哺乳瓶・ロイヤルカナンベビーキャット・箱ティッシュ・ダブルトイレットペーパー・ペットシーツ(ダブル・レギュラー)等が必要になっております。これからも、どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

子猫出産ピークになります。川崎に来ての保護猫のお世話、またご自宅に預かってのミルクボランティアさん大募集!!



logo41_201704190020121d7.gif


保護猫のお世話がメインです。週1回程度7時から24時までの間の1日4時間位、沢山の保護猫たちのお世話に、手を貸していただけませんか。保護猫お世話ボランティアさん、家猫修業ボランティアさん、看取りボランティアさん、ご検討ください。
100匹以上の保護猫たちが、人のぬくもり、愛情を求めています。今年もまもなく春、沢山の子猫たちが生まれてくるでしょう。
 私たちと一緒に、できる時間で猫のボランティアをしてみませんか。関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

                ボランティア お問合せ   メールフォーム


 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
ランキングに参加しています。1日1回、三つのポチッで応援ヨロシクネ!!


☆里親会ありがとう
茨城県動物指導センター収容猫の殺処分をなくすため多頭の猫の引き出しを行っています。
茨城県動物指導センターより引取り クーペ君 オペラちゃん 一緒に里親様決まりました。ありがとうございます。
201803241032557b2_20180325164844adc.png



☆茨城県議会議員井手先生ブログより(転載です)

2018年03月22日00:15
犬猫の処分数、前年比7割減に/予算特別委員会の質疑より

http://blog.hitachi-net.jp/archives/51680035.html

県議会情報  動物愛護

03e20452-s.jpg


多頭飼養崩壊
 3月19日、井手よしひろ県議は予算特別委員会での質問に立ちました。1.いばらき農産物の輸出促進について、2.県収入証紙の見直しについて、3.中学校の部活動の在り方につい、4.動物愛護の推進について、5.原子力安全協定の範囲拡大について、6.消防団活動について、など6項目にわたって、大井川知事、教育長、担当部長に質問しました。
 このブログでは、「動物愛護の推進」に関連した、保健福祉部長とのやり取り(概要)を掲載します。なお、質問原稿やインターネット中継よりの文字起こしのため、正式な議事録とは異なりますので、ご了解いただきたいと思います。

【井手よしひろ県議質問:殺処分ゼロへの取り組みの進捗状況】
 動物愛護の推進について、保健福祉部長に伺います。
 茨城県の犬の処分数は、現在のような統計を取り始めてから、1990年度の1万8611頭をピークに減少傾向にありますが、2005~12年度まで連続で全国ワーストを記録しました。2013年度に全国最悪を脱却した後、2015年度までワースト2位が続いてきました。2016年度は前年度から52.2%の大幅減少となり、ワースト3位となりました。
 一昨年12月に制定した「茨城県犬猫殺処分ゼロを目指す条例」のもとに、県では執行部と県議会が一体となり、殺処分ゼロに向けて全力を上げています。平成29年度当初予算案には、犬猫殺処分ゼロを目指すプロジェクト事業費として3420万円が計上されていました。県議会では、殺処分頭数をゼロに近づけるためには、動物指導センターに収容された犬猫を譲渡する際に、不妊去勢手術を施し、犬猫の譲り渡しをより一層進め、犬猫の命を1頭でも多く救うことが大事と判断しました。そのためには、県が不妊去勢手術を積極的に行う体制を整えると共に、不妊去勢手術の重要性を啓発することが重要であり、その予算として3000万円を増額修正しました。
 執行部が提案した当初予算と共に、6420万円の予算が確保され、茨城県の本気度を内外に示す結果となりました。
 さて、こうした積極的な動物愛護の施策展開の結果、平成29年度の事業の進捗状況、ならびに殺処分の見込みはどのようになるでしょうか?

c0c270aa-s.png
犬猫の処分頭数

【保健福祉部長の答弁】
 平成29年度の事業の進捗でございます。
 犬猫殺処分ゼロを目指すためには、県民の動物愛護意識の向上が不可欠でございます。県民意識の醸成を図るため、啓発事業を強化するとともに、犬猫殺処分頭数の減少に資する取組みを行う15団体に対して支援を行っております。
 さらに、動物指導センターから団体等へ譲渡した犬や猫のうち、846頭に飼育管理費の一部を補助するとともに、約450頭に不妊去勢手術の支援を行っているところです。
 関係団体などの御協力と、こうした新たな取組みにより、今年度末の犬猫殺処分頭数は、前年度と比較して犬で約50%減の330頭程度、猫で約80%減の370頭程度となり、合計約70%減の700頭程度と大幅に減少する見込みです。

84399a1f-s.jpg
長野県動物愛護センター・ハローアニマル

【井手県議質問:動物愛護の拠点施設整備】
 さて、先の一般質問では、動物愛護の拠点整備について取り上げられました。
 平成32年4月に中核市に移行する準備を進めている水戸市では、「水戸市動物愛護センター」の整備計画をまとめ、来年度の予算措置も議会に諮っていると伺っています。
 県の愛護センターは、水戸市のセンターと連携が不可欠ですので、現在検討されている水戸センターの概要についてご説明ください。また、この施設は、県との協力関係はどのようになっているのでしょうか。ご答弁ください。

【保健福祉部長の答弁】
 水戸市の動物愛護センターにつきましては、平成30年1月、(仮称)水戸市動物愛護センター基本構想が示されたところと理解しています。基本構想によりますと、当該センターは動物愛護の普及啓発、動物の保護収容などを担うこととされ、市内既存施設の一部改修により、中核市の移行に合わせ、平成32年4月の開所を目指しているとのことでございます。
 県におきましては、すでに水戸市とは様々な情報交換を行っているところであり、現在のところ、水戸市のセンターの所管業務のうち犬猫の殺処分業務につきましては、県が受託する予定でございます。今後も引き続き、水戸市と密に情報交換し、どのような協力関係が構築できるのか検討してまいります。

【井手県議質問:拠点施設の立地場所】
 私は、これまで長野県、群馬県、栃木県、横浜市などの動物愛護センターを調査してきましたが、長野県のハローアニマルのような施設が理想的とは思います。栃木県や横浜市規模の施設でも、現状その役割を果たせると考えています。
 水戸市の施設との連携、棲み分けを考えると、県南地域、または鹿行地域への立地がふさわしいとも考えますが、今後どのような計画で整備を進めていくのか伺います。

【保健福祉部長の答弁】
 県では来年度、外部有識者等からなる「動物愛護管理施策のあり方検討委員会」を開催し、その中で、動物指導センターが抱える問題点や、他の自治体が設置した動物愛護センターなどの施設における課題を整理し、動物愛護の推進拠点となる施設のあり方も含めた施策の方向性について広く検討していくこととしております。
 御指摘の動物愛護の推進拠点の県内における地理的な条件につきましても、検討に際しましては、留意してまいりたいと考えます。

【井手県議質問:多頭飼養崩壊への対応】
 各地で多頭飼養崩壊による痛ましい事例が報道されています。県内でも、一人住まいの高齢の飼い主が急逝し、50頭を超える犬が放置される事例が発生しました。幸いにも、県の動物愛護推進員や地元ボランティア、県内外のNPOなどと県動物指導センターが連携して、餌の確保や居場所の整備、保護・譲渡の推進と、粛々と対応が進んでいます。
 高齢化や単身世帯の増大など、今後とも多頭飼養崩壊の事例は増えることが懸念されます。多頭飼養崩壊に対応する県の施策を伺います。

【保健福祉部長の答弁】
 本県では、条例により、飼い犬又は猫が10頭以上となった際には、犬又は猫の多頭飼養の旨届け出ることが義務づけられております。県におきましては、届出受理後、定期的な立ち入り等により、適正飼養や不妊去勢手術の励行等を指導しているところです。委員ご紹介の事案につきましては、届出がされていなかったことから、県による指導等が行われず,多頭飼養崩壊という事態を招いてしまったものと考えております。
 県といたしましては、まずは、多頭飼養の届出が適切に行われるよう、あらゆる機会を通じ周知徹底を図ってまいります。また、多頭飼養崩壊の未然防止のため、さらに、多頭飼養崩壊が起こってしまった場合、残された犬や猫を円滑に譲渡につなげるためにも、市町村や動物愛護団体等と密な連携・協力体制を構築し、情報収集に努めたいと考えております。

【井手県議要望:地域猫活動の充実】
 動物愛護の推進に関して、地域猫活動の推進について要望します。
 地域猫活動における、不妊去勢手術頭数を拡大することが重要だと考えます。不妊去勢費用の単価を引き下げても予定頭数を倍増させるくらいの取り組みを期待します。

井出先生から応援いたしましょう。
ブログhttp://blog.hitachi-net.jp/
ツイッター https://twitter.com/ibakengee
フェイスブックhttps://www.facebook.com/ide.yoshihiro
HP http://y-ide.com
メール master@y-ide.com


☆茨城県動物指導センター に 中古毛布のご寄付をお願い申し上げます。

お送りいただきました毛布も、沢山の収容犬のため使い切っております。
新しいものでなくリサイクルを。
送り先
309-1606茨城県笠間市日沢47
茨城県動物指導センター
電話番号:0296-72-1200



◆支援物資のお願い(現在保護猫数160匹)160匹の猫たちを保護しています。猫の缶詰、レトルト、トイレの紙砂等、ご支援いただけますと助かります。宜しくお願い申し上げます。
川崎不足品

・ペットシーツワイド・焼きカツオ・焼きささみ・ちゅーる各種・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用
固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・金のだし つるんジュレ・子猫用ワンラックキャットミルク・30Lポリ袋・「トイレの猫砂」・カルカン子猫用他子猫用ウエット種類問わず・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・キャラッとミックス・ロイヤルカナン FHN インドアセンター引出猫の健康管理に ・ちゅーる高齢猫用
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援物資のお願い 福島
※ボランティア連携福島被災動物救済活動次回3月18・19・20日予定
ドライフード種類問わず ・まんぷく ・キャネットチップ・キャネットミックス・単三アルカリ乾電池

福島 指定日なし午前着指定  
受入先 現在ゆうぱっくの受け取り不可、ご注意ください。クロネコさんか佐川さんで。
〒979-0604福島県双葉郡楢葉町北田上ノ原27‐1
   村尾智恵様方 犬猫救済の輪



アマゾンほしい物リストはこちら   




支援金のお願い 
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療火に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 フクシマ支援 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 フクシマ ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご記入下さい。




banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。




  
 

スポンサーサイト