FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ☆本日里親会 ☆熊本市動物愛護センター 犬猫を一時的に預かり、授乳などの世話をする「ミルクボランティア」を募集する。 20日同センターで説明会
2018年04月07日 (土) | 編集 |
【トップ固定】
          1kanban1_20160719013152964.jpg
 獣医師・動物看護師求人(正社員・アルバイト・パート週1日~)

■獣医師正社員・・・初心者月給30万円・経験者30歳平均月給40万円 ・責任者月給50万円・年棒675万円
■獣医師アルバイト日給20000円 ・パート時給2500円 ■動物看護師月給22万円     
お問い合せ 担当深澤 メールフォーム


◆福島支援物資のお願い 
※ボランティア連携福島被災動物救済活動次回4月13日~17日予定です。
フード、乾電池のご支援を宜しくお願い申し上げます。
川崎・福島共に受付ております。


・キャネットチップ・キャネットミックス・単三アルカリ乾電池



子猫出産ピークになります。川崎に来ての保護猫のお世話、またご自宅に預かってのミルクボランティアさん大募集!!
logo41_201704190020121d7.gif


保護猫のお世話がメインです。週1回程度7時から24時までの間の1日4時間位、沢山の保護猫たちのお世話に、手を貸していただけませんか。保護猫お世話ボランティアさん、家猫修業ボランティアさん、看取りボランティアさん、ご検討ください。
100匹以上の保護猫たちが、人のぬくもり、愛情を求めています。今年もまもなく春、沢山の子猫たちが生まれてくるでしょう。
 私たちと一緒に、できる時間で猫のボランティアをしてみませんか。関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

                ボランティア お問合せ   メールフォーム


 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
ランキングに参加しています。1日1回、三つのポチッで応援ヨロシクネ!!


☆犬猫救済の輪 犬と猫の里親会
茨城県動物指導センター収容猫の殺処分をなくすため多頭の猫の引き出しを行っています。
室内里親会では、抱っこしたり遊んだりして決められます。

①4月7日(土) 14:00~18:00 雨天決行 
②4月8日(日) 13:00~17:00 雨天決行

川崎市川崎区大島4-23-13
TNR日本動物福祉病院内


1kanban1_201511110202174f8.jpg
ペットのおうち
http://www.pet-home.jp/contribute_user_151327/
ロンリーペット
http://lonelypet.jp/team/detail/189/
★傷病猫たちにもしあわせを・・家族に迎えていただけませんか。詳細は こ ち ら
お問合せは、 メールフォーム 


☆チャオ君 里親募集中
交通事故後、大きな手術を乗り越えて元気いっぱい普通の生活ができます。手術後の経過等、詳細をお伝えさせていただきます。

チャオ君、ミニチュアダックス 2018年3月現在 生後8カ月 オス 3.5キロ
DSC0004.jpgDSC00037_20180403133344182.jpg
DSC00032.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ロック君 中型犬ミックス10キロ位 オス 5才 里親様募集
ワクチン 去勢手術 マイクロチップ済 室内飼い 十分なお散歩時間取れるご家族様へ
5年前、茨城から子犬で迎え譲渡したロック君ですが、飼い主様が亡くなり当会に戻りました。やさしい性格です。他のわんちゃんとも仲良くできます。宜しくお願い致します。
j

里親会に会いに来てください。



☆熊本市動物愛護センター
犬猫を一時的に預かり、授乳などの世話をする「ミルクボランティア」を募集する。
20日同センターで説明会



熊本日日新聞
幼い犬猫、ミルクボランティアを動物愛護センター 20日に説明会


2018/2/9 14:00
https://this.kiji.is/334559586412053601?c=92619697908483575

©株式会社熊本日日新聞社
gg_20180407140758e85.jpg
センターに保護され、職員からミルクをもらう子猫(市動物愛護センター提供)

 熊本市動物愛護センター(東区小山)は、生後間もなく保護された犬や猫を一時的に預かり、授乳などの世話をする「ミルクボランティア」を募集する。20日午後2時から、同センターで説明会を開く。

 センターでは春と秋の出産シーズンに、授乳期の犬猫を多数保護する。特に子猫は例年100匹あまりが保護される。数時間おきに授乳する必要があり、多くは職員が連れ帰って世話をするが、3年前から市民ボランティアを募っている。

 20歳以上で、終日世話ができる人が対象。生後5週までの数匹を預かり、ミルクを与えたり、排せつ補助などの世話をする。ミルクや必要な器具はセンターが準備。生後1月半をめどに返還する。

 「ボランティアに愛情を持って育てられた猫は穏やかで、譲渡につながることが多い」と村上睦子所長。希望者は説明会への参加が必要(要事前申し込み)。同センターTEL096(380)2153。(西國祥太)

(2018年2月9日付 熊本日日新聞朝刊掲載)




☆拡散希望!!大切ないのちを緊急保護できる『ドッグラン付きコンテナハウス』を。あなたのお力で。 NPO法人CAPIN様より

犬たちを、殺させない!安全な家と走り回る自由を【コンテナハウスとドッグラン】
行政による殺処分や虐待から大切ないのちを緊急保護できる『ドッグラン付きコンテナハウス』を。あなたのお力で。

https://camp-fire.jp/projects/view/65997

寄付型クラウドファンディング
755e7a59-2dc7-4fc8-b8c3-b0ebb503b3d2.jpg

活動

5abfe4b4-c418-45f8-936b-6a930ab91ef9.png

センター引き出しビビリ犬にコンテナハウス(大)右手を使用
2018/04/01 04:42

ただ今挑戦中のクラウドファンディングで目指す、コンテナハウスとドッグラン。皆さまのご支援により、少しずつ形になりつつあります。心より感謝申し上げます。

私たちの保護活動を支えているのは、やはり保護場所の確保=コンテナハウス。

早めに建てておいて良かった!と思える状況が重なっています。つまりこのところ立て続けに保護が続いているのです。

先に建てたコンテナハウス(大)の右手を使っているのは、茨城県動物指導センターから引き出した、常総市のエルサ小春とアナ日菜です。

常総市の殺処分ゼロは、2015年9月の鬼怒川水害から始めて、これまで継続。センターから引き出してきました。

小春ちゃんはかなりの怖がりさんで、毛布にもぐって動きません。

ボランティアさんの頑張りも負けておらず、ときにはそっとしておき、ときには可愛がる。

あるいは、怖がって歩かない小春ちゃんをベビーカーにのせて、外を歩くボランティアさんたち。


だから今では手からおやつも食べるし、たくさん歩くようになりました。

でも、歩くときに、人が前に出ると、

あれーお代官さまー

と、ひっくり返って、ヘソ天になります。

だからボランティアさんは、小春ちゃんの後ろからそっと歩くようにし、怖がらせないよう、犬のリズムに合わせ、慣らしています。人の愛情で、怖がりビビリも変わります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

犬およびねこの引き取り並びに負傷動物等の収容に関する措置について、という平成18年環境省告示があります。

その3保管返還譲渡し
2には、殺処分がなくなることを目指して所有者の発見に努めるとあります。

所有者探しは、当たり前のことです。

また、その3には、適性を評価し、あると認められるものについては譲渡、とあります。

でもその適性評価の基準はなかなか明らかにされていませんし、だいたいはセンター長とか譲渡担当が話し合ってどの犬猫をいつ処分するかを決めており、大型犬、噛んでしまう犬、怯えが強い犬は、処分に回されます。

センターに入れられて、怯えのない犬がいるものでしょうか。たくさんの犬が集められ、処分も行われるあの場所で。

譲渡適性がないとの理由で、殺処分を正当化している、この環境省の告示を、何とかしなくてはならないと思っています。

狂犬病予防法5条の2。
つまり、不用犬の買い上げ。
不要犬持参者に対して報奨金を出していたのです。犬を連れてきた人から50円で買い取り、処分していたのです。

引き取った犬は、殺すか、払い下げだが、払い下げの契約書には、実験動物に限って払い下げ、実験が終われば、必ず殺すことを約束させていました。

この5条の2は、昭和29年から48年まで存在していますが、統計上、厚労省にも記録はありません。犬の抑留に潜り込んでいたのです。

5条の2は、動管法ができたときに削除されています。

でも、地方自治体が、飼い主不明の犬をつかまえて殺す、という構図は、そのまま今にも引き継がれています。
根本は変わってこなかったのです。
だから、今でも、ほとんどの自治体では、収容された動物の情報を公開したり、里親譲渡したり、預かり様を探したり、生かすために予算をつけたりは、基本的にタブーなのです。

県は情報をなかなか出しません。

何匹の犬猫がいるか、今日は新たに何匹入ってきたか、何匹殺処分するのか。

聞かないでほしい、勘弁してくださいと言われました。私たちは税金払っているからなぜ聞いて教えてもらえないのか、知らされないのかと問いました。

猫の数だけでも、特定の団体には知らせている事実があります。一部の団体だけでなく、県内のNPOにもそれを公開してほしいと言っても、そんな事実はないと、言われました。明らかに県外の団体さんがデータを受け取っている事実はあるのです。もう、さんざん嘘をつかれ、疲れ果てています。追及したら、やはりエクセルでデータを作っていました。

それに犬の数も加えて、公開して欲しいと要望しましたら、まだ態勢が整っていない、と言われ、結局は秘密にされています。

毎日、電話で問い合わせたら教えますと言われました。

こちらも多忙、毎日は電話できません。電話をした日には記録をつけています。こうして県が出したがらない情報を、県民が必死に問い合わせているこの状況なのです。

5条の2は、姿を変えて、環境省の告示の譲渡適性にまだ生きています。不要犬を集めて殺す、狂犬病予防法、遺失物法違反、憲法違反の精神が。


私たちは、たまたま、水戸の歴史館で、過去の県報など調べていて、見つけた資料からこの削除された狂犬病予防法の5条の2の存在を知りました。


平成18年の告示に現れた、譲渡適性の評価。

唸っても、とびついても、後ずさりしても、譲渡適性がないとみなされ、処分されていく。

誰が、何の基準で決めるのか、
いつのタイミングで?

ビビリのマルモ、ビビリの野犬、ビビリのエルサ小春。噛む犬だ、怖がりだと言われて、普通の犬だったこともよくあります。

これを処分に回すということがまかり通っています。

譲渡適性の考え方を、どうにかしないとなりません。

と、私たちも必死に日々悩みつつ活動しております。

が、活動するには、収容場所がなくてはどうにもなりません。コンテナハウスがあって良かったです。確実にそのスペース分、助けられます。皆様には心より感謝申し上げます。


◆犬猫救済の輪支援物資のお願い(現在保護猫数160匹)160匹の猫たちを保護しています。猫の缶詰、レトルト、トイレの紙砂等、ご支援いただけますと助かります。宜しくお願い申し上げます。
川崎不足品

・単三乾電池・単4乾電池・ペットシーツワイド・焼きカツオ・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用
固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・カロリーエース・金のだし つるんジュレ・子猫用ワンラックキャットミルク・30Lポリ袋・「トイレの猫砂」・カルカン子猫用他子猫用ウエット種類問わず・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・キャラッとミックス・ロイヤルカナン FHN インドアセンター引出猫の健康管理に ・ちゅーる高齢猫用・ポリ袋(30L 45L 90L)  ・消耗品 洗濯用粉石鹸 食器用液体洗剤 ダブルトイレットペーパー 箱ティッシュ 使わない黒ボールペン等
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援物資のお願い 福島
※ボランティア連携福島被災動物救済活動次回4月13日~17日予定
・キャネットチップ・キャネットミックス・単三アルカリ乾電池
福島 指定日なし午前着指定  
受入先 現在ゆうぱっくの受け取り不可、ご注意ください。クロネコさんか佐川さんで。
〒979-0604福島県双葉郡楢葉町北田上ノ原27‐1
   村尾智恵様方 犬猫救済の輪



アマゾンほしい物リストはこちら   




支援金のお願い 
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療火に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 フクシマ支援 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 フクシマ ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご記入下さい。




banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。




  

スポンサーサイト