シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ☆難病の高齢犬を引き取る 自然体の愛情に包まれ、奇跡の回復 茨城県動物指導センターからの引き取られた難病の高齢犬が幸せに暮らしています ☆こねこ保育園
2018年06月05日 (火) | 編集 |

【トップ固定】
          1kanban1_20160719013152964.jpg
 獣医師・動物看護師求人(正社員・アルバイト・パート週1日~)

■獣医師正社員・・・初心者月給30万円・経験者30歳平均月給40万円 ・責任者月給50万円・年棒675万円
■獣医師アルバイト日給20000円 ・パート時給2500円 ■動物看護師月給22万円     
お問い合せ 担当深澤 メールフォーム


※ボランティアさん 大募集!!

保護猫のお世話がメインです。週1回程度7時から24時までの間の1日4時間位、沢山の保護猫たちのお世話に、手を貸していただけませんか。100匹以上の保護猫たちが、人のぬくもり、愛情を求めています。私たちと一緒に、できる時間で猫のボランティアをしてみませんか。関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

  ボランティア お問合せ   メールフォーム


 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
ランキングに参加しています。1日1回、三つのポチッで応援ヨロシクネ!!


☆子猫/センター引出し猫の里親会
茨城県動物指導センター収容猫の殺処分をなくすため多頭の子猫の引き出しを行っています。
室内里親会では、抱っこしたり遊んだりして決められます。


①6月 9日(土) 14:00~18:00 雨天決行 
②6月10日(日) 14:00~18:00 雨天決行

川崎市川崎区大島4-23-13
TNR日本動物福祉病院内


1kanban1_201511110202174f8.jpg

DSC01376_201806051357588f0.jpg

DSC01384.jpg



☆難病の高齢犬を引き取る 自然体の愛情に包まれ、奇跡の回復
茨城県動物指導センターからの引き取られた難病の高齢犬が幸せに暮らしています

転載
https://plaza.rakuten.co.jp/chiropaku/diary/?ctgy=6

難病の高齢犬を引き取る 自然体の愛情に包まれ、奇跡の回復
カテゴリ:動物愛護
​​​​​​​転載元:Sippo 2018/05/11



https://plaza.rakuten.co.jp/chiropaku/diary/201805220001/Proxy.jpg


000282f01ebaac
​難病を克服して元気に走り回る和香ちゃん=塩満さん提供​

 フィラリアと乳腺腫瘍という難病を患い、歩くのもやっとだったミックス犬の和香ちゃん。保護施設と引き取り手による地道なケアで病気を克服し、元気に走りまわるまでに回復しました。
「聴診器で心臓の音を聞くと、虫が動くザワザワという音が聞こえたそうです。強陽性(重度)のフィラリアでした」
 横浜市港南区在住の塩満美代子さんは、愛犬・和香ちゃん(ミックス、メス)を引き取ったばかりの頃をそう思い出す。

 和香ちゃんは推定10歳。ラブラドールの系列を思わせる、引き締まった体つきと穏やかな容貌の中型犬だ。茨城県の愛護センターから、動物保護団体アニマルハートレスキューに引き取られてきた。
 塩満さんと和香ちゃんの出会いは2017年7月。自宅近くのホームセンターで開かれた譲渡会をのぞいた時のことだった。

 たまたま見かけた和香ちゃんは、周囲の喧騒に戸惑っているように見えた。
「その姿がどうにも気になって、家に帰っても頭から離れなかった。自宅にはすでに猫が2匹いて、夫も当初は犬を引き取ることに前向きではありませんでした。でも、私が『あの子を飼えない』とメソメソしていたら、『それほど言うなら』と同意してくれました」
Proxy_201806051333478b9.jpg


甘える和香ちゃん=塩満さん提供

おびえて震えていた犬

 2週間のトライアル期間を経て、晴れて塩満家の一員となった和香ちゃん。体調の割には痩せており、常にどこか人の顔色をうかがう様子があったという。保護施設で手厚い治療と看護を受けたおかげで、引き取った時にはある程度改善されていたものの、かつて劣悪な環境にいたことが推測された。
「保護施設の方が引き取ったばかりの頃は、骨と皮ほどにやせ細り、立つのもやっとだったそうです。フィラリアに加えて乳腺腫瘍もあり、摘出手術を受けた後も継続的な通院が必要な状態でした」

 十分な世話がされていなかったばかりではなく、虐待を受けていた可能性もあるという。
「うちに来てすぐ、室内で粗相をしてしまった時のことです。おびえた顔でブルブル震えて、『いいんだよ、大丈夫だよ』と言っても、ずっと落ち着かなかった。きつい折檻を受けた記憶があるのかもしれません」
 心身ともに傷ついた和香ちゃんを、塩満さんは自然体の愛情で見守り続けた。
Proxy_20180605133537c7e.jpg
​膝の上で寝てしまった和香ちゃん=塩満さん提供​

「保護犬」も他の犬も差はない

 動物好きの家庭に育ち、常に動物のいる環境で生活してきた塩満さん。だからこそ、「重病のシニア犬」を引き取ることに対して抵抗が薄かったのだろうか。
「最初は迷いました。でも、病気が人にうつるわけではない。子犬の時に健康だった子でも、いつ病気になるかわからない。気になった子がたまたま病気だった、という感じです。人間が心構えをして飼えばいいんだ、と考えて、引き取ることを決めました」

 その口調からは、「動物を飼う」ということの現実を知っている人ならではの落ち着きが感じられた。
「ペットショップの動物たちを否定するわけではありません。ただ私は、行き場のない子がいるなら、そういう子を引き取りたいと思いました」

 保護施設で他の犬猫と暮らしていた和香ちゃんは、集団生活に抵抗がない。同居の猫に威嚇されながらも喧嘩はせず、散歩中に会う犬に対しても友好的だ。「保護犬」も、他の犬も、それぞれ一長一短あり、歳をとり、病気になり、この世を去ることに違いはない。
「いつ、何が起こるかわからないのは人も動物も同じ。どんな子だって、家族になれば『うちの子いちばん』です。和香を見た人から『何犬ですか?』と聞かれたら、『スペシャルドッグです』と答えることもありますよ」
 塩満さんに撫でられながら、和香ちゃんは穏やかな表情で座っている。

Proxy_201806051338416af.jpg

​大きな目で見つめる和香ちゃん​


重度のフィラリアが完治

 塩満さん宅に引き取られて約半年たった2018年2月、和香ちゃんの病状に変化があった。かかりつけの動物病院でフィラリアの検査をしたところ、陰性の結果が出た。地道な通院と投薬の効果だった。
「一瞬、陰性と陽性を間違えて覚えていたのかと思いました。治るなんて想像していませんでしたから。本当にフィラリアが消えたと分かった時は、小躍りしたくなるほど嬉しかった」

 これまで苦しんできた咳や嘔吐などの症状も減り、和香ちゃんはますます元気になった。現在も腫瘍の検査と投薬は続いているというが、一見しただけではわからないほど健やかな印象だ。走ることが好きで、広い場所でのびのびと走っている時がいちばん活き活きしているという。

「海に出かけた時は海藻を体に巻きつけて遊んだり、雪が降ったら童謡の歌詞みたいにはしゃいで庭を走り回ったり。目の表情が違いますね。嬉しいんだなあと感じます」
 以前は出かけることの少なかった塩満さん一家も、和香ちゃんを遊ばせるために車で外出することが増えたという。

Proxy_20180605133945ba9.jpg

笑うように走り回る和香ちゃん=塩満さん提供

一緒に暮らす喜びを感じて

 「理屈うんぬんではなく、動物たちが傍にいるということは、なんとも言えず単純に幸せな気持ちです。手間よりも、動物がいる安らぎの方が大きい。ただただ、可愛くて仕方がないです」
 保護犬を引き取ることに興味があるが、一歩踏み出せないという人には、「まず会いに行ってほしい」と考えている。

「保護施設には、すごくいい子がたくさんいます。出自がどうであれ、家族になったらそこには幸せがある。保護活動をしている方々のような大きな活動は何もできない私ですが、いつか、『保護犬』『保護猫』という言葉がなくなるくらい、保護動物の引き取りがペットを迎える上で当たり前の選択肢になる事を願っています」


<和香ちゃんの出身団体>
一般社団法人アニマルハートレスキュー
横浜市を拠点に犬や猫の保護活動を行っている。1996年から横浜駅・関内駅の猫の避妊去勢保護活動を開始。2000年から定期的な里親会を開催するとともに、茨城県動物指導センターからのレスキューを開始。シェルターは、動物病院・ドッグホテル・トリミングサロン・グッズショップの複合施設「アニマルセラピーハウス」に併設されている。

住所:横浜市都筑区茅ヶ崎中央28-8
TEL:045-530-4771
アニマルハートレスキュー公式HP: http://www.animal-heart-rescue.net/
アニマルセラピーハウス公式HP: http://www.momo.yokohama/


転載ここまで


環境省への意見はこちらへ
譲渡が難しい犬猫も生きられる施策を!不幸な命を救えるのは、あなたの一言です!
意見例
「譲渡困難な犬猫を殺処分ゼロの対象から外すことに反対です。」「譲渡困難な犬猫の譲渡を推進する施策こそお願いします。」

●環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
電話:(代表)03-3581-3351(内線6656動物愛護管理室へつないでもらってください )
   FAX:03-3508-9278
電子メール shizen-some@env.go.jp
あるいは環境省MOEメール・・・7の自然環境・自然公園をお選びください
https://www.env.go.jp/moemail/


●郵送
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
   
●環境省MOEメール・・・7の自然環境・自然公園をお選びください
https://www.env.go.jp/moemail/




☆茨城県動物指導センター

茨城県動物指導センターから4月~5月に、ねこかつさんと、私たち神奈川のボランティアで受け入れた生まれて間もない子猫は、332頭 になります。センターの皆様、ボランティアの皆様、ありがとうございます。

茨城県動物指導センター 6月1日現在収容頭数
乳飲み猫 15  離乳猫32  傷病猫9  収容猫数合計56



☆こねこ保育園

保護

DSC01373_201806051357577cd.jpg






犬猫救済の輪 里親会にてワクチン1回済の子猫たちの里親募集開始しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お世話の手伝いができる方はいらっしゃいませんでしょうか。ボランティアさん募集、手を貸してください。

☆こねこ用ミルクやパウチ支援物資ご協力を!
子猫出産ピークで茨城県動物指導センターには、1週間で100匹近い数の乳飲み子離乳したばかりの子猫が次々と収容され救いを待っています。殺処分からみんなの力で救いましょう。物資とセンター基金のご協力をお願い申し上げます。これから夏まで子猫の引取りが続きます。大量の子猫用カルカンパウチやペットシーツ等が必要です。
・「トイレの猫砂」・子猫用カルカンパウチ(チキン以外の物ならどれでも可)・ペットシーツレギュラー中厚・ペットシーツワイド ・ワンラックキャットミルク・洗濯用粉石鹸・ロッテ貼らないホカロン ・カロリーエース・ワンラック細口乳首・ダブルトイレットペーパー・箱ティッシュ・消毒用ハイター


◆犬猫救済の輪支援物資のお願い(現在保護猫数160匹)160匹の猫たちを保護しています。猫の缶詰、レトルト、トイレの紙砂等、ご支援いただけますと助かります。宜しくお願い申し上げます。
川崎不足品

 ・爪とぎ・爪とぎ・養生テープ・養生テープ・布製ガムテープ・「トイレの猫砂」・キャラッとミックス・ロイヤルカナン FHN インドアセンター引出猫の健康管理に・コロコロ ・単三乾電池・焼きカツオ・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・ミャウミャウクリーミー・カロリーエース・金のだし つるんジュレ・カルカン子猫用他子猫用ウエット種類問わず・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食 ・ちゅーる高齢猫用・ポリ袋(30L 45L 90L洗濯用粉石鹸 食器用液体洗剤・消耗品  
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島4-23-13-1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛


◆支援物資のお願い 福島
遠方から通っての週末活動ですので、その間は、センサーカメラに記録された画像で猫の生存を確認しています。
そのため、もうしばらくの間、乾電池等が沢山必要になります。猫たちのレスキューのため引き続きご支援ご協力宜しくお願い申し上げます。
※次回、ボランティア連携福島被災動物救済活動 6月3日 ・8日
ご支援物資は、福島楢葉拠点でお受けさせていただいております。宜しくお願い申し上げます。

・キャネットチップ・キャネットミックス他ドライフード種類問わず
・単三乾電池のご協力お願い致します。

  福島 指定日なし午前着指定  
受入先 現在ゆうぱっくの受け取り不可、ご注意ください。クロネコさんか佐川さんで。
〒979-0604福島県双葉郡楢葉町北田上ノ原27‐1
   村尾智恵様方 犬猫救済の輪



アマゾンほしい物リストはこちら   




支援金のお願い 
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療火に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 フクシマ支援 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 フクシマ ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご記入下さい。




banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






スポンサーサイト