FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 羽田空港滑走路脇の犬
2008年03月20日 (木) | 編集 |
羽田空港滑走路脇の犬
http://homepage2.nifty.com/inunekokyusainowa/hanedakuukouinu%20.htm

東京都大田区保健所に経過と現状、今後についてお問合せ致しました。

以下、担当古谷様がお答え下さいました。

今回、船を含む不法物の撤去が行なわれました。
犬については、2007年夏より、東京都動物愛護相談センターの協力を得て、捕獲保護してきました。収容後は、東京都動物愛護推進員等ボランティアさんの協力も得て譲渡をしてきました。殺処分はしておりません。

飼い主との話で現在の飼い犬は2匹となり、現在すでにその場所にはおりません。

残されている犬の状況は、本日3月19日、大田区保健所と東京都動物愛護相談センターで確認のため現場に出向いております。
全頭保護の考えですが、これから検討し方針がでます。
犬の餌についても念頭に入れております。

とのご説明を頂きました。
昨年夏この件では、船で行かなくてはならない場所ということもあり個人のボランティアでは保護が難しいことから、東京都動物愛護相談センターにお願いをしてまいりました。現場での捕獲から譲渡まで、大変な仕事だったことと思われます。また、成犬の譲渡に携わったボランティアさんにも多くのご苦労があったことでしょう。何年にも渡り、問題になっていたこの件が、解決の方向に向かい進められていることは確かです。

最後の1頭まで命を犠牲にすることなく問題の解決がはかられますよう見守り、できることがあれば協力をさせていただきますとお伝えいたしました。



それにしても、撤去に3000万円かかったとか、何事も早く解決しなければ税金の無駄遣いになりますね。
それだけあれば、センター施設改善できるのにとか、譲渡専用シェルターできるのに、沢山の命を救ってあげられるのにとか、つい考えてしまいます。


愛知県幡豆町 野犬捕獲に関する問題

嘆願書を作成させていただきました。
よろしければ一言ご意見等も添えて、署名の上、直接お送りください。

豊田動物愛護管理指導センターでの捕獲犬死亡に関する嘆願書.pdf
http://homepage2.nifty.com/inunekokyusainowa/aiti-hokaku.pdf
※リンクのご協力お願い申し上げます。


banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。 




3月23日 犬猫里親会 no おしらせ

品川区戸越銀座商店街 ペットスマイル戸越銀座店店頭にて 
12時~17時 小雨決行


★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック