FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 ☆動物を使ったあらゆる「いけにえ」に反対です。海外にも広めてください。☆本日6日猫の里親会(蒲田駅1分)
2019年01月06日 (日) | 編集 |
☆動物を使ったあらゆる「いけにえ」に反対です。海外へも情報を広めてください。

犬猫救済の輪は動物を使ったあらゆる「いけにえ」に反対しています。
長野県諏訪大社で毎年元旦におこなわれている蛙狩り神事(生きたままカエルを串刺しにして殺す)にも反対しています。
諏訪大社

IMG-6643_20190106020918e66.jpg

海外では「動物いけにえ」は次々に廃止されています。
日本でも東京オリンピック前に、動物生贄をやめさせましょう。
海外に知り合いの方がいたら、広めてください。よろしくお願いいたします。



(英語)
Let’s eliminate “animal sacrifice" from Japan before the Tokyo Olympics!
Please spread information to your friends overseas about the abolition for the Shinto ritual involving live frogs on skewers at Suwa Taisha Shrine(Nagano Prefecture).
Suwa Taisha Shrine impales the live frog, skewering it to death as “sacrifice” every year on New Year's Day. (“frog hunting” / “Kawazugari”)
The Shinto ritual using frogs is a cruel ritual involving the sacrifice of live frogs on skewers .We have been requesting abolishment of this ritual, or the use of substitutes.
They said that it has been a traditional Shinto ritual for a long time, and they won’t stop.
We think the tradition should change in form, in line with the change of consciousness of people, and with the times.
We believe that animal rights take precedence over religion
Overseas, “ animal sacrifice”, events inflicting pain and death, have been abolished one after another.
We want to start by abolishing this cruel “sacrifice”.
Let’s eliminate “animal sacrifice" from Japan before the Tokyo Olympics!
Let's abolish “animal sacrifice ”in Japan!


(日本語)
東京オリンピック前に日本から「動物いけにえ」をなくしましょう
諏訪大社(長野県)の生きたカエルの串刺しを行う神道儀式の廃止について海外の友人に情報を広めてください。
諏訪大社は毎年元旦、生きたカエルを突き刺し「いけにえ」として殺しています。(「蛙狩り」/「カワズガリ」)
それは、生きたままカエルを串に殺す残酷な儀式です。私たちはこの儀式の廃止、あるいは代用品の使用を求めています。
けれども諏訪大社は、伝統的な神道の儀式であると言いやめようとしません。
人々の意識の変化や時代とともに、伝統は形が変わるべきだと私たちは考えます。
動物の権利は宗教よりも優先されると考えています
海外では、痛みを与え殺す「動物いけにえ」が次々と廃止されてきました。
この残酷な「いけにえ」を廃止することから始めたいのです。
東京オリンピックの前に日本からの「動物いけにえ」を排除しましょう
日本での「動物いけにえ」を廃止しましょう


(フランス語)
Éliminons le «sacrifice animal» du Japon avant les Jeux olympiques de Tokyo!

S'il vous plaît, informez vos amis à l'étranger de l'abolition du rituel shinto impliquant des grenouilles vivantes en brochettes au sanctuaire Suwa Taisha (préfecture de Nagano).
Le sanctuaire Suwa Taisha empale la grenouille vivante, la transformant en "sacrifice" chaque année le jour du Nouvel An. («Chasse aux grenouilles» / «Kawazugari»)
Le rituel shintoïste utilisant des grenouilles est un rituel cruel impliquant le sacrifice de grenouilles vivantes sur des brochettes. Nous demandons l'abolition de ce rituel ou l'utilisation de substituts.
Ils ont dit qu’il s’agissait d’un rituel shinto traditionnel depuis longtemps et qu’ils ne s’arrêteraient pas.
Nous pensons que la tradition devrait changer de forme, en fonction du changement de conscience des gens et du temps.
Nous croyons que les droits des animaux passent avant la religion
À l'étranger, les «sacrifices d'animaux», événements qui ont provoqué douleur et mort, ont été abolis les uns après les autres.
Nous voulons commencer par abolir ce "sacrifice" cruel.
Éliminons le «sacrifice animal» du Japon avant les Jeux olympiques de Tokyo!
Abolissons le «sacrifice animal» au Japon!

スポンサーサイト