FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 東京都動物愛護相談センター 幼ねこ譲渡促進状況
2008年04月18日 (金) | 編集 |
東京都動物愛護相談センター 幼ねこ譲渡促進状況


犬猫譲渡団体”Buddy”さんは、2007年12月に東京都動物愛護相談センターに犬猫の譲渡団体として登録され、センターに収容された犬猫を引取り、新しい飼い主さんを見付ける活動をしていらっしゃいます。


東京都動物愛護相談センターにボランティアとして登録され始まった個人的保護活動。
こちらは、譲渡団体登録後初めて東京都動物愛護相談センターから引き出した赤ちゃん猫が弱ってしまった、元気になった、里親さん探し、またセンターから引き出しと、二度と不幸にはしないと奔走されるボランティアさんの日々が綴られております。

ブログご紹介
http://gomaoguro.blog69.fc2.com/blog-entry-1.html#comment


http://gomaoguro.blog69.fc2.com/page-1.html

HPご紹介
http://www.lifewithbuddy.org/

東京都動物愛護相談センターには、今月も有力な動物愛護団体様が譲渡団体として登録してくださり、既に赤ちゃん猫の譲渡が開始されています。初回は、3匹譲渡の予定がセンターに着いたときに、更に2匹増えていて5匹が譲渡されたそうです。

譲渡を受けた団体の方も、せっかく譲渡を受けた命、幸せにしなくては。任せて安心の良い実績を積まなければと全体に動物愛護の意識の高まりが感じられます。

うらやましい!と言ってはおれません。
川崎も、追いつけ、追い越せ、動物愛護。遅れていると言われるより進んでいると言われる方が良い。

川崎市動物愛護センター・幼ねこ譲渡嘆願書.pdf

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。
 
★4月27日(日) 犬猫里親会
★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック