FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 拡散 ☆環境省パブコメ 動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針の改正案に対する意見の募集
2020年02月05日 (水) | 編集 |
★茨城県カテゴリー ジンベイザメ捕えて展示に130億円 収容犬生かす予算無しと殺処分 命の扱いこれでよいのですか~茨城県 
■犬猫救済の輪1月20日公開質問 http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7191.html
■海外のお知り合いの方にも、広めて下さい。英文 http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7195.html
■「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」様が、まとめて下さいました。「収容犬にはお金をかけず130億円のジンベイザメ展示施設は本当に必要ですか?~茨城県」■茨城県からの回答と再質問

大井川知事への意見の届け方
私の提案(県政への意見記入ページ)
https://kouchou.pref.ibaraki.jp/kotyo/hp_iken_toroku.php
FB茨城の魅力を伝えたい (コメントが記入できます)
https://www.facebook.com/ibaraki.pr
電話  029-301-2133(総務部報道・広聴課広聴・相談)


意見例 よろしければコピー等ご自由にお使いください。
★ ジンベイザメを展示するために130億円も予算がとれるなら、保護場所が無い、人手が無いなどの理由で不幸な犬猫を殺さないでください。★ ジンベイザメを水槽に一生閉じ込めるのはやめてください。★ 人間の娯楽のために野生のジンベイザメを捕まえて見世物にするのはやめてください。

130億円もかけて水槽に閉じ込めないで!お金が無いなどと言って収容犬を殺さないで!
zinbeizame_20200127165335caf.jpgo1080080914699009389s_20200127165337ecf.jpg


☆犬猫救済の輪 猫の里親会 
2月8日(土)・9日(日) 13:00~18:00 雨天決行
川崎市川崎区大島1-28-15グリーンプラザ1F 
TNR日本動物福祉病院内

アクセス
1kanban1_201511110202174f8.jpg
院内里親会では、抱っこや遊んだりして決められます。
      ペットのおうち
里親会ページ参加予定猫の写真は  こ ち ら 
※ 必ず、里親会ページ下の 「譲渡条件(一部)」 をお読みいただき、ご来場ください。

今期、主に茨城県動物指導センターより引き取りました多くの子猫たちは、お陰様で里親様のもとへお届けさせていただくことができています。生まれて間もないころ風邪をこじらせたりした影響で目に白濁が残ったりした子は、それだけでお声がかかりません。外見の可愛さだけでなく、命を慈しむことの大切さに気付き手を差し伸べて欲しいと願っています。
生まれてきた環境や飼い主に恵まれなかった子猫や成猫の幸せ探しに力を入れています。ご家族で話し合ってみていただけませんか。
IMG_9306_20200205194535541.jpg20191113_011515_201912272311580bb_20200117132337530_20200125122117af1_20200205194537d38.jpg



拡散
☆環境省パブコメ 動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針の改正案に対する意見の募集


環境省がパブリックコメントを募集しています
飼い主不明猫へ給餌しているボランティアの皆様にとって重大な問題点があります
また、野犬は一時的にせよ殺処分が増えても良いという箇所も問題です。


下方に犬猫救済の輪の意見を掲載しました。ご参考の上是非、環境省にご意見をお届けくださいませんか。



http://www.env.go.jp/press/107659.html


動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針の改正案に対する意見の募集(パブリックコメント)について




意見募集期間
令和2年1月30日(木)~令和2年2月28日(金)
(※郵送の場合は、令和2年2月28日(金)必着)
意見提出方法
下記の【意見提出様式】により、次のいずれかの方法で御提出ください。
[1]郵送による提出の場合
宛先 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
[2]FAX
FAX番号 03-3508-9278
[3]電子メール
電子メールアドレス shizen-some@env.go.jp
※電子メールで提出される場合は、メール本文に記載してテキスト形式で送付してください。(添付ファイルによる意見の提出は御遠慮願います。)
※電話での意見提出はお受けしかねますので、あらかじめ御了承ください。


【意見提出様式】
[宛先] 環境省自然環境局総務課動物愛護管理室 宛て
[件名]改正動物愛護管理基本指針素案に対する意見
[氏名] (企業・団体の場合は、企業・団体名、部署名及び担当者名)
[〒・住所]
[電話番号]
[FAX番号]
[意見]
・該当箇所(どの部分についての意見か、該当箇所がわかるように明記してください。)
・意見内容
・理由(可能であれば、根拠となる出典等を添付又は併記してください。)


犬猫救済の輪の提出予定意見
(該当箇所)
P13、イ 犬及び猫の殺処分を透明性を持って戦略的に減 らしていくことが必要であり、下記の殺処分の3 分類の特に②に属する個体の返還及び適正な譲渡 促進を積極的に進め、令和 12 年度の殺処分数につ いて、平成 30 年度比 50%減となる概ね2万頭を目 指す。
また、①、③については飼い主責任の徹底や 無責任な餌やりの防止により引取り数を減少さ せ、結果的に該当する動物の数を減らしていくこと
P16イ 生活環境被害の防止や犬又は猫の適正飼養の観 点から、所有者等のいない子犬・子猫の発生を防止 するためには、所有者等のいない犬又は猫に対する 後先を考えない無責任な餌やり行為が望ましくな いことについて普及啓発を強化すること。

(意見内容)所有者のいない犬猫への「無責任な餌やり防止」「後先を考えない無責任な餌やり行為」という記載が2か所ありますがこの部分を削除願います。

(理由)特にこれは所有者不明のいわゆる地域猫活動をしているボランティアの皆さんの活動にとって足かせになる影響が大きい記載です。
「餌をやるからには不妊手術をしてください」「餌だけやって不妊手術をしないのは無責任」というように不妊手術が無責任でない餌やりの条件であるとの含みが強く感じられる文言ですが、外にいる猫の所有権は不確かであり、飼い主がいるかもしれない外猫に勝手に不妊手術すると器物損壊罪になるかもしれないのです。このことから餌をやっている人に不妊手術の義務を負わせるような文言を法的に議会で精査しやめた自治体もあります(横浜市)。 また高額な不妊手術代の捻出も餌をやる市民にだけ課すべきものではありません。飼い主不明の猫の不妊手術は行政が主体となって行うべき公共事業であるという考え方が広まっていくようにしなければならないと思います。

また「餌をやるなら責任をとって家に連れ帰り飼養してほしい」という言葉は地域猫活動を阻みます。ボランティア市民が全部の外猫を自ら飼養出来るはずもなくその義務もありません。

「無責任」という表現自体も曖昧です。例えばある場所では「置き餌」しても問題がない場合もあります。また猫の嫌いな人の多い町内ではどんなにきちんとしても無責任だといわれるでしょう。場所によって「無責任さ」の度合も内容も様々です。たとえば不妊手術のための捕獲時に置き餌は必要です。山間部と住宅街でも「無責任な」の解釈は違っていきます。地域や状況によって変化するような語彙を記載するのは好ましくないと考えます。

餌やりという表現自体差別的な印象であり、先進的な自治体では「給餌」「給餌者」という表現に変化しています。今後「餌やり」という表現は使わないでいただきたいと思います


(該当箇所)
P14
ウ 野犬が多い地域等では、引取り数・殺処分率又は 殺処分数を減少させるため、集中的に捕獲を実施 し、再生産を抑制することが必要な場合があり、短 期的にこれらの数値が増加してもやむを得ない面 があるなど、中長期的な視点に立ち、地域の実情に 応じた殺処分と譲渡の考え方を整理するとともに、 必要な普及啓発等の取組を推進すること。

(意見内容)一時的にせよ野犬の殺処分を容認、助長する内容は断じて容認できません。集団不妊措置や一定期間の人馴れ訓練のためのシェルターの確保等の努力を自治体に求める文言に差し替えてください

(理由) 野犬が増える原因の第一は行政が狂犬病予防法による指導を怠ってきたことです。放し飼いや鑑札装着についての指導をほとんど行っていない地域もあります。野犬の再生産を抑制するには、徹底した狂犬病予防法の適用こそ自治体に求めるべきです。  




★支援物資のお願い
楽天ほしいものリストはこちら
・紙砂80L ・紙砂56L
・ペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・いつものごちそう① ・いつものごちそう②・気まグルメ・魚正各種・黒缶各種・ペロッティ猫缶種類問わず・ファミリー缶・たまの伝説・キャネットミックス・スマックドライ多頭用種類問わず・ロッテ貼らないホカロ
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。


◆マンスリーサポーター様募集
クレジットカードから毎月定額寄付で、恵まれない動物たちを支援する「マンスリーサポート」。動物たちの命を救おうとする人達のお気持ちが集まることで、沢山の命が救われていきます。詳細をご覧になられ、ご参加いただけましたら幸いに存じます。どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

詳細はこちらをご覧ください >>> 



 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。



スポンサーサイト