fc2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 拡散!! 認定NPO法人「動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN」理事長 犬の銃殺、薬殺駆除問題で厚岸町へ抗議と申し入れ
2021年05月14日 (金) | 編集 |
■TNR日本動物福祉病院 獣医師・看護師求人(アルバイト・パート ・正社員)
  求人お問合せ お気軽にメールフォームより

■犬猫救済の輪 猫のお世話週一ボランティアさん募集


☆犬猫救済の輪 猫の里親会 
5月16日(日) 13:00~18:00 雨天決行
川崎市川崎区大島1-28-15グリーンプラザ1F
TNR日本動物福祉病院内

アクセス
1kanban1_201511110202174f8.jpg

里親会ページ参加予定猫の写真は  こ ち ら 

※必ず、里親会ページ下の 「譲渡条件(一部)」 をお読みください。
 里親会参加予約を受付中です。里親会参加ご希望の方は、メールフォームよりご連絡ください。お電話させていただきます。



ワンちゃんのお散歩中に発見されたこねこちゃん。
黒白 雄  生後1.5ヵ月 離乳しています。


20210514_001806.jpg

エイッ 男の子だじょ。
20210514_002035.jpg

遊んであげまちゅ。
20210514_002310[1]

2か月位までの子猫の里親募集は、体調の急変に対応できますよう、当院TNR日本動物福祉病院からお近くの、川崎区・幸区のご家族様に限らせていただきます。
 



jyoso.jpg

拡散!!
認定NPO法人「動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN」理事長 犬の銃殺、薬殺駆除問題で厚岸町へ抗議と申し入れ
厚岸町へ是非伝えたいこと


IMG_9040_20210514033506c63.jpg

IMG_8274s_202105140335080b4.jpg

茨城県常総市が野犬問題を解決し犬猫殺処分ゼロ市になるまでの道のり
「最後の犬が捕獲されるまで、約130頭をつかまえ、殺さずに生かし切りました」(茨城県常総市)


あらゆる立場の人の共通の目標を「殺さずに野犬をゼロにすること」として、それを実現した常総市の記録です。
目標に向かって役所が、保護団体が、議員が、獣医師会が、住民がどのように動いたのかがよくわかります。


厚岸町は、常総市の歩みを参考にして、時を移さずに保護場所を確保し「殺さずに生かし切る」ことを決断してください。
常総市で実現できたことが厚岸町で出来ないというならば、それは公務員としての不作為、怠慢ではないでしょうか。
登下校の子供が犬に襲われないか心配するならば、酪農への被害をなくしたいならば、、一刻も早く徘徊する犬を保護しゼロにしなければなりません。繁殖を止めなければなりません。
場当たり的に銃殺や薬殺をすることでは解決できなかったではありませんか?
厚岸町長や議会には、「保護して生かし切って」ゼロにした記録を真摯に受け止めていただきたいと思います。
これこそ人道的かつ抜本的な解決方法です。
改めて、犬猫救済の輪からの10の提言の早期実現を要望します。
厚岸町でも「生かそう」と決断すればできることなのです。


茨城県常総市が野犬問題を解決し犬猫殺処分ゼロ市になるまでの道のり
https://ameblo.jp/capin-blog/entry-12673682424.html
より転載


若狭厚岸町町長殿                     
厚岸町議会御中

     認定NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN
               理事長 鶴田真子美


厚岸町へ是非伝えたいこと
茨城県常総市が野犬問題を解決し犬猫殺処分ゼロ市になるまでの道のり


厚岸町で、犬が銃殺あるいは筋弛緩剤で死んでいることに対して強く抗議いたしますと共に、これは解決可能な問題であることを、茨城県常総市の実例からお知らせいたします。

不可能だと初めから手をこまねいていても事態は変わることはありません。


常総市の実例から「どの立場の人にとっても犬を殺すことは解決にはならない」「必ず解決できる」「すべての立場からも納得できる方法がある」「厚岸町でも実現できる」というメッセージを読み取っていただけたら幸いです。
o0750058014939889364.jpg



初めに、私達がかかわった常総市の実例を時系列で説明させていただき、次に、若狭町長と町議会議員への申し入れ、及び厚岸町の皆様へのお願いを述べさせていただきます。

2015年3月まで 発端
今から6年ほど前の2015年頃、茨城県常総市の畜産団地では、野犬が溢れていました。茨城県動物指導センターは捕獲と殺処分を繰り返しており、どうしても捕まらない犬を毒餌で薬殺しようとの計画が立てられました。


養鶏場からは犬が柵を破って入り鶏を害したという苦情、養豚場からは囲いがしてあるので入ってくることはないが、野犬が群れでいるのは不衛生だという苦情が常総市、茨城県、茨城県動物指導センターに寄せられ、野犬を殺してほしいという要望が噴出していました。


2015年3月末 住民説明会 毒撒きを中止
茨城県と県動物指導センター、常総市は野犬掃討の住民説明会を公民館で開きました。野犬を毒殺する場合、住民に周知しなければならないからです。

この説明会に出席した住民のひとりが、野犬の世話をしており、「毒をまかれています。大変だ、子犬も殺されてしまう。慣れた犬もいるのに」と相談電話をかけてこられました。

相談を受けた私たちは、子犬も飼い犬も人に慣れた犬もみな殺傷するような薬殺はやめるべきと訴え、毒をまく計画はなくなりました。
o0750054714939889368.jpg



さらに、野犬問題をどのように解決するのかを茨城県議会の小川一成先生(いばらき自民党)に相談しました。

私達CAPINと、犬猫救済の輪・TNR日本動物福祉病院さんがこの問題に本格的に着手しました。

常総市畜産団地で捕獲した犬を、地元病院や、神奈川県のTNR日本動物福祉病院さんに運び、不妊手術ののち、CAPINの土浦シェルターや自宅で引き受けて、慣らしと譲渡に向けて保護していました。栃木県の野犬に慣れた団体さんも協力くださいました。


2015年4月 関係者による会議 野犬ゼロを目指す合意
小川一成先生の熱心なご尽力で4月30日、会議が開かれました。会議に参加したのは茨城県、常総市、県獣医師会、CAPINを含む保護団体数名、町内会長等でした。被災地での野犬保護に詳しい団体も参加していました。自民党、公明党の県議会議員、市議の先生方も超党派で多く参加され、当時の県動物指導センター長も参加されました。

「野犬は生きているのが可哀そうだから殺してしまおう」という意見の保護団体があったことは大変残念なことでしたが、私たちは「犬たちを生かしていこう。その方法はあります」と一歩も譲りませんでした。

町内会長からは「子供たちの登下校に犬に襲われないようにしたい。農作物の被害も困るので野犬ゼロにしていただきたい」との意見が出ました。保護団体の立場としても野犬をゼロにしたいということで、結論として、どの立場からも「野犬をゼロにする」という共通の目標を持つことができました。そういう意味で大変有意義な会議でした。

2015年6月 ワーキンググループ発足と保護場所確保
2015年6月には官民協働のワーキンググループが発足しました。
市役所の役割は犬の保護場所の提供でした。
o0750053114939889373.jpg



小川先生のお口添えで農家の畑にある倉庫を1年間の家賃1~2万円で借りることができました。この時はまだ水道も電気もない状態でした。その後、道路沿いに保護場所は移り、そこで譲渡に向けての慣らしが行われました。
o0750055214939889376.jpg


o0750055014939889382.jpg



 
2015年8月 ワーキンググループ始動
捕獲機をかけて、犬が入っているのをCAPINが確認したら県動物指導センターに報告し、センターが犬を回収します。3月から民間で野犬捕獲をスタートしておりましたが、最初にワーキンググループで犬が保護されたのは8月のことでした。その後、県動物指導センターで不妊手術をして、犬に二重首輪とチェーンをつけて保護場所に戻ってきます。民間のボランテイアさんが犬たちを馴らして里親探しをしました。
獣医師会からはノミ・ダニ、フィラリアなどの薬の提供がありました。
2019年夏に最後の犬が捕獲されるまで、約130頭をつかまえ、殺さずに生かし切りました。

2015年9月 常総水害が犬猫殺処分ゼロのきっかけに
この年の9月に常総市は水害に襲われました。通常、被災動物の殺処分は行わないはずですが、常総市は犬猫を殺処分しようとしたため、私たちも抗議し、厳しい世論も寄せられていました。常総市から茨城県動物指導センターに入った犬猫はCAPINで全頭引き出したので、常総市の犬猫の殺処分をこの時、センターは行っていません。犬猫殺処分ゼロはこの時から今まで続いています。

2018年 「常総市動物愛護及び管理に関する条例」制定及び施行
2018年常総市は「人と動物との調和のとれた共生社会を構築するためには,市や市民の責務,動物の所有者や飼い主の尊守事項等を明確にするとともに,市と市民さらに動物愛護団体等と協力して動物愛護に取り組むことが必要であることから,本条例を制定するものです」として常総市動物愛護及び管理に関する条例についてのパブリックコメントを募集したうえで、条例を2018年4月に施行しました。
http://www.city.joso.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/57/jososhidoubutsunoaigooyobikannrinikannsurujoureiann.pdf

2019年 常総市動物愛護協議会の発足
犬猫殺処分ゼロを維持するため常総市は動物愛護協議会を発足させ、一般市民から会員を募集しています。

現在
常総市役所は新たに市有地にシェルターを用意しました。シェルターの場所が民家の無い河原傍であったことで苦情も出にくく幸いしています。ごみの回収は市役所が行います。
o0750054014939889383.jpg


このシェルターには常時10頭前後の犬猫がいます。2015年よりCAPINがフードや医療費を負担してきましたが、2020年半ばからは「JOSO WAN ZERO」という常総市民の団体に犬の世話や譲渡活動は移行し、常総市民の主体的な活動に軸足を移して現在に至ります。

以上、常総市の野犬が多数捕獲され殺処分されていた2015年から犬猫共に殺処分ゼロが続いている現在までをざっと振り返ってみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

厚岸町長及び議員、厚岸町の皆様へ

厚岸町長 若狭靖殿
現在、北海道の厚岸町で犬が銃殺されていることは、「動物の愛護及び管理に関する法律」44条違反で告発される可能性を否めません。ノイヌとは思えぬ犬を銃殺、また野犬や子犬を筋弛緩剤で殺害するのは法に抵触する可能性があります。
分類上どんな犬であっても「生かす可能性がある犬」を苦しめ死に至らしめることは即刻おやめいただきたく強く申し入れいたします。
犬による町民人命や財産への被害を回避しようとするならば、犬を全て保護するしかありません。常総市長は市民の「野犬を殺せ」、あるいは「助けたい」との、様々な立場の要望を実現するには、最終的には犬たちを保護し、子犬が産まれないようにして行くしかないと判断されました。その間には常総水害という大災害を経験し、被災動物の殺処分問題も乗り切り2015年以来、行政によって処分される犬猫はありません。
今回の騒動は厚岸町にとって災禍ではなく、軌道修正のためのまたとないチャンスでもあります。厚岸町でこの問題が解決できれば、北海道全体が変わり、素晴らしいモデルケースとなるに違いありません。犬だけではなく飼い主のいない猫の問題にも良い結果となっています。
常総市の当時の野犬数と比較しても、厚岸町の野犬全頭保護は容易なことです。
どうか、常総市の実例を参考にされたうえで、「犬の全頭保護など出来るはずがない」という先入観を捨てて、町長として最良のご判断を下されますようお願い申し上げます。

厚岸町議会議員の皆様
常総市では県議の先生、市議の先生が大変ご尽力くださいました。会議の呼びかけや保護場所の確保などにも奔走していただきました。自民党・公明党の先生方の熱い思いでここまで来ました。また茨城県では犬猫殺処分ゼロを目指す条例を作っていただき、全会派の先生方がご指導くださっています。

厚岸町議員の皆様には、ぜひ、町民の被害をなくすため、命を大事にする精神を次世代に繋ぐため、「共生・躍動・協働 暮らしに豊かさを実感できるまち」というキャッチフレーズを具現化するためにも、お力をいただきたいと思います。

厚岸町の皆様
犬の被害を被っている方、犬を助けたいと考えている方、立場は異なりますが、今まで行政は本当の解決策を打ってきませんでした。
犬を殺すだけでは、この問題は終わりません。
飼い主の元を離れて徘徊している犬をゼロにしない限り、繁殖が繰り返されていくからです。保護団体の皆様も、次々と子犬を引取り続けなければならず、出口のないご苦労に疲弊されてしまいます。

同じような状況から短い期間で立ち直った常総市という地域があることを本日お知らせしました。

今は、官(役所)民(保護団体様、個人ボランテイア様、町内会等)そして、獣医師会、警察など町を挙げての協力が必要です。

是非、この問題に関心を持っていただき、地域の問題として役所や議員の先生方、さらには近隣町とも話し合いの場を持っていただけたらと思います。


by鶴田真子美(おかめ)

o0750077614939889387.jpg

転載終わり


犬猫救済の輪から厚岸町への10の緊急提言(要望)概略
「命を粗末にしない町」を目指して
(1)現況調査の実施
(2)保護捕獲の実施
(3)捕獲したノイヌ、野犬の適正管理及び譲渡の実施
(4)ワーキンググループの設置・運営
(5)狂犬病予防法に基づく犬の登録、鑑札と注射済票の装着の徹底
(6)不妊去勢手術推進事業の開始
(7)「厚岸町ノイヌ駆除奨励規則」の撤廃
(8)「厚岸町犬猫殺処分ゼロを目指す条例」の制定
(9)「厚岸町鳥獣被害防止計画」の見直し、改訂
(10)厚岸町役場内に、動物愛護推進課あるいは担当者を設けること


全文はこちらからご覧ください
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7546.html




犬の銃殺、薬殺をやめて命を粗末にしない厚岸町にするよう、皆様の声を届けてください。



ご意見の届け先
町長へのポスト | 北海道厚岸町 (akkeshi-town.jp)

問い合わせメール
https://www.akkeshi-town.jp/inquiry/

厚岸町役場 電話番号: 0153-52-3131

厚岸町議会 TEL:0153-52-3131 FAX:0153-52-3138





犬猫救済の輪の活動を支えて下さい。
◆フォスターペアレント募集
センターや地域から引取り保護している傷病動物や多頭飼育崩壊による引取等、過酷な環境から救出された命が幸せな余生を過ごせますように手を差し伸べていただけましたら幸いです。

◆支援物資のお願い
楽天欲しいものリスト  
・紙砂80L・トイレの紙砂種類問わず・ペレット猫砂・たまの伝説腎臓配慮・たまの伝説まぐろ・たまの伝説かつお 健康缶パウチ①健康缶パウチ ・黒缶各種 ・焼カツオ高齢猫用・箱シーバ・三ツ星グルメ・ロイヤルカナンベビーキャット・チャオとろみ14歳・チャオとろみ11歳 ・猫おやつ・子猫用カルカンパウチ(チキン以外なら種類問わず)サンアイビス哺乳瓶 ・サンアイビス哺乳瓶仔猫用乳首細口 ・ウエットフードパウチや缶詰種類問わず・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド>・にゃんにゃんかろりー・猫缶④ ・猫缶⑤ ・高齢猫用① ・高齢猫用② ・高齢猫用③焼津のまぐろ・金のだしカップ14歳
※中古バスタオル・タオルケットお譲りいただけると助かります。
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(・例イリョウヒ ・例 一般活動支援 ・シェルター支援)等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例イリョウ ・例イッパン・例シェルタ)等とご入力下さい。
♥マンスリーサポーター様募集
クレジットカードより毎月500円からの定額ご寄付で、恵まれない動物たちを救うことができます。


 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。




スポンサーサイト