FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 7-19
2006年07月19日 (水) | 編集 |
市議会報告、後日、致します。

前日から雨が続き、夜の餌やりも難しい。議会終了後、雨は、小降りになり、富士見公園の猫に給食をと行って見ると、餌やり場は、大工事。大きな木の切り株を根から掘り起こし抜くという大作業。彫った土は、やわらかく長靴でもなければ、人間も歩けない。猫もこれでは、餌やり場に入って行けない。餌やり場の前の土を少し固めてくれるようにお願いしたが、とても、迷惑そうだった。深夜、12時過ぎ、雨が止んだので、再び、富士見公園。緊急避難処置(一時保護)必要です。餌やり場は、木の根が掘り起こされ、巨大な落とし穴のようです。その土が、こんもりもられた餌やり場の足元。雨で、さらに土はやわらかくなり、長靴さえうまってしまう状態です。これでは、猫も危険です。子猫だったら、泥に埋まってしまいます。幸い、子猫は、全て、保護されましたが。粗末な、餌やり場は、奥行き30センチ程、工事の邪魔になったと思われる屋根はなくなってしまい、これでは、雨ざらし。餌にもありつけません。まだまだ、大きな車や機械がはいり大工事が続く場所。猫達は、恐くて、寄り付くこともできなくなるでしょう。雨が降り続くのにどこで寝るのでしょう。今日は、この場所には、1匹しか見えない。どんなに不安でしょう。工事の邪魔にもなるでしょう。なぜ、手をつける前に、一時保護してあげないのでしょう。猫達は、その日食べることと、眠る場所だけ、あとは、何も欲張らないのに。人間の皆様、命への優しさを捨てないで。
IMG_5677.jpg

IMG_5678.jpg



市議会ご報告
各党、議員より、的を得た素晴らしい質問が続きました。継続審議となりましたが、大変、中身の濃い委員会でした。行政の回答も、前向きとはとれましたが、今後の、動向を見守り、ある程度の方向が出たところで、再審議をお願いすることになりそうです。
委員会の内容は、後日、詳細明記致します。
傍聴にお出かけくださいました皆様、ありがとうございました。

スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック