FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 ペルシャ100ご寄付の報告とお礼
2008年07月17日 (木) | 編集 |
会計報告をさせていただきます。

皆様の猫達へのお気持ち、確かにお受け取り致しました。厚く御礼を申し上げます。
 当初、人手不足や預かり様が足りずに救済活動が難航している様子が伺え、当会と致しましては短期での不妊手術とワクチン、一時預かりと里親探しにより差し当たり数を半分までにしたいとの考えから、協力を申し出たしだいです。
そのため、不妊手術ワクチン等に関しては飼い主を待たず、ご寄付等により早急に進めたいと考えご寄付のお願いを申し上げました。

しかし、猫達の状況が予想以上に悪く出せる状況に無いとの現地のご判断から急遽引き取りは不可能となってしまいました。4匹のみ当会でお引き受けさせていただきました。
引き取りました猫4匹につきましても決して猫達の健康状態はよくありませんでした。心の病が体までも悪くしてしまうのでしょう。当会で、また里親様宅で4匹とも治療を受けております。
残る多くの子達もおそらく同様な状況があるのではないかと想定しております。

こちらでも治療を施しましたが、残る猫達の数の多さから皆様からお預かりいたしましたご寄付の全額82,000円をライフキャッツ様にお振込みさせていただきます。ご了承のほどお願い申し上げます。

尚、通信欄にペルシャと書かれた方のみイニシャルで記載しております。
万が一記載漏れがございました場合にはメールにてお知らせください。

郵便振替
7.2 M.S様   5,000
7.2 Y.K様  24,000
7.4 Y.M様   2,000

横浜銀行振込
7.3 E.U様  1,000
7.3 T.K様  5,000
7.3 Y.T様 10,000
7.4 A.K様 20,000
7.7 K.K様 10,000
7.7 匿名様 5,000

合計     82,000

合計82,000となりました。
ライフキャッツ様へは、7月17日指定口座へ振り込ませていただきます。
皆様からの尊い善意のご寄付が、残る猫達の救済活動に、すぐにもお役に立ちますように会計報告を急がせて頂きました。
当会と致しましては皆様のご期待に沿えず大した活動もできずに心よりお詫びを申し上げます。
皆様、改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

               2008年7月17日 犬猫救済の輪 代表 結 昭子







川崎市動物愛護センター・幼ねこ譲渡嘆願書.pdf

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。
 

★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック