FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 どなたかしら?
2008年07月18日 (金) | 編集 |
暑くなりましたが、富士見公園シェルターの猫たちは、多くの皆様に支えられお陰さまで元気に過ごしております。
猫砂や猫缶、ドライフードなど皆様いつもありがとうございます。感謝致しております。

屋根には日よけのよしずをかけ、窓を開け風通しをよくし、これまたご支援いただきました蚊よけをおいて、この夏ものりきります。



先日と、前にもあったのですが、
富士見公園シェルターの入り口のドアに、レジ袋に飲み物と食料品(人間用)が入ってかけてありました。

    ??どなたかしら??

まったく心あたりがありません。
富士見公園シェルターの場所は、ボランティアさん以外にはあえて公開しておりません。
24時間体制の万全な管理が行き届いていると言えない現状では、猫達の安全を守るために不特定多数の人にシェルターの場所を知られることは危険だからです。

そうしたことでシェルターは目立たない所に目立たないようにひそかにあって、沢山の猫達が守られています。
知っているのは行政担当の方とボランティアさんとほんのわづかな方です。

どなたか、持って来て下さったのでしょうか。
お疲れ様。召し上がってくださいと言う意味でしょうか。
たぶんそういうことだと思うのですが、お気持ちありがとうございます。
でもちょっと、申し訳ないのですが、どなたからかもわかりませんと手がつけられません。

失礼、ごめんなさい。
もし、お心当たりの方は、メール下さいね。


川崎市動物愛護センター・幼ねこ譲渡嘆願書.pdf

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。


★咲ちゃん、鎖肛の手術に向けて・・・応援してください
★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック