fc2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 ☆東日本大震災から11年、生きていることに感謝して、弱い立場の命に手を差し伸べたい ☆怪我をして足を引きずっているのに、不妊手術後戻された猫は痩せて衰弱。 エサやりさん、会社が構内に戻すことを拒否できなかったことを深く後悔
2022年03月11日 (金) | 編集 |
★ボランティアさん大募集
猫たちに愛情を注ぎお世話に協力してくださるボランティアさんを募集しております。
AM7:00~PM24:00までの間、曜日を決めてのシフト制です。週1回より、1日4時間程度、詳細はご相談。川崎駅からバス10分徒歩2分、是非、ご参加を。
お問合せは メールフォームより。詳細は電話になりますので、お電話の繋がる方。留守番電話可。



★JFE救出猫たちの里親会
3月13日(日) 13:00~18:00 雨天決行
川崎市川崎区大島1-28-15グリーンプラザ1F
TNR日本動物福祉病院内


アクセス
1kanban1_201511110202174f8.jpg
里親会ページ参加予定猫の写真は こちら
※必ず、里親会ページの 「譲渡条件(一部)」 をお読みください。
里親会参加予約を受付中。里親会参加ご希望の方は、メールフォームよりご連絡ください。お電話させていただきます。




☆東日本大震災から11年、生きていることに感謝して、弱い立場の命に手を差し伸べたい


東日本大震災から11年になりました。
被災地での活動を通し、沢山の住人さんとの出会いもございましたが、なかなか、連絡を取る時間もないまま年月が過ぎていきます。改めまして、被災された全ての皆様に心からお見舞い申し上げます。
そして、被災地での犬猫救済活動を共にし、1000頭の犬猫の命を救い出してくださった仲間のボランティアさんたちに心からありがとうを申し上げます。

仲間と共に、8年間、動物たちを救い出すために通い続けた福島。
ひとつひとつの場面がくっきりと脳裏に刻まれ、今も夢を見ます。

みんなの手で救い出されて犬猫救済の輪で引き取った犬猫は、丁度1000頭になりました。
飼い主のもとに戻れた子、里親のもとへ引き取られた子。
犬猫救済の輪のシェルターが終生のお家となって今もボランティアさんたちに可愛がってもらって暮らしている子は約50匹です。

力を合わせて被災地で救済活動にあたった仲間たちは、今もそれぞれに地元で動物たちのために活躍されています。
そしてあれから11年、今もひとり、まだ福島大熊町のあの場所に、生存している猫を保護するために、東京から通っているボランティアさんがいます。Hさん、ありがとう。


大熊町は、場所により帰還困難区域のままのところと、解除になり再開発が始まるところがあります。
大熊駅に近いこの場所は、あのときのままの光景を残していますが、4月から再開発工事が始まるそうです。
人が住んでいる場所ではなく、東京からHさんが運んでくれるフードで生きている猫です。
なんとしても、工事が始まる前に保護してあげたい。




先日、Hさんから届いたメールです。
この子は保護できました!
a_2022031100413415b.jpg



この子は残っています!
今夜から3日通って保護できるように踏ん張ります!
z_202203110046058fc.jpg


福島被災地の活動用に皆様のご支援で購入させていただいた、スズキエブリィ2台は、今も日々、動物救済活動に活躍しています。一台は、Hさんが福島の猫たちの救済活動に長距離であろうと、道が悪かろうと走ってくれています。
もう一台は、私、結が毎日フードの買い出しに、猫の捕獲に、里親様のお届けにと乗らない日はありません。
人も車も、動ける限り、猫たちを救い続けることになりそうです。

事あるごとに、人も、そして命あるものすべての生きる時間が幸せであってほしいと祈ります。




☆JFE構内、怪我をして足を引きずっているのに、不妊手術後戻された猫は痩せて衰弱。
エサやりさん、会社が構内に戻すことを拒否できなかったことを深く後悔。




2022/03/09(水)





全国の皆様の沢山の愛が、どん底にいたギリギリの命を救いあげて下さっています。心から、感謝申し上げます。
間に合わず失われてしまった可哀そうな命を想いながら、これ以上はそんな不幸な命がでないようにと、昨日も今日も、今も苦しんでいる猫たちの救出に望んでいます。最後まで見捨てることはありません。これからも、どうぞ、お力を貸してください。
『幸アニマルサポート』 浜田 幸



弁護士JFE申し入れ
JFEホールディングス株式会社  代表取締役 柿木厚司 殿
JFEスチール株式会社  代表取締役 北野嘉久 殿
JFEスチールの動物虐待とパワーハラスメントについて
なにが動物虐待とパワーハラスメントにあたるのか。


弁護士川崎市申し入れ
川崎市長 福田 紀彦 殿 
①一回目申入れ JFEスチール敷地内の飼い主のいない猫に関する申入書
②二回目申入れ 「今この瞬間に命の危険にさらされている猫の救出を行うことが市長及び愛護センターの責務であると考えます」


★ご意見はこちらにお願いいたします。
川崎市長へのご意見はこちらにお願いいたします
総務企画局秘書部秘書課
電話:044-200-2010
メール17hisyo@city.kawasaki.jp


JFEスチールへのご意見はこちらにお願いいたします
JFEホールディングス本社(親会社) 03-3597-4321 
JFEスチール本社            03-3597-3111
JFEスチール東日本製鉄所(京浜地区)総務 電話番号 044-322-1119


★JFE関係者様(出入りされている方)限定、猫問題ご相談は、こちらから 
JFE構内で働かれている方からの、保護依頼をお受けしております。
★専用メールフォームJFE敷地内で怪我や病気・衰弱している猫、子猫、また、危険な場所等の救いたい猫がいましたら専用メールフォームからご連絡ください。引取り保護をさせていただきます。費用はかかりません。ご一報ください。
★JFE猫里親募集・預かり募集フォーム 
JFE構内から救出されました猫たちの里親になってください。または、1年以内のお預かりをお願い申し上げます。
里親・預かりメールフォームよりご連絡ください。お電話させていただきます。。一年半後、行き場を失う扇島高炉跡と、間もなく閉鎖になる渡田地区の猫たち保護が急がれます。可愛がってくれていた従業員さんが会社を辞めれば、突然飼い主を失うようなもの、JFEは、住宅地ではない危険がいっぱいの製鉄所の敷地内に猫を抱え込むべきではありません。大規模再開発工事が始まれば地域猫どころの話ではありません。猫を守ることなどできません。子猫も成猫も保護譲渡が必要です。
そのために、受入れ先=里親様を募集しています。譲渡には条件もございますが、神奈川・東京近郊のご家族様、詳細は、個別にお話しさせてください。遠方の場合もより一層慎重に検討させていただきます。また、預かり、引取りにご協力いただけます団体様もご連絡宜しくお願い申し上げます。預かりでも里親同様、脱走対策等の条件がございますことをご了承ください。


◆医療費のご協力をお願い申し上げます。
レスキューされてくる全ての猫たちに医療が必要です。医療費が全く足りていません。どうか、多くの命が救えますよう医療費のご協力をお願い申し上げます。

支援金お振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 

郵便振替は、通信欄に使途目的(例・・・JFE・イリョウヒ・一般寄付・シェルター支援)等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (例・・・JFE・イリョウヒ・イッパン・シェルタ)等とご入力下さい。一般寄付は、今一番必要としているところに使われます。

♥マンスリーサポーター(クレジットカードより今回のみ、または毎月500円からの定額ご寄付で、恵まれない動物たちの救済活動を助けます。)になっていただけます方は、こちら です。


◆支援物資のお願い
※不足しています。JFE猫用ドライフード・缶詰・パウチ等、種類問わず。ご協力宜しくお願い申し上げます。
★楽天欲しいものリスト・カロリーエース・猫元気3袋セット・猫元気大袋・銀のスプーン各種・ミャウミャウパウチ各種・紙砂80L ・たまの伝説腎臓配慮・猫元気腎臓用ドライ・柔らか焼きカツオ・箱シーバ・シーバドライ ・黒缶各種・金のだしちゅーる・健康缶パウチ・黒缶18歳・黒缶15歳・たまの伝説まぐろ・たまの伝説かつお・トイレの紙砂種類問わず・チャオとろみ14歳・高齢猫用② ・高齢猫用③焼津のまぐろ・金のだしカップ14歳健康缶パウチ ・にゃんにゃんカロリー ・a/d缶・ウエットフードパウチや缶詰種類問わず・猫缶④ ・猫缶⑤・にゃんにゃんかろりー・ミャウミャウトール缶・いなばちゅーる①・ちゅーる②・銀のスプーン20歳・トイレの紙砂・乾電池 単2単4・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド・段ボール爪とぎ・パウチ金のかつお・ロイヤルカナンベビーキャット
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛




 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






スポンサーサイト