FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 7-28
2006年07月28日 (金) | 編集 |
10時から会議と聞いていたのでその前にと電話。予定変更で不在と言う。結「お忙しいのは、よくわかります。お時間のありますときに電話を下さるようにお伝えください。」渡辺「担当者に回します。」結「いえ、坂本部長とお話しさせてください。」渡辺「代わりの者が」結「部長でないとわからない話しです。」渡辺「上司に聞いてみます。」渡辺「やはり、担当者に代わります。」結「内容が、部長でないとわからない話しですと言っているのです。」渡辺「一寸、お待ち下さい。」渡辺「やはり、同じです。」結「誰に聞いているのですか。」渡辺「上司です。」結「上司のお名前は。」渡辺「・・・」結「坂本部長と前回話したときに、時間も足りず、また、用事のあるときは連絡するという事になっています。部長の都合に合わせますので連絡くださるようお伝え下さい。」渡辺「基本的に、電話は、頂くことになっておりますので。」結「はぁ、何度でも、電話代は相手に使わせてかけさせろということですか。こちらも、いる時間にと合せて電話しているのですから、変更で不在ならこちらからおかけ致しますくらい言ってもいいのではないですか。仕事でしょう。」渡辺「そう言われていますので。」結「坂本部長は、今度いらっしゃるのはいつですか。」渡辺「8月1日の午後はいる予定です。」結「わかりました。私の申し上げたことを、必ず、お伝え下さい。」

担当者とは、健康福祉局生活衛生課ナガノさんのことのようです。そのあと、ナガノさんから電話あり。結「坂本部長への電話は、坂本部長でないとわからない話です。ナガノさんへの用事ならナガノさんへ電話します。せっかくですから、健康福祉委員会で、議員の先生方から、おっしゃって頂いたことについて、前向きに検討とのことでしたが、今後、いつ、どこで、どのように進められていくのか教えていただけますか。」ナガノ「健康福祉局で検討し、要綱に盛り込みます。」結「改善が必要な内容ですが、委員会の中で、助成金を1世帯3匹から5匹にするという具体的な答弁がございましたが、議員さんから、野良猫問題を正面から見て、5匹などと制限せず改善をとの要望がありましたが、」ナガノ「議員さんは、できる限りと言いました。」結「いいえ、5匹ではなく制限せずにとはっきりおっしゃいました。」ナガノ「そう言った議員もいますが、できる限りということでできる限りが5匹です。」結「例えば、公園にいる20匹の猫の5匹に不妊手術を施しても、残りの15匹が繁殖したら、元の黙阿弥です。残りの15匹の手術をして下さる人を待っていても、大きな自己負担が伴うことですから、その間に繁殖してまた、増えてしまうのです。増やさないという目的をはっきりして、その目的達成のための策でなければなりません。」
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック