FC2ブログ
動物病院とシェルターを併設した愛護団体です。飼い主のいない犬猫たちに不妊手術と医療を!! 老猫・傷病猫100匹の保護猫がシェルターで暮らしています。 救えるのは皆の愛!応援して下さい! 心ある獣医さん、ボランティアさん、募集中!
 今期・知夫村タヌキ駆除撤廃をめざして 
2008年11月06日 (木) | 編集 |
今期・知夫村タヌキ駆除撤廃をめざして 
新村長・矢田辰夫氏に期待!



皆様へお願い
 知夫村・矢田辰夫新村長にタヌキの駆除撤廃をお願いしてください。


9月21日、新聞にタヌキ駆除再開の可能性について、担当の産業課のコメントが紹介されました。(タヌキ駆除を) 「再開するかどうか、柵をつくるなど、できるかぎりの対策をとった上で決めることになっています」 (朝日新聞)

そして、10月21日、知夫村に新村長が誕生しました。矢田新村長は知夫村の観光振興を政策の大きな柱にあげています。知夫村のタヌキは「知夫タヌキ」「弥太タヌキ」としてキャラクターグッズの販売、タヌキにちなんだ特産品、観光関係パンフレットなどで、長い間、島の観光の目玉として貢献してきました。(以下の画像参照してください)新村長には,知夫村を「人とタヌキが共生する優しく美しい島」にしていただきたいと思います。

tibutanuki.gif
知夫里島観光協会HPより

CIMG0886.jpg
2008年2月知夫村視察訪問時に宿泊しました「ホテル知夫里」の売店で、記念に買ったキーホルダーです。

タヌキの被害が出やすい冬を迎えます。駆除を撤廃するために、今が一番大事な時です。


*今年度、村議会では 被害防除のネットや人件費、専門家の講習会に予算をとりましたが、有効につかわれているのでしょうか。

*タヌキとの共生のために、現在、どんな対策をとっているのでしょうか。


当会も厳重警戒をしておりますが、どうか、知夫タヌキたちが今期、捕殺されないように、皆様の声を新村長に届けてくださいませんか。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

知夫村役場(矢田辰夫 村長)
〒684-0102島根県隠岐郡知夫村1065番地
村長室TEL 08514-8-2345
知夫村役場 08514-8-2211
FAX 08514-8-2093                                                          メール  ocean-dream@chibu.jp


島根県庁へもご意見をお願いいたします。

1)知事への提言
teian@pref.shimane.lg.jp

2)島根県広聴広報課
 住所:〒690-8501島根県松江市殿町1番地
 電話:0852-22-5771
 FAX:0852-22-6025
 Eメール:kouhou@pref.shimane.lg.jp


3)島根県農林水産部鳥獣対策室、山下室長
島根県農林水産部森林整備課鳥獣対策室 〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
E-mail: shinrin@pref.shimane.lg.jp Tel: 0852-22-5160 Fax: 0852-22-6549





■飼い主のいない猫を考える 広報いちかわ

■致死まで平均47(自民党動物愛護推進議員処分場見学レポートより)改善する必要
■川崎市動物愛護センター・幼ねこ譲渡嘆願書.pdf

banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』

|

★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する