シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 本日、犬猫里親会/エサやりマップできました。/2008年度一般寄付ご報告
2009年02月01日 (日) | 編集 |
子犬と猫の里親会 

2月1日(日) 12時~17時 雨天決行
ペットスマイル蒲田店 店頭

子犬3匹さん、参加します。会いに来てくださいね。
河川敷で純血柴犬2才♂を保護された方が保護場所がなく困っています。緊急里親募集、宜しく御願い致します。大人しくて可愛いワンちゃんです。

生後4ヶ月♂の兄弟です。ワクチン2回済み。
39192340_30.jpg

推定2才 かれんちゃん、長毛 ♀ ワクチン1回済み。不妊手術済。
karen2235.jpg

推定2才 サンデー君 真っ黒、大きな♂ 活発、甘えっ子。ワクチン1回済み。不妊手術済。
sannde2221.jpg




エサやりマップできました。

町内会の不妊手術がほぼ落ち着いてきましたので、今後を考え、少しづつ問題解決に向けて動いています。
私達から見て問題といえる餌やりさん、Aさん、Bさん、Cさん、Aさんは、自分の主張ばかりで人の話しはなかなか聞き入れません。
町会の方で相談し、町会の方が上手にお話をして下さって少しづつ進んでいるようです。Cさんは、他の地域から餌やりに来ているのでこちらもまた難しいです。

Bさんは、私も、餌やりの現場で何度か出合って話しましたが、「みんな、私が悪いのよね。」と開き直られてしまいます。
こちらも、数年前から「Bさんがひたすらエサをばら撒く公園で繁殖して何十匹にも増えた猫を自費でTNRしてきましたので、正直、「アッタマきちゃう」と言いたいところ。

そんな時ちょうど荒川区の野良猫の餌やり禁止条例の問題が取り立たされていました。

問題になっている餌やりさん、どうすればいいの?

問題行動を起す原因はなんなのか。迷惑、悪いと決める前に、よくよく話を聴いたのか。

この人もこの町で暮している人、行く所もない。

できるかわからない。でも、自分が変わってみよう。
「Bさん、アパートの住人からも苦情がきてるし、まずは自分の家の子を不妊手術しなかったら、ここにいられなくなっちゃうよ。大家さんも不妊手術に協力するって言ってくれてるんだからありがたいよ。やりましょうよ。」

Bさんの住むアパートの周りとBさんの部屋に出入り自由の猫さんと、不妊手術が必要なことは理解したようです。
大家さんはとても優しい方とお見受けしました。
多くの数のTNRにお金がかかります。
川崎市の助成金を受け低料金の病院でやる事にしました。助成金は1軒3匹までですので、Bさんが3匹、大家さんが3匹で6匹を不妊手術することになり、Bさんにも手伝ってもらい捕獲して私の車で病院に運び不妊手術をしてもらいました。
助成金の申請に川崎区役所保健所に行くと、今期は予算オーバーで締め切りましたとのこと、残念。結局、大家さんにもご負担かけるわけにもいきませんし、今回は私が自費で精算。まだ残っているアパートの周りの猫たちの手術は4月になったら新たに助成金を受けてやりますということになりました。でも、それだけ市民に助成金制度が浸透し、使われているということは良いことですね。需要に応じて予算アップしていただかないといけませんね。

猫達をリリースするため再びBさんのアパートを訪ねますと、この時からBさんの態度がガラッと変わってしまいました。
「ありがとうございます。ありがとうございます。」と何度も頭を下げます。公園猫20匹不妊手術したときは、それほどありがたそうでもなかったんですけど。飼い猫といいますか、また一段と可愛がっている猫達が手術を受けるのがとても心配だったのでしょうね。

言葉というのは、同じ「ありがとう」という言葉にもその口調、音調にその人の心が現れます。口先だけの「ありがとう」では何もこちらの心に響きませんが、心からの「ありがとう」は、その気持ちがちゃんと伝わります。

閉ざされていた心が開かれたのを感じました。

それから、とても協力的になりました。

いったい何箇所の餌やりをしているのか、何処かで出会うたびにきいてはその後をTNRしてきました。
人間関係はよくありませんから、こちらも「まったくこの人のせいでたまったものじゃないわ。」と思っているし、あちらも、何か言われると思って「もう、ここだけ」とか言って全部を明かしません。

そんなでしたが、今度は、「協力します。宜しく御願いします。」という感じです。

で、やったことは、まず、かなり広範囲の地図を用意しました。
それから、Bさんをアパートまで迎えに行って、私の車でBさんの餌やり全コースを一緒に回り、ここは何時の餌やりで、どんな色の猫が何匹くるというように地図に書き込み。

エサやりマップ完成です!

「本当に、これだけ、もう一箇所もない。」「ありません。」どうやら、本当のようです。

しかし、完成、エサやりマップ!喜んでいいのでしょうかー。
不妊手術をしていない猫は、わかっただけでも・・あ・と・22匹いました。

気合い入れますかー。



2008年度一般寄付収入の部のご報告を、犬猫救済の輪HP 会計にてご報告させていただいております。


当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17 川崎市動物愛護センター収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14 「川崎市動物愛護センター収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16 川崎市動物愛護センター公開質問2
■H21.01.19 川崎市動物愛護センター公開質問2回答
■H21.01.26 川崎市動物愛護センター公開質問3-1
3-2
■H21.01.29 川崎市動物愛護センター質問回答日について ・ 当会返信
〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』



★中川こうじさん「のらねこ。~ちいさな命の物語」写真展(神戸市灘区)
★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する