FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 フォスター・ペアレント(ツルちゃん)
2009年02月16日 (月) | 編集 |
フォスター・ペアレント様 ありがとう
 ツルちゃん 白(クリーム) ♂

フォスター・ペアレント  H 様 (東京都)


ご長寿猫のツルちゃん。
CIMG1541.jpg

ツルちゃんは、カメちゃんと一緒に岡山県からきました。
難病を持つ飼い主さんは、当初は当会のケイちゃんという子のフォスター・ペアレントになって下さっていました。
まだパソコンもないときでした。当会のボランティア宛とケイちゃん宛にいつも2通の手紙を封筒に入れて送ってきました。その内容はとても明るくて手紙が来るたび「ケイちゃん、手紙来たよ。」と読んで聞かせ笑ったものでした。
飼い猫とケイちゃんは生きがいでしたが、38歳でみんなとお別れしなければなりませんでした。

生前からのお約束と遺言で、ツルちゃんとカメちゃんは当会にきました。
ツルちゃんがご長寿なのでその間のことがいろいろ思い出されます。

パソコンも必要にせまられ少しだけ覚えました。
「猫の集会場」に集まった多くの皆様からご支援をいただきました。
そしてその中でフォスター・ペアレント制度を紹介してくださった方がいて何人ものフォスター・ペアレント様に恵まれました。

飼い主さんを亡くし、寂しかったツルちゃんカメちゃんにもフォスター・ペアレント様という養い親ができました。里親探しなどでは一般には子猫や健康な子がのぞまれますが、フォスター・ペアレント様は飼い主がいない、里親が決まらないそういう恵まれない子達をささえてあげたいと言って下さる優しい方達ばかりです。
H様は、その中でも更に年とっている猫さんや寝たきりのワンちゃん等の、フォスター・ペアレントさんを見つけるのさえも難しいような子のご支援を申し出てくださいます。

ケージに毛布を入れるとツルちゃんはその中にすっぽりもぐってしまい一寸臆病でした。カメちゃんたよりに一緒に寄り添って暮し、こちらの生活にも慣れましたが、今度はカメちゃんが老衰で先立ちました。

心配しましたが、ツルちゃん、みんなの愛情で今も尚、元気に過ごしております。
ツルちゃんが、シーバが大好きなので、他の子たちもシーバ大好き猫が増えました。
フォスター・ペアレント様のお陰で、「美味しいもの食べたい」の欲求も満たしてあげられます。
先日、近くのホームセンターでシーバ¥298、ダンボール50ケース車いっぱいに買ってきました。

ツルちゃんの目のまわりが赤いのは来たときからで治りませんが、他には病気したこともなく今はスタッフにベッタリと甘え過ごしております。

ツルちゃんの穏やかな日々が、長く、長く、続きますように。

フォスター・ペアレント様、ありがとうございます。

CIMG2162.jpg


当会のブログ・HPはリンクフリーです(転載・コピー可)
動物行政の改善のために多くの方に広めてください。


■H20.04.17川崎市動物愛護センター 収容幼ねこ・譲渡促進の嘆願書
■H21.01.05川崎市動物愛護センター 「収容幼ねこ譲渡実績」公開質問

■H21.01.14川崎市動物愛護センター 「収容幼ねこ譲渡実績」公開質問回答.pdf
■H21.01.16川崎市動物愛護センター 公開質問2
■H21.01.19川崎市動物愛護センター 公開質問2回答
■H21.01.26川崎市動物愛護センター 公開質問3-1
3-2
■H21.01.29川崎市動物愛護センター 質問回答日について ・ 当会返信
■H21.02.02川崎市動物愛護センター 収容幼猫譲渡要望に関する補足
■H21.02.04川崎市動物愛護センター 公開質問3回答
■H21.02.10川崎市動物愛護センター 環境省見解に関する公開質問4
■H21.02.13川崎市動物愛護センター 環境省見解に関する公開質問4回答

皆様のご意見・ご要望をお寄せ下さい
〒213-0025
川崎市高津区蟹ヶ谷119
川崎市動物愛護センター
電話 044-766-2237
FAX 044-798-2743

メール
35dobutu@city.kawasaki.jp


ポメママの預かり日記



banner_02.gif にほんブログ村 猫ブログへ d_01.gif
一日一回ポチポチッと動物愛護をすすめましょう。

『野良猫に、すべての命あるものに、適正に食べ物を与えましょう。』
『野良猫の不妊手術は、行政がやるべきことです。』



★のらねこ(野良にゃん写真集) 

★シェルターの猫たち
★『犬猫救済の輪』
★次回里親会
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する