FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 大拡散希望!!【署名協力のお願い】  茨城県は犬を殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください
2019年07月11日 (木) | 編集 |
大拡散希望!! 【署名協力のお願い】
☆助かる命まで殺すという茨城県動物指導センター



署  名     
           
茨城県は犬を殺すためのガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください


  o0750056214494505518.jpg
茨城県では、「犬猫殺処分ゼロをめざす条例」が施行され、昨年12月からは半年にわたり殺処分を行わずにいました。そのため犬の収容数が多くなりましたが、生かすために収容場所を広げることなどはせず、犬を間引き殺処分して収容適正数を保つことにしました。この間引き殺処分を行うために県は6月、ガイドラインを作成し発表しました。これは譲渡適性がある犬か譲渡不適の犬かを判定するもので、譲渡不適とされた犬を殺処分の対象とするものです。けれども、そもそも茨城県センターに収容される犬の大部分は迷子の元飼い犬たちであり、凶暴な犬はほとんど見当たりません。収容適性頭数を越えた犬は譲渡適性があるにもかかわらず譲渡不適と判断され殺処分されてしまいます。しかも、譲渡不適として殺処分した犬達は殺処分にカウントすらされず「ニセの殺処分ゼロ」が宣言されるわけです。茨城県の「ニセの殺処分ゼロ」を目指す方法が、全国自治体に広がる恐れがあります。この生命軽視のガイドラインを撤廃し、生かすための施策を推進してください。
 
要望
1本ガイドラインを即刻廃止すること。
2動物指導センターの敷地に犬舎を増設し、過密収容を避け個別管理を徹底すること。
3県内1箇所ではなく複数箇所に保護譲渡機能を分散させること。
4職員増員やドッグトレーナーの雇用とボランティアの受け入れを行うこと。

署名送付先・連絡先:  全国動物ネットワーク (担当:小田島)
〒305-0051 つくば市二の宮2-7-20 坂本博之法律事務所
029-851-5580 (TEL)  029-851-5586 (FAX)
  


手軽にできるオンライン署名はこちら。
https://www.change.org/p/%E8%8C%A8%E5%9F%8E%E7%9C%8C%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E6%AE%BF-%E8%8C%A8%E5%9F%8E%E7%9C%8C%E8%AD%B0%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E9%95%B7%E6%AE%BF-%E8%AD%B2%E6%B8%A1%E5%80%99%E8%A3%9C%E7%8A%AC%E3%81%AE%E9%81%B8%E5%AE%9A%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3-%E3%82%92%E6%92%A4%E5%BB%83%E3%81%97-%E7%94%9F%E3%81%8B%E3%81%99%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E6%96%BD%E7%AD%96%E3%82%92%E6%8E%A8%E9%80%B2%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84


署名のダウンロードはこちらから。
https://docs.google.com/document/d/1JQNvjEPtZWCFMqqbb6CZE5FTOQSW4N0u1hyPyYdifoY/edit?usp=sharing



参考
知事定例記者会見要旨
http://www.pref.ibaraki.jp/bugai/koho/hodo/press/19press/p190624.html##4

ガイドライン
http://www.pref.ibaraki.jp/soshiki/hokenfukushi/doshise/documents/guideline.pdf




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



特定非営利活動法人 KDP KANAGAWA DOG PROTECTION様 ブログ転載させていただきました。
https://ameblo.jp/risurisugogo/entry-12491991910.html

CAPINさんの常総シェルターにお邪魔させて頂きました。

NEW!2019-07-09 09:44:18
テーマ:センターから新入部員

o4032302414496535600.jpg




o4032302414496535727.jpg



お邪魔させて頂き迎え入れてくれた犬達の表情に
まるで広大な土地で保護されて生活している
海外のシェルターの犬達の様ななんとも自由に
人との距離感を上手く人、犬共に分かり合い
信頼し合い暮らしている事が瞬時に
手に取るようにわかりました。

私のところの犬達とは違う表情にシェルターに入って
すぐに自分の心を改める勉強になった訪問でした。



シェルターにお邪魔する前にトラップ場所の
最後の片付けに寄ったのですが
八間堀さんがまた現地に来ていてくれて
お手伝いとシェルターへ案内して下さいました。
八間堀さん いつも沢山の気持ちをありがとうございます。


今日お邪魔させて頂いた理由がこの子達。
メキズ、チビママ、子供チビ。


捕獲をした責任と1ミリだけですが茨城の為になるなら
メキズとチビママを預からせて下さいとキャピンさんに
お願いしていて代表さまと八間堀さん、ボランティアの
皆様にお許しを頂き引き取りに来たのです。

皆様にとって沢山思い入れがあるメキズとチビママ。
八間堀さんとの話し合いで
長年常総野犬に関わって来た方達と
八間堀さんの気持ちを話し合い
どちらか一頭を預からせて頂ける事となり

今までの八間堀さんとの話を何となく探って
チビママを預からせて頂くことにしました。

八間堀さんの気持ちは大丈夫だったかな?
チビママで大丈夫だったかな?

せっかくお邪魔させて頂いたのに一頭だけでは
申し訳無かったのですが

今後のこともお話させて頂きシェルターを後にしました。


チビママは流石堂々としていて
無駄がなく車も大人しく乗り
時折外を見る顔からは笑顔も見え隠れしましたが
笑うしかなかったのかもしれません。


チビママを連れて行く時のメキズの顔は
とても冷めていて

捕まえた人はチビママを連れて行くのかと
瞳の奥で静かに物語っている様で
とても複雑な気持ちになりました。
ごめん、でもお互いに前へ進もう。



帰宅後
ハルカの定位置だった場所へ

様々な方達の思い。
メキズ、チビママの思いを胸に
沢山これからチビママと向き合って行く。

これだけです。



☆支援物資のお願い川崎
※茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊救済活動にて、猫用トイレに新聞紙を利用しています。TNR日本動物福祉病院にお届けいただけます方がいらっしゃいましたら土浦便でお届けさせていただきます。ご協力お願い致します。
楽天ほしいものリストはこちら
・トイレの紙砂・猫元気子猫用・カルカン子猫用種類問わず・ロイヤルカナンベビーキャットウエット・ロイヤルカナンベビーキャット ・森乳粉ミルク・カロリーエース  ・猫ちゃん牛乳・美味しい缶詰元気のない子用・気まグルメ・猫缶・ファミリー缶 多頭保護猫用猫缶種類問わず・ペットシーツ中厚レギュラー ・ペットシーツ中厚ワイド・a/d缶 ・トイレの紙砂・焼カツオ高齢猫用・箱シーバ 
・健康缶パウチ腎臓食・健康缶パウチ腎臓食18歳・焼きカツオ高齢猫用・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・猫缶メーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・箱シーバ・養生テープペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド ・ワンラックキャットミルク100缶 ・スマックドライ多頭用・20Lポリ袋 ・ポリ袋トイレ猫処理用・ワンラック哺乳器用乳首30個・ちゅーる 

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・成猫用ドライフード多頭用大袋キャネット・焼きカツオロイヤルカナンキトン・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。



犬猫救済の輪へのご支援に、クレジットカードが使えるようになりました。(=^・^=)   
詳細はこちらをご覧ください >>> キャンペーン 猫のバースデードネーションも開催中♪






 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






 ☆茨城県動物指導センター 亡くなった子たちに祈りを
2019年07月07日 (日) | 編集 |
☆お知らせ

★犬猫救済の輪 7月 猫の里親会予定
   7日(日)       蒲田ペットスマイル
  13日(土)・14日(日)TNR日本動物福祉病院内
  20日(土)       TNR日本動物福祉病院内
  21日(日)       戸越銀座ペットスマイル
  27日(土)・28日(日)TNR日本動物福祉病院内

★犬猫救済の輪7月センター等よりの猫受け入れ予定数上限
  乳のみ~子猫 50匹迄  傷病成猫10匹迄

★ご協力のお願い
・年間を通し子猫の保護数が一番多い時期です。里親になって下さい。川崎市動物愛護センターからもお電話をいただいておりますが、来週は、成猫の受入れもあります。飼い主放棄の猫や老猫、猫エイズキャリアの子の里親ご検討も宜しくお願い申し上げます。
・週一回一日4時間程度、保護猫のお世話ボランティアに参加をお願い致します。お仕事の帰りの短い時間等も可。メールフォーム 
・多頭引取りに伴うワンラックキャットミルク、子猫用ウエット・保護成猫用種類問わず缶詰・ペットシーツレギュラーとワイド等が不足しています。支援物資・支援金のご協力をお願い致します。
・茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊救済活動 トイレの砂が買えないため新聞紙を使用しています。TNR日本動物福祉病院にお持ちいただけます方がいらっしゃいましたらご協力ください。搬送便で土浦にお届けさせていただきます。

         sie446_2019070618331435a.jpg



☆ご紹介
保護犬・保護猫たちの命をつなぎたい。
リードと首輪づくりから広がる。保護犬、保護猫支援の輪。


得意な手芸を活かしたパラコード紐製のリードや首輪をプレゼントする「uchinokoプロジェクト」を立ち上げ。リードや首輪を保護団体さんにプレゼントして、直接使っていただいたりバザーなどで役立てて欲しいそうです。

動物愛護は難しい事ではありません。
不幸な命を知るきっかけから
何かできることは・・・そして小さな行動へ

小さな応援もそのひとつです。ご寄付また拡散など・・・よろしかったら、ご協力ください。
https://readyfor.jp/projects/uchinokoproject

hogoinuneko.png




☆茨城県動物指導センター 亡くなった子たちに祈りを

徹底した入口対策が求められます。
センター収容犬の殆どは、飼い主が遺棄したか、飼い方に問題があって脱走した等の放浪犬です。
遺棄は犯罪ですが、その捜査はされていません。しようともしていません。
人間ならどうですか。

飼い犬と思われる犬が収容される。遺棄の可能性があると考えられるならば、告発するべきではないですか。告発は、確実に遺棄した証拠がなくても可能性があったらする、何より間違いなくセンターに収容された犬がいるのですから。その犬を殺してしまうことはその犯罪さえも消してしまうことになります。それがまかり通っているのです。
捜査は、愛護法により警察がやるべきことです。アニマルポリスがなければできないことではありません。

また、それ以前に、
http://banbihouse.blog69.fc2.com/category65-1.html
茨城県保護指導課は、特に犬の収容が多い地区を中心に条例の改正点を含め、逸走防止や鑑札装着に解決に至る徹底した入口対策が求められます。

そのひとつひとつの命に、本当に自分を置き換えて考えられているか、そこで人の考え方は違ってきます。


CAPIN様ブログより

パルボ騒ぎで犠牲になった35頭の内訳

センターの全収容犬を遺棄犯罪の証拠物件として被疑者不詳で告発



o1080080914494505502.jpg



o0750056214494505518.jpg



o0800059914493996330.jpg



      ☆☆☆ 茨城県動物指導センター 亡くなった子たちに祈りを ☆☆☆





☆支援物資のお願い川崎
※茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊救済活動にて、猫用トイレに新聞紙を利用しています。TNR日本動物福祉病院にお届けいただけます方がいらっしゃいましたら土浦便でお届けさせていただきます。ご協力お願い致します。
楽天ほしいものリストはこちら
・トイレの紙砂・森乳粉ミルク・美味しい缶詰元気のない子用・気まグルメ・猫缶・ファミリー缶 多頭保護猫用猫缶種類問わず・ペットシーツ中厚レギュラー ・ペットシーツ中厚ワイド・子猫用ウエット種類問わず  ・a/d缶 ・トイレの紙砂・焼カツオ高齢猫用・箱シーバ 
・健康缶パウチ腎臓食・健康缶パウチ腎臓食18歳・焼きカツオ高齢猫用・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・猫缶メーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・箱シーバ・養生テープペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド ・ワンラックキャットミルク100缶 ・スマックドライ多頭用・カロリーエース  ・猫ちゃん牛乳・20Lポリ袋 ・ポリ袋トイレ猫処理用・ロイヤルカナンベビーキャット・ワンラック哺乳器用乳首30個・ロイヤルカナンベビーキャットドライ ・ロイヤルカナンベビーキャットウエット・ちゅーる 

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・成猫用ドライフード多頭用大袋キャネット・焼きカツオロイヤルカナンキトン・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。



犬猫救済の輪へのご支援に、クレジットカードが使えるようになりました。(=^・^=)   
詳細はこちらをご覧ください >>> キャンペーン 猫のバースデードネーションも開催中♪






 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






 ☆茨城県動物愛護行政は・・・。 ☆7月7日(日)猫の里親会蒲田駅1分
2019年07月05日 (金) | 編集 |
☆犬猫救済の輪 猫の里親会
7月7日(日)12時~17時 雨天決行
大田区西蒲田7-66-12JR蒲田駅西口1分サンロード商店街 
ペットスマイル 蒲田店



kamata.gif


IMG_8123_201907050300149f7.jpg
IMG_8131_2019070503001510d.jpg
IMG_6538s_20190705030700ff9.jpg
20190627021413595s_20190705030659d54.png
IMG_8153.jpg
IMG_7697_20190627023816ffa_20190705030018776.jpg
IMG_7950_20190627020319e21s_20190705030019941.jpgIMG_7941_20190627021029bc5s_2019070503070198a.jpg
IMG_7092s_20190705030021944.jpg
image3_201906160544006c2_20190705030139036.jpg
D8fOmpaUwAAUpAc_20190705030141c25.jpg
IMG_7747s_2019070503070461d.jpg
20190616_211113_20190705030703c82.jpg
D6zuWT8U0AAdu16s_20190622180153c1e_20190705030706151.jpg
D6zuWUNUYAAsKKcs_20190622180155503_201907050307077be.jpg




☆茨城県動物愛護行政は・・・。

前のブログ記事は、最後に、茨城にもう一度、正しい方向を向いてもらえるために投じたつもりです。願いは届くでしょうか。全国の皆様、動物たちのために祈って下さい。
全国のお手本になれるような良い方向に導いていけるような、茨城県動物愛護行政のシステムを作りたかったのですが、このままでは全国に大きな悪影響を及ぼしかねません。

☆私は、譲渡不適性と言われる一頭の犬です。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7014.html

☆殺処分ゼロの目標基準の変更を茨城県が発表。
 対象となる犬猫数が従来目標の4%に
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-201906.html

☆茨城県動物愛護行政 大きく後退
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7019.html





必死で救い続けてきたことに後悔はありませんが、茨城県が、『真の殺処分ゼロ』を目指しているものと信じてきました。
沢山の改善がなされてきました。やっと一番弱いところに置かれた傷病動物やなついていない命に目を向けてもらえると信じ頑張ってきました。期が新しくなっても、当会では、まだ実現できていない点を議員の先生にも、茨城県生活衛生課にも念押しでお願いしていました。予算が足りないなら、不妊手術やフードの助成金も有難いけれど、何よりこうした譲渡が難しい子たちにこそ予算を使ってあげて欲しいと。
けれど、返ってきた決定は、その命は、「譲渡不適」殺処分数にもカウントされない命。
譲渡不適と判定されない健康な命までも殺処分して数を適正に保つという要望に応じた決定。
もし携わる多くの人たちが、殺処分はいけないと声をそろえたなら、決して達成できない今の茨城県ではないはずなのに。
あまりの命の扱いに、未だにそのショック、絶望、失望から立ち上がれません。


それでも、今も、苦しみの中で救いを待つ100gの乳飲み子たちが力なく鳴いて、助けてと鳴く声が小さくなって横たえていく姿が脳裏に浮かんで、苦しくていてもたってもいられません。




☆殺処分指針廃止を 犬猫譲渡選定
  保護団体、県に意見書

令和元年7月4日 茨城新聞

kk





☆7.3 県知事にガイドラインに関する意見書を提出(CAPIN様ブログより転載です)

https://ameblo.jp/capin-blog/entry-12489991697.html

2019-07-04 09:52:54NEW !
テーマ:2019 ストップ!センター犬の殺処分


o0800099414491053532.jpg
うみごりぺったんさん、ありがとうございます!


譲渡不適正って、何?
o0753095014491053547.jpg


生きたいんだ!
人間はそんなに偉いの?
o1080080914491053570.jpg


ぼくたちも、同じ地球に生まれた子だよ。





7月3日、県知事あて意見書と要望書を提出するため、茨城県庁に向かいました。
o1080080914491049143.jpg


安易な殺処分につながるガイドラインをただちに廃止すること、および、真の殺処分ゼロを目指すことを求め、県知事あてに意見書と要望書を提出しました。
o0809108014491049151.jpg

o0809108014491049169.jpg

o0809108014491049181.jpg

o0809108014491049192.jpg

o0809108014491049205.jpg

以上、意見書です。
雨で濡れてしまい、読みづらく申し訳ありません。
o0863108014491049215.jpg

o0954075414491049229.jpg


提出に先立ち、県庁記者クラブで、会見を行いました。
o1080081014491049238.jpg
(会見写真)
坂本弁護士、箱山弁護士、カナダSPCAイングリットさん

NHK、新聞社6社が参加し、1時間にわたる記者会見を行いました。

知事室を訪ね、秘書課に手渡しました。
担当課(生活衛生課)にも提出しました。
o1080080914491049243.jpg





このような不当なガイドラインに基づいて安易な殺処分が行われることは絶対に許しません。断固阻止していくため、県との交渉、県への提言も続けてまいります。

また、ガイドラインを、同日、担当課からいただきました。県議会、委員会にもはからず、委員たちも知らず、作成後も秘密裏にされ、入手すらできなかったガイドライン。

ガイドライン発表の直前に県庁生活衛生課を訪ね、パルボ罹患のセンター救済をお願いしに直談判したときも、一切知らされませんでした。

直前に開かれた愛護推進委員の集まりでも触れられなかったそうです。
このように、策定の過程があまりに非民主的です。
 
こんなガイドラインはあり得ません。命をなんと思うのか。

譲渡不適な犬なんていない。
そもそも犬は社会性ある愛護動物です。
どんな犬だってだんだん変わるし、生きる権利があります、殺す理由なんかない。

心傷ついた犬もだんだん心開く。
野犬の怯えた瞳が信頼の眼差しに変わる。

病気を持ち、あるいは怪我をしていても、私たちが淡々とやるのは手術と医療と投薬です。

また、年をとっているからといって、わざわざ殺してしまっても良いでしょうか。

怖がりといって、慣れていく時間を与えず、毒エサを食べさせるのでしょうか。

446頭殺処分したのに譲渡不適切な犬は殺してもカウントしないため殺処分は18頭だけにできてしまうなんて、そんな嘘まやかしが通用するでしょうか。

これは、命への冒涜です。

カナダの動物保護団体SPCAから来日されたイングリッドさんが、ガイドラインの内容に驚いておられます。

東京オリンピックを前に世界の注目が日本に集まっているなかで、こんなペテンは恥さらしであり、倫理が問われる、と。




助けて。
o1080081014491049293_20190705014155f53.jpg

現に生きていて、センターで譲渡不適格の判定を受けて殺されても、殺処分した数にカウントすらされないで、闇に葬られる子たち。

こんなことを考えつく、その発想が恐ろしい。



毎週4頭ずつ引き出しの約束は果たしまてきました。

7月いっぱい分はすでに引き出し終わっています。

しかし、県はすでに6月11日から殺処分を内密に再開しました。

団体から、殺処分再開の圧力があり、70頭に減らすことを県議団が決めたそうです。

県議団が目指していた茨城県の殺処分ゼロとは、皆を生かす本当のゼロではなく、T4作戦を彷彿とさせる命の選別であり、「譲渡適正」を装った密室での大量無差別殺処分です。


今回のパルボ騒動での犠牲は35頭。
うち、明らかなパルボ死は6頭。
29頭は殺処分だったそうです。

きちんと検査し陽性だった犬は10頭くらいで、
あとは目視で殺処分。

当会が引き出し予定の半数が亡くなっています。

このパーセンテージの高さは何?




約束をたがえ、大殺処分はすでに再開しました。

この、深い絶望感。
失われた信頼。

by 鶴田おかめ



ガイドライン
http://www.pref.ibaraki.jp/soshiki/hokenfukushi/doshise/documents/guideline.pdf



  CAPIN様 7月7日(日)犬猫譲渡会ご案内はこちら




☆支援物資のお願い川崎
※茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊救済活動にて、猫用トイレに新聞紙を利用しています。TNR日本動物福祉病院にお届けいただけます方がいらっしゃいましたら土浦便でお届けさせていただきます。ご協力お願い致します。
楽天ほしいものリストはこちら
・トイレの紙砂・森乳粉ミルク・美味しい缶詰元気のない子用・気まグルメ・猫缶・ファミリー缶 多頭保護猫用猫缶種類問わず・ペットシーツ中厚レギュラー ・ペットシーツ中厚ワイド・子猫用ウエット種類問わず  ・a/d缶 ・トイレの紙砂・焼カツオ高齢猫用・箱シーバ 
・健康缶パウチ腎臓食・健康缶パウチ腎臓食18歳・焼きカツオ高齢猫用・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・猫缶メーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・箱シーバ・養生テープペットシーツワイド・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド ・ワンラックキャットミルク100缶 ・スマックドライ多頭用・カロリーエース  ・猫ちゃん牛乳・20Lポリ袋 ・ポリ袋トイレ猫処理用・ロイヤルカナンベビーキャット・ワンラック哺乳器用乳首30個・ロイヤルカナンベビーキャットドライ ・ロイヤルカナンベビーキャットウエット・ちゅーる 

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・成猫用ドライフード多頭用大袋キャネット・焼きカツオロイヤルカナンキトン・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。



犬猫救済の輪へのご支援に、クレジットカードが使えるようになりました。(=^・^=)   
詳細はこちらをご覧ください >>> キャンペーン 猫のバースデードネーションも開催中♪






 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






 ☆茨城県動物愛護行政 大きく後退
2019年07月01日 (月) | 編集 |

☆茨城県動物愛護行政 大きく後退


20190510_172117.jpg

1)犬猫426頭殺処分しても殺処分数18頭と表明できるガイドラインへの失望

令和元年6月24日、茨城県は新たにガイドラインを作り犬猫殺処分ゼロの目標基準の変更を発表しました。
知事定例記者会見要旨
http://www.pref.ibaraki.jp/bugai/koho/hodo/press/19press/p190624.html##4

この新基準を使うと、例えば平成30年度では446頭の殺処分が行われたが、18頭だけ殺処分したことになる。残りの428頭は、殺処分をしない目標から除外することになります。
極言すれば、428頭を今後、殺処分しても構わない、生かしていく努力はしないということです。
https://inu-neko-sagashi.com/article/2019/06/26/ibaraki-satsushobun/?fbclid=IwAR2SdwME4ro1RA_YwS86HwRAfXgIzps41BD874cJod3hlbzhIVzH9j5HkYc

http://www.pref.ibaraki.jp/bugai/koho/hodo/press/19press/documents/inuneko.pdf

この428頭こそ当会が救済の手を差し伸べるべきとお願いしてきた犬猫です。

これは茨城県動物愛護行政の大きな後退を意味します。

この2年以上の間、当会は協力団体とともに、(治らない病気や怪我の苦痛からの解放を目的とした安楽死を除いて)すべての犬猫を救済するため、動物指導センターに協力してまいりました。そして県やセンターに具体的な提言を繰り返し、それが次々と実現し、あと一歩で収容犬猫のほとんど全てを救うシステム作りが終わるところでした。

例えば、当会は入り口対策を繰り返し要望させていただき、「県民の啓蒙を行う職員の増員(2名)」や「地域猫推進事業の開始」が実現しました。

出口対策では1頭でも多く譲渡につなげるための「収容犬猫全頭のホームページ掲載」「茨城県主導での譲渡会の開催」「子猫のミルクボランティア制度」等を重ねて提言し、これも実現しスタートしたばかりでした。

こうした入り口対策の効果が出るまで出口対策を行いながら、しのいでいく方向性に間違いはなかったと思います。
入り口対策の効果が出るまでには、時間がかかります。その間を殺して適正数を維持するのか、効果が出るまでやや長い期間をも増えた収容犬を生かす場所を設けて殺さずにしのぐのかです。

その間には、更に新たな入り口対策も可能でしょう。(2015.3月~2019.6月常総市多頭野犬を全頭保護完了した等のように県内の野犬と呼ばれている犬たちの保護)
iba_20190701101454649.jpg
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-6045.html
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-category-58.html
https://ameblo.jp/risurisugogo/entry-12486968276.html?fbclid=IwAR1opM28rxOuKUpJm03_KTRT4OV4RDTWZP-j3l8gLWCrPEvte971qYVTMYk

新たな出口対策を実現することも可能でしょう。(私の知る神奈川県や川崎市、横浜市のセンターは、今は、収容犬は極少数です。行政も積極的に横に繋がり助け合えば、沢山の命が救えるでしょう。)

いばらき自民党の小川一成議員も「もう一歩です。ここがしのぎどころです。」とご自身のフェイスブックで励ましの声を上げておられました。
小川一成先生FB 4月12日
https://www.facebook.com/issei.ogawa.7/posts/2035794826540091


今年1月から殺処分が止まっていた数か月でセンターの動物特に犬の収容数が過密になってきたため、過密化によって犬の収容環境が悪くなること、例えば噛み合い等、不測の事態が心配されていましたが、それに対しては、3月議会でいばらき自民党の舘静馬議員がセンター敷地内に新たに犬の収容場所やドッグランづくりを考えて欲しい、さらに県下数か所への動物保護業務分散をしていったらどうかとのご提言をされました。

20190510_172152.jpg
センター敷地内にある古墳のスペースを利用してドッグランと屋根付きの犬収容スペースを作り環境改善をはかろうとしていた茨城県。入札やハローワークでの人材募集も目にしていました。いくつもの改善の取り組みが始まったところでした。
 「茨城県動物愛護管理施策のあり方検討委員会」からも動物愛護機能を備えた施設への拡充提言等の提案書が提出されました。
当会はコンテナハウスを使う等での犬の分散収容をお願いしました。
昨今茨城県で問題になっている県の空き施設の再利用による収容保護場所の確保を提案していた団体さんもありました。
THRペット法塾様からも「茨城県知事、動物指導センターあて、動物シェルターについての意見書」が提出されています。

この様に、過密状態を解消するために、殺処分による「間引き」ではなく、あらゆる入り口対策、出口対策を行って殺処分ゼロに向かうことが期待されていました。

しかしながら、今回茨城県は、当会が救済実現を願い要望してきた、最も弱い立場に置かれた動物の命を切り捨てることを表明し、そのような動物の命を殺処分することでセンターの過密化を解消する道を選びました。
大きな茨城県全体から収容できる頭数はわずか70頭のままです。今後、茨城県は適正収容数を犬70頭位とし、70頭にするために殺処分を繰り返していくことになります。




信じがたいことに、この決定は多くの茨城県登録譲渡団体が県に対して、過密状態だから殺処分して70頭くらいの適正数に戻せ「適正数に戻すため殺処分を再開すべきだ」と嘆願した結果と聞き及びます。
動物愛護団体が弱い立場の犬猫の殺処分を要望するなどということは、私には到底理解ができません。過密化の解消は殺処分で行うべきではありません。
幸い茨城県には予算が豊富にあります。県北の活性化のため巨額を投じてパンダ誘致をしているくらいです。そのうちのほんの少しの予算で不幸な犬達を保護できる場所は確保でき、今いる場所を快適に改善することもできるはずです。

参考 
犬猫救済の輪より茨城県及び茨城県動物指導センターへ
「いのちの提言」総まとめ
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-6872.html

茨城県犬猫の殺処分ゼロを実現するために
提言①・・譲渡促進のためセンター収容犬猫全ての情報を公開すること
提言②・・譲渡団体やボランティアの開拓
提言③・・譲渡が難しい犬達に社会復帰のためのリハビリ期間とスペースを
提言④・・(犬) 「リハビリ型行政シェルター」設置で犬の殺処分をゼロに。
       (猫)  全国の犬猫殺処分の6~7割が離乳前の子猫たち。仕事としての飼育者の確保が急務。
まとめ  1. 茨城県「犬猫殺処分ゼロを目指す条例」の運用の問題点
     2. 目の前にある命を救うための施策を
     3.動物愛護とは弱者を救うこと
     4.今が前進の大きなチャンス。前向きに  

THRペット法塾「茨城県知事、動物指導センターあて、動物シェルターについての意見書」
http://thepetlaw.web.fc2.com/Scan/20190226ibarakiken-ikensyo.pdf



2)茨城県が環境省の意図とは違う解釈でガイドラインを運用しようとしていることの危うさ 

環境省・・・収容場所がないことを理由の殺処分はやめていこう!
茨城県・・・新たな収容場所は用意せず、殺処分で対応しよう!



知事報道発表で知事は今回の殺処分の基準変更(ガイドライン)は環境省に基づいていると述べています。
しかしながら、環境省の意図とは異なることを以下説明したいと思います。
続いて、茨城県の現状から、ガイドラインの問題点を明らかにします。

知事発言
「殺処分頭数については,環境省より,攻撃性を示す場合の譲渡不適,病死や老衰による収容中死亡,それら以外の3つの項目に分類することとされておりまして,茨城県としましては,今後,環境省の区分に基づいて,譲渡不適による殺処分や収容中死亡を除いた殺処分頭数を本県の殺処分頭数として,この数でゼロを目指すというふうにしていきたいと考えております。」

知事は、環境省の区分に基づくとしています。
しかし、その環境省の本当の意図はどうなのでしょうか。
(説明)
環境省は昨年「殺処分ゼロ目標の考え方の再整理」として「殺処分数の試行的分類」を提示しました。(以下環境省の区分)
http://www.env.go.jp/council/14animal/y140-47/mat03-2.pdf

(環境省資料より)
分類① 譲渡することが適切ではない(治癒の見込みがない病気や攻撃性がある等)
分類② 分類①以外の処分
分類③ 引き取り後の死亡
     ↓
今後は、いわゆる「殺処分ゼロ」ではなく、分類②による殺処分 数を減少させていく方向で対応していくことが必要ではないか? (抜粋ここまで)

環境省が今後減らしていきたい殺処分対象・・・②とは次のような犬猫です。

② 分類①以外の殺処分 (定義) ①以外の理由により譲渡又は保管が困難である、と判断したため、殺処分を行った動物 (例示) ○①には該当しないが、適切な譲渡先が見つからない動物 ・具体例:軽度の疾病、怪我又は先天性疾患並びに高齢、大型又は人に馴染まないため、希望者が現れない動物 ○①には該当しないが、施設の収容可能頭数等の物理的制限により飼養が困難な動物○①には該当しないが、適切な飼養管理が困難な動物 ・具体例:大型で飼養管理が困難な犬又は哺乳等の適切な飼養管理を行うことができない幼齢の動物

殺処分を環境省が減らそうとしているこの分類②の中にはたとえば「施設の収容可能頭数等の物理的制限により飼養が困難な動物」や「人に馴染まないため、希望者があらわれない動物」も含まれていますが、茨城県動物指導センターが殺処分を再開しようとする理由は、まさに施設の収容可能頭数の物理的制限や人馴れの問題です。
多くの団体が、過密状態だから殺処分して70頭くらいの適正数に戻せと強く申し入れたことから今回県は殺処分再開に踏み切りましたが、これは環境省ができるだけこうした殺処分を減らそうとしている部分にあたるのです。
茨城県がこれから殺処分していこうとしている犬猫は環境省が分類②でこれから助けていきたいとしている犬猫でもあります。

一方、当会は収容場所の確保をお願いし続けていました(前出「いのちの提言」参照)。収容場所が足りないための殺処分を回避するよう環境省の意図通りに提言してきたつもりです。

更に大事なことは 茨城県動物指導センターには 区分①にある「人や他の動物に重大な危害を及ぼす」ような犬はほとんど収容されていないということです。

それは以下の事から明白です。
※センターを視察されたいばらき自民党の舘静馬先生が「ほとんどの子が人なつっこく寄ってくる、首輪をしていて人に飼われていた犬である」と議会で証言しておられること。
※笠井保護指導課長が譲渡団体に、「殺処分になる犬を持って行って下さいよ。」と発言していること(危害を加える恐れがあり外に出せない犬を殺処分するはずなのに、民間に持っていけと発言しているのは持って行っても良い犬ということ)
※笠井保護指導課長が神奈川県R氏からの電話の問い合わせに「収容されている中に野犬はいない。野犬は山の穴のところにいる。センターに収容されるのはそこらへんをうろうろした飼い主のわからない犬である」と答えていること。

つまり、繰り返しになりますが県議会でのいばらき自民党舘静馬先生の収容場所確保に向けた提案、当会のコンテナ等を使った収容場所拡大、他の団体さんが再三提言されてきた廃校利用や敷地内空きスペースの利用を早々に決断すべきだったと思います。そして、ごくわずか、攻撃性が高く危険とされる犬のためには、THEペット法塾の意見書の通り「リハビリ型行政シェルター」の設置を急ぐことが望まれていました。



3)パルボについて


20190510_172705.jpg




6月にはいりセンターでパルボが発生しました。
殺処分再開を望む団体複数は殺処分が止まっているせいで過密になり環境が悪くなったからだと主張し始めました。
過密状態を解決するためには、勿論、入り口対策は同時進行で進めていくことは前提ですが、道の出口は二つしかありません。
「殺処分して数を間引きする」
「殺処分しないで、犬の収容場所を分散するなど環境を改善する」
この2通りです。
そしてこのパルボ騒動のさなかガイドラインが発表され、「殺処分で数を間引きする」方法が決定的になってしまいました。

パルボが沈静化した後、例えば100頭生き残っていたとして、せっかく生き残っても適正数70頭と決めたのであれば、30頭は殺処分になるわけです。
センターにワクチンが足りない(?)と言って、殺処分再開を求めていた団体が一般から寄付を募り、ワクチンを購入してセンターに届けているようですが、ワクチンを打って助かった命はまた殺処分されていくことになります。それとも今回生き残った犬は殺さず、今後収容されてくる犬を適正頭数を保つために殺すのでしょうか。不条理なことです。

尚、当会はバルボ発生に際し県及びセンターに以下のような提言をしています
「茨城県は、パルボの救命措置をお願い致します」
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-7012.html



4)最後に…当会の思い
社会的要因から殺処分される弱い立場の犬猫を救いたい
犬猫救済の輪の基本理念は「不可逆的な疾病や事故のための耐え難い苦痛を取り除くための措置としての安楽死」を除いて殺処分は認めておりません。
高齢である、幼すぎる、障害がある、人慣れしていない、社会に馴染みにくいなどの理由で犬猫を殺処分するべきではないと考えます。保護場所がないとか、社会化するためのトレーニングの人手が足りないとか、予算がないとかの「社会的要因」で愛護動物である犬猫を殺処分することは容認できません。

殺処分がワーストだった茨城県に「殺処分ゼロを目指す条例」が施行されたため
真の殺処分ゼロを達成していただけるのではないかと期待が膨らみました。そして2年以上にわたり、譲渡団体として頑張ってまいりましたが、今回の知事発表で目指す道が違うことがはっきりといたしました。

当会がこの2年間、引き出し、里親さんにつないできたのは主に、育てにくいとされ以前は収容と同時に殺処分になっていた、離乳前の子猫たち、そして負傷や病気の猫達でした。

「犬猫救済の輪」は、社会的要因から殺処分になる犬猫を救済しようとする立場です。
茨城県の動物愛護行政が目指す方向変換した「殺処分ゼロ」は、当会が目指す「真の殺処分ゼロ」とはかけ離れたものになりました。残念です。






 ☆私は、譲渡不適性と言われる一頭の犬です。 知事定例記者会見における発言要旨6月24日
2019年06月25日 (火) | 編集 |
☆私は、譲渡不適性と言われる一頭の犬です。

自分をセンターに収容される一頭に置きかえたならば、私は、譲渡不適性と言われる一頭の犬です。
私は、沢山の団体の強い要望を聞き入れた行政の決断で、殺処分されることになりました。仲間たちも殺され続けます。
 この発表を聞いて、私は、全身の血がサーっと引いていくようでした。
そして、殺処分の数にさえ入れられず、そういう命が存在したことさえもこうした扱いによって消されるのです。
茨城県は、そんなにまでして、本物ではない殺処分ゼロという言葉を手に入れたいですか。

殺すから生かすに変えようとするならば、多頭飼育崩壊・災害時の緊急保護・病気の感染拡大防止や治療のために、生かすための新センター等が実現するまでは、規模は小さくても仮の保護できる場所が必要と再三申し入れてまいりましたが、今のスペースのままで今まで通り殺処分して一定数を維持していくべきという多くの声に負けたかたちです。

譲渡不適正な犬である私は、吠えて咬みつこうとして、必死で訴え続けましたが、殺せの声に勝てませんでした。


☆知事定例記者会見における発言要旨6月24日

犬猫殺処分ゼロを目指す取り組みについて
知事:次に,犬猫殺処分ゼロを目指す取り組みについてご報告したいと思います。本県の動物指導センターにおける犬猫収容頭数は年々減少してきておりますが,いまだに約3,000頭の犬猫が動物指導センターに収容されているという状況にございます。
 収容される犬猫のうち,飼い主に返還されるものは約4%,新たに飼い主を探すボランティア団体等に譲渡されるものが約77%,やむを得ず殺処分となるものが約15%となっております。

 殺処分頭数については,環境省より,攻撃性を示す場合の譲渡不適,病死や老衰による収容中死亡,それら以外の3つの項目に分類することとされておりまして,茨城県としましては,今後,環境省の区分に基づいて,
譲渡不適による殺処分や収容中死亡を除いた殺処分頭数を本県の殺処分頭数として,この数でゼロを目指す
というふうにしていきたいと考えております。

 本県においては,殺処分となるのは,ほとんど大人の犬,いわゆる成犬で,子犬であるとか成猫,子猫はほとんど譲渡されている状況でございます。成犬が多い理由としては,成犬には野良犬が多くて,攻撃性がある,あるいは人に慣れないなどの譲渡不適な性質を有するものが多いということによるものです。
 そこで,成犬の譲渡適性の判断をより客観的に行うために,「譲渡候補犬の選定に関するガイドライン」を制定し,6月から運用を開始いたしました。


ガイドラインの中身としましては,一次判定で,健康状態に加えて,生育環境や人への攻撃性について確認し,さらに日にちを置いて,二次判定で詳細な基準をもとに確認するということにより,客観的な譲渡適性を判定していくという体制をとります。参考までに,平成30年度,その他の部分の殺処分頭数は,犬で18頭,猫でゼロということになります。
 今後も処分頭数を減らしていくためには,譲渡事業に加え,動物指導センターに入る犬猫をそもそも減らすということが重要でございます。県民の皆様には,所有者明示の徹底,不妊去勢手術の実施,犬はつないで飼う,リードをつけて散歩させる,猫はなるべく屋内で飼うなど適正な飼い方をしていただき,人と動物が幸せに暮らせる茨城県づくりにご協力いただきたいと考えております。私の方からは,以上です。

読売(幹事社):幹事社の読売新聞から質問させていただきます。環境省によるこの区分は,他県でも既に導入されている事例があると思うのですが,茨城県がこのタイミングでこれを適用する理由が何かありましたら教えてください。
知事:より適切な数字を目標値として設定するということで,犬猫殺処分ゼロという目標を,譲渡不適以外の殺処分,どうしても譲渡ができないというもの以外の殺処分をゼロにするという目標にきちんと変えるということを早い段階で決断したということです。
読売(幹事社):わかりました。各社さん,お願いします。


NHK:譲渡不適と判断されたものは殺処分の対象にならないということだと思うのですが,そうすると,ちょっと意地悪な聞き方ですが,殺処分ゼロにしたいと思えば,全部譲渡不適にしてしまえばゼロがあっという間に達成できるわけで,現場でのプレッシャーというか,ちょっと判断に迷ったときに,不適ということにとりあえずしておこうよというふうな判断に流れてもおかしくないと思うので,ここにガイドライン作成とありますが,そこをどういうふうに判断していくのかというのはすごく重い課題だと思うのですが,そこはどう担保されていきますか。

知事:したがいましてこのガイドラインが出てくるということで,それまでも譲渡性判断というのは,国に対する報告の中で,譲渡不適である,収容中死亡である,その他であるという形で区分して報告はしていたのですが,その報告が今のお話のような疑いを抱かせないように,きちんとした客観的な適性判断ができるような形でやられているということを確保するためのガイドラインを,今回,きちんと県としてつくったということでございます。

NHK:現場の判断に,例えば,外部の人の目を入れたりとか,そういうことは何かお考えでしょうか。
知事:今のところ考えておりませんが,今後の議論の中で,必要という話になれば,検討も可能かと思います。

毎日:殺処分と関連して,ふるさと納税の中で,大幅に増えたということですが,特に46%が犬猫殺処分ゼロを目指す取り組みに寄附したいということだったと思うのですが,実際にその46%のお金をこの制度の中のどういったところで組み入れていきたいなと。また,いつごろ予算編成に組み入れていくのかお伺いします。

知事:もう既に平成29年度から実施している犬猫殺処分ゼロを目指すプロジェクトで活用させていただいておりまして,使用用途の例としましては,地域住民が取り組む身寄りのない猫の不妊去勢手術への助成でありますとか,茨城県動物指導センターに収容される犬猫を譲渡する際の飼育管理費の補助などに充てられております。寄附金の今後の使い道についても,本県の犬猫収容状況を踏まえながら,より効果的な事業を今後とも検討していきたいと思っています。

毎日:資料の参考のところで,その他の殺処分頭数が,犬18頭,猫ゼロ頭ということなのですが,ちなみに,譲渡不適とか収容中死亡の件数なんかも把握されていますでしょうか。

事務局:平成30年度の区分ですが,犬で譲渡不適が155頭,収容中の死亡が62頭,その他が18頭ということになります。猫の方で,譲渡不適が11頭,収容中死亡が200頭,その他がゼロ,合計211頭ということになっております。

毎日:その18をゼロにするというふうな。

知事:そういうことですね。

毎日:ありがとうございます。

知事定例記者会見における発言要旨190624
http://www.pref.ibaraki.jp/bugai/koho/hodo/press/19press/p190624.html##4


 ☆茨城県は、パルボの救命措置をお願い致します。
2019年06月23日 (日) | 編集 |
☆茨城県は、パルボの救命措置をお願い致します

茨城県動物指導センターに対し
パルボ感染が疑われる犬達の速やかな救済措置をお願いするとともに、安易な殺処分が再開されたことに抗議します。

                
私達は茨城県動物指導センターの登録譲渡団体として、この度の、センター内でパルボが発症、感染拡大していること、それをきっかけにして、安易な殺処分が行われていることを憂慮しています。

パルボは、適切な治療で救命率も上がりますが、現在のセンターの状況では治療が殆ど行えていないということです。
収容犬の治療は占有者としてのセンターの義務でもあります。
現状の様に感染病犬も健康体も一緒に収容し適切な医療が施されていない状況では、ワクチン追加接種を行っても、まだまだこれからの二週間でさらに犠牲が増える可能性があり衛生管理上からも動物福祉上からも現状のような命の扱いがあってはならないことと考えます。

そしてパルボの症状のない犬にまでも、餌に薬剤を入れて殺処分しているということです。
6月22日の情報で30頭が殺処分となっています。
ワクチンを全頭接種したにしては、いかに抵抗力が弱まっていたからと言っても処分数が多すぎます。
ワクチンが一回でも接種してあるのならば、パルボは、インターフェロン等、早期に適切な治療を施せば救命の可能性が高まります。センターで適切な治療が行えていないのと同時に「間引き」殺処分が行われているのではないでしょうか。
このままでは健康な犬にも犠牲が増えていくことでしょう。

また、県は、この時期に、新たにガイドラインを作成したそうです。
いくつかの譲渡団体から「殺処分によってセンターの適正数を調整せよ」と強力な要望があり県がそれを承諾した結果との情報です。センターの収容数を70頭位にするために殺処分を行なうには、ガイドラインがなければ安易に殺処分したと言われかねません。殺処分をするためにガイドラインが作られたと私は感じてしまいます。

週明け発表があるそうです。そして公に殺処分が再開できるということになります。
生かすためのガイドラインであってほしいと願いますが、かなり無理があります。

私達は、殺処分による「間引き」ではなく、あらゆる入り口対策、出口対策を行って殺処分ゼロに向かうことを重ねて希望し協力してまいりました。
収容環境改善を議会でもお取り上げ頂き、茨城県動物愛護管理施策のあり方検討委員会からも動物愛護機能を備えた施設への拡充提言等もあり、茨城県動物愛護行政に明るい兆しが見えてきた矢先でした。
残念なのはこの間、過密化による不測の事態に備え、センター敷地内外への分散収容や個別管理の必要性をお願いしてまいりましたが、ご対応をはじめていただいていたものの間に合わずこの状況を迎えてしまったという点です。

あなたの家の、ワンちゃんが猫ちゃんが万が一病気になったり、パルボに感染したとしたら、治療しませんか。病院に行きませんか。知識を持てば二次感染は防げます。

全国、多くの場所にパルボウィールスは潜んでいます。外であっても、施設内であっても、感染の恐れはありえます。
犬にも猫にもパルボ感染は起こり得ることです。

そのたびに、適切な治療も施さず殺してしまうようでは、殺処分ワーストだった頃に戻ってしまいます。
弱い立場の命を救っていくという気概が求めらています。

茨城県は、パルボの救命措置をお願い致します。



令和元年6月23日
犬猫救済の輪 TNR日本動物福祉病院    代表 結 昭子 

 ☆里親様へお届け ☆茨城県動物指導センターよりお引取り、負傷猫「三休さん」☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊救済活動支援物資搬送 
2019年06月17日 (月) | 編集 |
●週1回1日4時間程猫のお世話に手をお貸しいただけませんか。  
  borabosyu.jpg
  お気軽にお問合せください。メールフォーム 
 


☆里親様へお届け

何処のお宅でも、子供さんたちは、子猫ちゃんからはなれません。
家族になったんだよ。楽しく、幸せに暮らしてね。
20190606_201213.jpg


20190529_194329.jpg


20190607_205633.jpg


20190607_205744.jpg


ついたらすぐに、新しいおもちゃに飛びついてました。嬉しさ爆発。





里親さんが決まって幸せを掴んでいく子たちに喜びを感じ、
また、新たに迎えた小さな命を救いきれない悲しみがあり

そんな日々が続きますが、今日も精一杯に。



☆茨城県動物指導センターよりお引取り、負傷猫「三休さん」

「一休さん」に続き、今度は、「三休さん」
おじいちゃん猫、なかなか可愛いです。
IMG_5623_2019061719031402b.jpg






やせ細っていて、首にいくつもの傷あと高齢の猫さんをお迎えしました。
歩行ができません。普段は横たわっています。

が、ごはんを置くと、ムクっと頭を持ち上げてムシャムシャ食べ出してくれるのでホッとしたり、嬉しかったり。
名前は、「三休さん」



歩けないので排便排尿で体が汚れてしまいます。夜の間はオムツも使ってみたり、色々試み中。
体調が落ち着いたので、シェルターで暮らすことになりました。
先ずは、サークルの中での暮らしから始めます。

よく食べて体力筋肉付いたら、少し体を移動する力もついてくるのでは、神経に異常があることは確かですけど全体に力が付けば自分の身体を支えられないかな。
優しいシェルターボランティアさんたちがいるから、幸せを感じて暮らしてください。



☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊救済活動 

6月16日(日)、フォスターペアレント様よりのご支援によります結石用処方食、また、ご支援の一般フードや物資を、土浦多頭飼育猫さんの元へ搬送致しました。また詳細ご報告いたします。
ありがとうございます。

☆支援物資のお願い川崎※子猫のピーク時期です。ご協力ください。
楽天ほしいものリストはこちら

・トイレの紙砂・カロリーエース  ・猫ちゃん牛乳・森乳粉ミルク・ペットシーツ中厚レギュラー ・ペットシーツ中厚ワイド・子猫用ウエット種類問わず  ・a/d缶 ・トイレの紙砂・20Lポリ袋 ・ポリ袋トイレ猫処理用・ロイヤルカナンベビーキャット・焼カツオ高齢猫用・箱シーバ 
・健康缶パウチ腎臓食・健康缶パウチ腎臓食18歳・焼きカツオ高齢猫用・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・猫缶メーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・箱シーバ・養生テープペットシーツワイド・ちゅーる ・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド ・ワンラックキャットミルク100缶・ワンラック哺乳器用乳首30個・ロイヤルカナンベビーキャットドライ ・ロイヤルカナンベビーキャットウエット ・スマックドライ多頭用

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・成猫用ドライフード多頭用大袋キャネット・焼きカツオロイヤルカナンキトン・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。



犬猫救済の輪へのご支援に、クレジットカードが使えるようになりました。(=^・^=)   
詳細はこちらをご覧ください >>> キャンペーン 猫のバースデードネーションも開催中♪






 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。





 ☆茨城県動物指導センターお引き取りのちびっこたち・・・どうにも
2019年06月11日 (火) | 編集 |
☆犬猫救済の輪 里親会日程
6月16日(日) ⇒ 戸越銀座ペットスマイル   12時~17時
6月23日(日) ⇒ TNR日本動物福祉病院内  14時~18時
6月29日(土) ⇒ IKEA港北保護猫譲渡会参加12時~15時



☆茨城県動物指導センター
拡散希望!!
http://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/doshise/kanri/20190418.html
※センター収容中の犬の画像が掲載されています。公示期間が過ぎた犬の情報も出ています。飼い犬を探している飼い主さん、あきらめずにもう一度目を通されてください。写真に加え、性格などの特徴等詳細も掲載されています。
詳細情報も参考にされて、ご家庭に保護犬・保護猫を迎えることも検討いただけませんか。犬の譲渡のご案内は、こちら
皆様、殺処分ゼロを目指す茨城県を、どうぞ、応援して下さい。

犬猫救済の輪では、7日(金)、茨城県動物指導センターより、乳飲み子・子猫30匹をお引取り致しました。ミルクボランティア・預かりボランティアまた、週1回程、川崎区内保護施設での猫のお世話に協力して頂けるボランティアさんを募集しています。お気軽に メールフォーム よりお問い合わせください。
子猫用支援物資のご協力は、ブログ下の方に記載しています。宜しくお願い申し上げます。

20190519_231105_20190605145843511.jpg


犬猫救済の輪より茨城県及び茨城県動物指導センターへ
 「いのちの提言」総まとめ  茨城県犬猫の殺処分ゼロを実現するために



☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊救済活動
http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/tsuchiura_tatou80.html
tsuchiura_banner_ss_0220.jpg
多頭飼育崩壊猫80匹。十分な水がなくドライフードだけを与えられていた猫たちは、尿路結石や腎臓を壊し、また、世話の手が回らないことから殆どの猫がなついておらず、譲渡も難しいまま命を守っていかなければなりません。多頭猫救済活動にご協力ください。
フォスターペアレント募集
http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/fp-bosyuu-syasin.html


☆茨城県動物指導センターお引き取りのちびっこたち
   ・・・どうにも、休ませてもらえません。。

 

記事を書こうしたらいつになるかわからない状況ですので、
取り急ぎ・・・到着時の動画アップで、すみません。


車中   
20190607_171249.jpg


TNR日本動物福祉病院到着
20190607_200034_201906110621379dd.jpg



動画



















●週1回1日4時間程猫のお世話に手をお貸しいただけませんか。ボランティアさん募集中!  
メールフォーム 

☆支援物資のお願い川崎※子猫のピーク時期です。ご協力ください。
楽天ほしいものリストはこちら

・トイレの紙砂・カロリーエース  ・猫ちゃん牛乳・森乳粉ミルク・ペットシーツ中厚レギュラー ・ペットシーツ中厚ワイド・子猫用ウエット種類問わず  ・a/d缶 ・トイレの紙砂・20Lポリ袋 ・ポリ袋トイレ猫処理用・ロイヤルカナンベビーキャット・焼カツオ高齢猫用・箱シーバ 
・健康缶パウチ腎臓食・健康缶パウチ腎臓食18歳・焼きカツオ高齢猫用・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・猫缶メーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・箱シーバ・養生テープペットシーツワイド・ちゅーる ・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド ・ワンラックキャットミルク100缶・ワンラック哺乳器用乳首30個・ロイヤルカナンベビーキャットドライ ・ロイヤルカナンベビーキャットウエット ・スマックドライ多頭用

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・成猫用ドライフード多頭用大袋キャネット・焼きカツオロイヤルカナンキトン・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。



犬猫救済の輪へのご支援に、クレジットカードが使えるようになりました。(=^・^=)   
詳細はこちらをご覧ください >>> キャンペーン 猫のバースデードネーションも開催中♪






 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






 ☆9日(日)里親会へGO!! ☆茨城県動物指導センターより乳のみ・子猫・成猫30匹お引取りしました。
2019年06月09日 (日) | 編集 |
※週1回1日4時間程 猫のお世話に手をお貸しいただけませんか。夜も可。お仕事のお帰り等もご検討ください。ボランティアさん募集中! メールフォーム 

☆本日、こねこ・成猫里親会
6月9日(日)14時~18時 雨天決行
川崎市川崎区大島1-28-15グリーンプラザ1F
TNR日本動物福祉病院内

※ 必ず、里親会案内ページ下の「譲渡条件(一部)」をお読みいただき、ご来場ください。

茨城っ子たち多数参加 ワクチン済
ここ


D8fOmpaUwAAUpAc.jpg

20190523065829e2b_20190607021850cbb.jpg


D8fOmpRV4AAqFkx.jpg


IMG_7092s_20190607021856172.jpg


IMG_7017.jpeg
IMG_7058.jpg

IMG_6677s_20190607021853e22.jpg


IMG_6538s_2019060702185290f.jpg


成猫たちも、宜しくお願い致します。
おすすめニャン (熊本っ子 信長君)
生後10カ月位。
IMG_7109s_20190607021858028.jpg


20190608_005533.jpg
20190608_005527.jpg


20190608_005555.jpg
20190608_005602.jpg

D6zx14DUYAE-Eeqs_201906090353075b1.jpg

D6zx13bUIAAgzBds_201906090353092fe.jpg

D6zuWUNUYAAsKKcs_20190609035310623.jpg

D6zuWT8U0AAdu16s_20190609035312018.jpg

里親会で、お待ちしています。



☆茨城県動物指導センターより乳のみ・子猫・成猫30匹お引取りしました。

7日(金)に茨城県動物指導センターに、猫達のお迎えに行ってまいりました。

その前に、子猫が沢山来ますので、必需品のお買い物。
成猫には新聞紙をシュレッダーかけて使いますが、里親に行く子猫たちにはトイレをしっかり覚えてもらわなくていけないので、あまりけちるわけにいかないですね。この日は、18Lが広告の品。
20190604_193528.jpg

20190605_191600.jpg






茨城県動物指導センターの様子









乳飲み子たち
20190607_163939.jpg




20190607_161045.jpg














20190607_160819.jpg

こちらのケージの子たちを全部お引き取りさせて頂きました。
30匹、みんな、元気に育って幸せになってほしいです。




時折、強い雨が・・・


20時、無事、TNR日本動物福祉病院に到着。
ただただ、忙しいです。
後日、また、ご報告させていただきます。

皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。


●週1回1日4時間程猫のお世話に手をお貸しいただけませんか。ボランティアさん募集中!  
メールフォーム 

☆支援物資のお願い川崎※子猫のピーク時期です。ご協力ください。
楽天ほしいものリストはこちら

・トイレの紙砂・カロリーエース  ・猫ちゃん牛乳・森乳粉ミルク・ペットシーツ中厚レギュラー ・ペットシーツ中厚ワイド・子猫用ウエット種類問わず  ・a/d缶 ・トイレの紙砂・20Lポリ袋 ・ポリ袋トイレ猫処理用・ロイヤルカナンベビーキャット・焼カツオ高齢猫用・箱シーバ 
・健康缶パウチ腎臓食・健康缶パウチ腎臓食18歳・焼きカツオ高齢猫用・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・猫缶メーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・箱シーバ・養生テープペットシーツワイド・ちゅーる ・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド ・ワンラックキャットミルク100缶・ワンラック哺乳器用乳首30個・ロイヤルカナンベビーキャットドライ ・ロイヤルカナンベビーキャットウエット ・スマックドライ多頭用

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・成猫用ドライフード多頭用大袋キャネット・焼きカツオロイヤルカナンキトン・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。



犬猫救済の輪へのご支援に、クレジットカードが使えるようになりました。(=^・^=)   
詳細はこちらをご覧ください >>> キャンペーン 猫のバースデードネーションも開催中♪






 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。





 ☆ダンボールで捨てられてたなぞの成猫、こだま君 フォスターペアレント募集 ☆本日、茨城県動物指導センターより多頭子猫受入れ予定、猫達のお世話ボランティアさん募集
2019年06月07日 (金) | 編集 |

☆こねこ・成猫里親会

6月9日(日)14時~18時 雨天決行
川崎市川崎区大島1-28-15グリーンプラザ1F
TNR日本動物福祉病院内

※ 必ず、里親会案内ページ下の「譲渡条件(一部)」をお読みいただき、ご来場ください。

おすすめニャン (熊本っ子 信長君)
IMG_7109s_20190607021858028.jpg


茨城っ子たち多数参加 ワクチン済
ここ


D8fOmpaUwAAUpAc.jpg

20190523065829e2b_20190607021850cbb.jpg


D8fOmpRV4AAqFkx.jpg


IMG_7092s_20190607021856172.jpg


IMG_7017.jpeg
IMG_7058.jpg

IMG_6677s_20190607021853e22.jpg


IMG_6538s_2019060702185290f.jpg


成猫たちも、宜しくお願い致します。



☆ダンボールで捨てられてたなぞの成猫、こだま君 フォスターペアレント募集中

こだま君 白黒 オス 推定3才
やせ細り衰弱した成猫がダンボールで捨てられていました。
保護されてTNR日本動物福祉病院に来た時は尿が出ない状態で生命も危なかったのですが一命は取り留めました。

それから、いろいろと検査が行われましたが、事故にあったわけでもないようです。
血液検査の数値も異状なく、エコーでは心臓が小さいことが分かりましたがそれが原因で衰弱とも??
特に悪いところが見つかりません。??
ただただ食べない。
酷い痩せ方で一時は鼻カテーテルも使うほど食べないのです。
今は、シリンジで強制給餌。殆ど食べませんが強制給餌で安定してきました。
なついています。どうみても飼われていた猫でしょう。捨てられた理由は?

お腹がぺったんこ。なのに、食べない。
シリンジで流動食を少しづつ与え続けています。
最初は嘔吐がありましたが無くなってきました。
人にはべったりなついているのが救いです。

20190529_232701.jpg



膀胱炎で頻尿ですが、保護した時よりだいぶ顔つき表情が良くなってきました。
が、環境の変化に敏感で臆病になっています。
他の猫が近寄ると威圧します。
20190606_015746.jpg



一匹飼いで飼い主以外接したことがない子の様です。
健康面が安定したら、一匹飼いのお家に行かせてあげたいですが、ボランティアさんたちはみんな多頭ですのでどうしたものか。



先ずは、食べるようになってもらわないと。しばらく時間がかかりそうです。
フォスターペアレント様を募集させていただきます。宜しくお願い申し上げます。


☆茨城県動物指導センター
拡散希望!!
http://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/doshise/kanri/20190418.html
※センター収容中の犬の画像が掲載されています。公示期間が過ぎた犬の情報も出ています。飼い犬を探している飼い主さん、あきらめずにもう一度目を通されてください。
写真に加え、性格などの特徴等詳細も掲載されています。更に充実していくと思います。

詳細情報も参考にされて、ご家庭に保護犬・保護猫を迎えることも検討いただけませんか。犬の譲渡のご案内は、こちら

皆様、殺処分ゼロを目指す茨城県を、どうぞ、応援して下さい。

犬猫救済の輪では、7日(金)、茨城県動物指導センターより、乳飲み子・子猫約30匹の引取りを予定しています。ミルクボランティア・預かりボランティアまた、週1回程、川崎区内保護施設での猫のお世話に協力して頂けるボランティアさんを募集しています。お気軽に メールフォーム よりお問い合わせください。
子猫用支援物資のご協力は、ブログ下の方に記載しています。宜しくお願い申し上げます。

20190519_231105_20190605145843511.jpg


犬猫救済の輪より茨城県及び茨城県動物指導センターへ
 「いのちの提言」総まとめ  茨城県犬猫の殺処分ゼロを実現するために



☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊救済活動
http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/tsuchiura_tatou80.html
tsuchiura_banner_ss_0220.jpg
多頭飼育崩壊猫80匹。十分な水がなくドライフードだけを与えられていた猫たちは、尿路結石や腎臓を壊し、また、世話の手が回らないことから殆どの猫がなついておらず、譲渡も難しいまま命を守っていかなければなりません。多頭猫救済活動にご協力ください。
フォスターペアレント募集
http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/fp-bosyuu-syasin.html



 ●100匹猫さんが暮らすシェルターで、週1回半日程ボランティアしませんか。  
メールフォーム にてボランティアのお申し出をお待ちしています。

☆支援物資のお願い川崎※子猫のピーク時期です。ご協力ください。
楽天ほしいものリストはこちら

・トイレの紙砂・焼カツオ高齢猫用・箱シーバ ・カロリーエース  ・猫ちゃん牛乳・ペットシーツ中厚レギュラー ・ペットシーツ中厚ワイド・森乳粉ミルク・子猫用ウエット種類問わず  ・a/d缶 ・トイレの紙砂・20Lポリ袋 ・ポリ袋トイレ猫処理用・ロイヤルカナンベビーキャット
・健康缶パウチ腎臓食・健康缶パウチ腎臓食18歳・焼きカツオ高齢猫用・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・猫缶メーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・箱シーバ・養生テープペットシーツワイド・ちゅーる ・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイド ・ワンラックキャットミルク100缶・ワンラック哺乳器用乳首30個・ロイヤルカナンベビーキャットドライ ・ロイヤルカナンベビーキャットウエット ・スマックドライ多頭用

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・成猫用ドライフード多頭用大袋キャネット・焼きカツオロイヤルカナンキトン・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。



犬猫救済の輪へのご支援に、クレジットカードが使えるようになりました。(=^・^=)   
詳細はこちらをご覧ください >>> キャンペーン 猫のバースデードネーションも開催中♪






 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。