FC2ブログ
シェルターには 被災猫・老猫・病気や障害のある猫達100匹が、ボランティアさんの温かい手でお世話され暮らしています。 救えるのは皆の愛!救済活動を応援して下さい。ボランティアさん、募集中!
 拡散希望☆熊本市動物愛護センター、犬のSOS 続報  ☆1年前のいばらき自民党、舘静馬先生の議会質疑より ☆多頭飼育猫受入れました
2019年03月12日 (火) | 編集 |
【トップ固定】


illust1538_thumb_20181116141145a8a.gif
沢山の子猫のお世話にあなたの手をお貸しいただけませんか。  メールフォーム


☆犬猫救済の輪 猫の里親会
  MIX中型犬子犬3カ月さとる君参加します

3月17日(日) 12:00~17:00 雨天決行
ペットスマイル 戸越銀座店
品川区戸越2-6-6 戸越銀座商店街

togosi.jpg
ペットのおうち
ttp://www.pet-home.jp/contribute_user_151327/
ロンリーペット
http://lonelypet.jp/team/detail/189/
茨城県土浦市多頭飼育崩壊猫の本格的な里親探し開始!!
不妊手術や医療を施しておりますが、経済的に飼育していく事が不可能です。
どうか、里親になって下さい。

D1QPX86VsAAEDcf.jpg D1QPX9aU0AAectx.jpg

D1QPX8uU4AASw5E.jpg D1QPX-tU4AASpOy.jpg

D1NU9MMU8AAhpX_.jpg

D0n3_-DVAAAeF59s_201903120215048f8.jpg

      17日((日))は、戸越銀座里親会へ



拡散希望!!
☆熊本市動物愛護センター、犬のSOS 続報

3月10日の譲渡会は譲渡ゼロ
次回譲渡会は24日(日)


にゃわんさんのブログより
3月11日
http://emibingo.blog49.fc2.com/blog-entry-3888.html

昨日開催されて市のセンターの緊急譲渡会ですが残念ながら譲渡はゼロという結果に終わりました

ご来場くださったご家族は多かったそうですし具体的にご検討くださる方もいらっしゃったと聞いていますので近いうちに譲渡が実現する事を祈っています

次に行われる譲渡会は3月24日(日)です
犬たちにとって最後のチャンスでもあります


まだ具体的な日程や処分数は決まっていないようで知らされていませんが私の勝手な予想では前回同様10頭ほどは確実に危ういと感じています
引き続きみなさまのご協力を宜しくお願いします!!

5
10



私達は猫の保護をメインとしていますので犬に関する知識やサポートは万全ではないかもしれません
それでもお手伝いできることがありましたら精一杯サポートさせて頂きます
どうかどうか市の犬たちの命が1つたりとも奪われませんようにみなさまのご協力を心よりお待ちしています
市のセンターの犬たちには来週訪問して会ってきます
チーム宛のメールフォームはコチラ



☆1年前のいばらき自民党、舘静馬先生の議会質疑より

ちょうど1年前の茨城県議会で、舘静馬先生が次のような発言をして下さいました。
1年後にあたる今月の議会に注目しています。



犬猫殺処分ゼロは知事選挙において3人の候補者が唯一、共通に挙げた公約。
勝利をした大井川知事は,その公約に責任を持って




2018.03.09 平成30年第1回定例会(第7号) 本文

舘静馬議員 答弁ありがとうございます。再質問をさせていただきます。
 先ほど犬の殺処分ゼロを目指す年度につきまして,今後,推進計画の回答を見ながらということでありましたが,先ほど川口議員の質問の答えを聞いていますと,知事はPDCAサイクルを確立してというふうに言っております,この政策ビジョンの中では。まさしくPDCAの最初のP,計画,プランというのが一番大事だと思います。あえて,そういった計画の前に,知事自身が公約でうたった以上,はっきりと,全部とは言いません。例えば犬なら何年度ぐらいをめどに,猫なら何年度をめどにと,そういったことがあってもいいのかなと。
 なぜならば,先般の知事選挙において,3人の候補が,唯一,共通に挙げた公約の一つでもあります。勝利をした大井川知事は,その公約に責任を持って私はやらなければならないと思います。殺処分ゼロこれだけやるんだという意気込みが,ほかの政策ビジョンははっきり言っているにもかかわらず,ここだけ濁しているなという気がいたします。改めて,このゼロ,目標で結構でございます。ぜひ明確化をしていただきたいと思います。
 次に,犬や猫を保護し,譲渡できる拠点を設置することが望ましいと,先ほど提案をさせていただきましたが,できれば私は,特定保健所ごと,保健所の改定がこれからあるようでございますが,5つぐらいの拠点をつくるべきだというふうに提案をさせていただきます。条例の中では,愛護活動を推進していくためには,獣医師,動物愛護推進員,愛護団体などを核とした動物愛護協議会を市町村に設置していただくことを望んでおります。県は,その支援を行うものとするとなっております。
 しかしながら,残念ながら現在は,守谷市,阿見町,取手市の3市町となっており,協議会の設置が進んでいない状況であります。全市町村で協議会の設置ができれば一番よいのでありますが,まずは,県が主導して特定保健所管轄区域で協議会を設置し,保健所管轄区域ごとに協議会の協力を得ながら,ボランティアなどを募り,譲渡や避妊・去勢を含めた愛護活動の普及をしていただき,その後に市町村に広げていくことが,保護から譲渡,そして啓発活動につなげていくことが殺処分ゼロへの一番の出口対策となると考えますが,知事の御所見をお伺いしたいと思います。
 また,動物愛護センターの設置については,これから検討していくということでございますが,私どもいばらき自民党の犬猫殺処分プロジェクトチームでは,2月に長野県の動物愛護センター,ハローアニマルに視察に行ってまいりました。自然豊かな小諸市の高台に,広い敷地と,リゾートホテルのような立派な建物もさることながら,動物について学び,触れ合いを通じて命の大切さや相手を思いやる気持ちを育み,人にも動物にも優しい社会をつくることを目指す考えのもとに,動物愛護の普及活動,動物介在活動,動物福祉人材育成等,まさしく殺処分ワースト県である本県が目指すものがぎっちりと詰まった施設に,大変感銘を受けました。
 さらには,不登校やひきこもりになった子どもへ,動物を介して社会へ出ていけるようになった子どもサポート事業や,小学校や幼稚園,保育園の郊外学習,遠足場所として利用されていることにも大変感銘を受けたところでございます。
 長野県ハローアニマルのような動物愛護センターを茨城県にもつくりたいと思ったのは,私だけではなく,この視察に行った議員全てが思ったところであります。
 大井川知事は,日本一という言葉を好んで使われます。どうでしょうか,この際,どうせつくるなら,日本一で中身のある動物愛護センターをつくりませんでしょうか,知事の御所見をお伺いします。





◯大井川和彦知事 まず,犬猫殺処分頭数をゼロにする目標年度という話でございますが,先ほど申し上げましたように,いたずらにゼロという年度を区切って拙速に進めてしまうと,逆に動物愛護に対して逆効果になってしまったと,そういう事例も出てきております。そういう意味では,どうやってやるかというプロセスをしっかり見きわめた上で目標年度を定めていきたいと考えておりますので,動物愛護管理推進計画の中で,設定するかどうかも含めてしっかり検討してまいりたいと思っています。
 それから,動物愛護センターについては,今後も動物愛護管理施策のあり方検討委員会で,舘議員の今の御提案も踏まえまして,望ましい新施設のあり方も含めまして,御意見を尊重しながら検討してまいりたいと思っています。
(会議録からの転載ここまで)




☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊 
10日、新たに結石の猫2匹を入院させました。
次回、17日の里親会より、多頭崩壊現場からの里親探しを本格的に開始致します。
なついていて健康状態の良い猫からTNR日本動物福祉病院に保護し、里親に出していきます。
皆様、ご協力お願い申し上げます。


引き取った子、入院治療中の子が沢山おりますので、お世話ボランティアさん、募集しています。
頭数が多すぎます。お手伝いに来ていただけませんか。

 メールフォーム

多頭用支援物資のお願い
・トイレの紙砂
・処方食c/d・猫缶種類問わずたまの伝説 黒缶パウチ・成猫用ドライフード多頭用不足150kg・トイレ処理用ポリ袋30L・布製ガムテープ・養生テープゴミ処理用ポリ袋45L 

受入先 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛
      時間指定 14時から19時 
しばらくの間、川崎―茨城土浦便がでます。日本動物福祉病院出発



☆支援物資のお願い
・成猫用缶詰等の物資が大変不足しております。ご協力いただけますと有難いです。また、処方食c/d・ ペーハーコントロール常時必要としております。
楽天ほしいものリストはこちら
・子犬用ドライフード ・子犬用缶詰・トイレの紙砂
・トイレの紙砂
・焼きカツオ高齢猫用・カロリーエース・猫ちゃん牛乳・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・箱シーバ・猫缶・ちゅーる・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイドメーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ポリ袋トイレ猫処理用・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・20Lポリ袋(トイレ処理用)

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・成猫用ドライフードキャネット多頭用大袋ロイヤルカナンキトン・ロイヤルカナン10キロ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・焼きカツオ・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス・ミャウミャウクリーミー・消毒用ハイター・猫ドライ腎臓用
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。




 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。





 

 ☆福島被災動物救済活動終了。連携ボランティアを解散。2019年3月11日 東日本大震災、津波と福島第一原発事故から8年のご報告。
2019年03月11日 (月) | 編集 |
3.11あの日を忘れない
東日本大震災から8年の3月11日午後2時46分黙祷を捧げましょう。



☆3.11あの日を忘れない 
福島被災動物救済活動を終了致しました。
連携ボランティアを解散致しました。


2019年3月11日 東日本大震災、津波と福島第一原発事故から8年のご報告
                              
                           犬猫救済の輪 結 昭子



3月8日・9日の二日間、東日本大震災から8年の福島に行ってまいりました。活動を共にしたボランティアの仲間数名が福島に集合することができ、初めて笑い、初めて語り、また、涙しました。参加できなかった多くのボランティアさん達、本当にありがとう。

なぜ、8年も通い続けたのか、通い続けられたのか、なぜ8年も活動を続けられたのか。
皆、同じ答えでした。

「今何年目とか、あまり感じませんでした。いつも今、目の前に起きていることに向き合っていました。今、そこに苦しむ命があるから、何年たっていても、いつも、『今』でした。福島の人のいない町で、取り残された犬が猫が、孤独と不安の中で、飢えに苦しんでいる。来る夜も来る夜も冷たく、食べ物はなく、明日も生きられるか。どれ程悲しく淋しく辛いだろう。
誰にも目を向けられず忘れられた命にも、まだ、今があります。その命の、その今から、目を背けることはできませんでした。」





双葉町の海にて
双葉海水浴場、いつの日か海水浴場として甦る日は来るのでしょうか。
20190308_143303.jpg




20190308_143505.jpg





センサーカメラを使って生存確認を続け、2018年の終わりに、確認できた猫たちの全頭をこの区域から救出し終えました。その後も、センサーカメラは設置したまま、ボランティアさんが確認を続け、今年2019年2月、あと一匹発見され保護できました。3月になった今は、福島のバリケードで閉ざされた区域の中に、もう苦しむ猫達の姿は確認できません。震災から8年となる今回の活動を持って、ボランティア連携福島被災動物救済活動を終了し、連携ボランティアを解散します。あと一名、個人ボランティアさんが、東京から通い、今後も見守りを継続されますので、協力してまいります。

住民は避難し、人の立ち入りが厳しく制限された警戒区域、また警戒区域解除後も帰還困難区域としてバリケードで閉ざされた区域に、私たちは8年間通い続けました。
取り残された動物たちを救うためでした。

厳しく立ち入り制限された町に、どうやって立ち入っていたのか、動物を救い出すということが認められない中で、どうやって救い出すことができたのか、

その真実は、今日まで、明かされていません。明かせない理由があったからです。知っている人は、このバリケードの中で実際に活動した人だけです。全頭の救出を終えるまで、口をつぐむしか動物たちの命を救う方法はなかったのです。人質を取られているような弱い立場に置かれていました。真実を明かせば、私たちは、二度と検問を通過することはできなくなり、動物たちを救い出すことはできなくなります。

国も、福島県も、5つの町も、動物たちを見捨てました。
私たちは、バリケードの中にいる命を救う事を最後まで認められない中で、自分の信念でその多くの命を救うためにあらゆることを行いました。真実を隠したまま、全て終わったこと、何もなかったかのように町が変わっていくのを見て、複雑な思いです。

福島から戻り、今回は、写真や動画も沢山撮りましたので掲載しようと思ったのですが、お伝えしたいことは多すぎて何から書いてよいのかわかりません。少し、整理して、じっくりお伝えしてまいります。





天神岬より楢葉町
20190309_084933.jpg



楢葉町
津波浸水深ここまで  身長を越える津波
20190309_093114.jpg




富岡町
震災から3年後の富岡駅は、まだそのままの状態でした。
20140315fukushima10-35e77.jpg

2014年3月の富岡町救済活動ボランティアガンさんのブログ
https://mike-neko.blog.so-net.ne.jp/2014-03-16




富岡駅現在
20190308_161625.jpg



20190308_161702.jpg




福島は、これからも語り続けてまいります。



 緊急拡散希望!!【SOS!】熊本市センター犬の危機☆保護犬に救いの手を 熊本市動物愛護センター、10日に緊急譲渡会
2019年03月10日 (日) | 編集 |
緊急拡散希望!!
☆保護犬に救いの手を 熊本市動物愛護センター、10日に緊急譲渡会


保護犬に救いの手を 熊本市動物愛護センター、10日に緊急譲渡会
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00000003-kumanichi-l43
3/9(土) 11:31配信 熊本日日新聞

 熊本市動物愛護センターは10日午前10時から、保護した犬の引き取り手を探す緊急譲渡会を東区小山の同センターで開く。「このままでは殺処分も検討しなければならない」としている。

 同センターが保護している犬は7日現在、75匹。広いスペースが必要な中・大型犬が多く、施設の収容能力を超えた状態が続いているという。

 初参加の場合は事前の講習、犬の受け入れには譲渡時の登録手数料と狂犬病予防注射料(計6千円)がそれぞれ必要。譲り受けた後に事情が変わって飼えなくなった場合に引き取る第2飼養者の届け出も求められる。


(2019年3月9日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

熊本県動物愛センターHPより
http://doubutsuaigo.hinokuni-net.jp/

3月10日(日)10:00~犬の緊急譲渡会開催!

犬の緊急休日譲渡会を開催します!
 当センターでは現在たくさんの犬を保護しています。現在、収容可能な頭数の限界に迫っており、このままでは殺処分も止むを得えない危機的状況です。1頭でも多く、良い飼い主さんとの出会いが見つかることを願い、休日譲渡会を開催します。



◆会場:熊本市動物愛護センター(東区小山2-11-1)
◆日程:平成31年3月10日(日)10時~11時30分受付終了
◆譲渡前講習会をすでに受講されている方は10時から譲渡受付可能です。
◆未受講の方は譲渡前講習会(10時か~11時)を受講後に譲渡受付可能です。
◆今回は犬のみの譲渡会となっております。


【譲渡の条件について】
犬の譲渡は、過去の飼育状況と迎え入れようとされているご家族の現在の環境および状況をお伺いしての判断になります。
譲渡の手続きは、新しく飼い主になることを希望されている方ご本人に行っていただきます。
集合住宅や賃貸物件にお住まいの場合、動物の飼養が認められていることが確認できる誓約書等の書類(写し可)を確認いたします。
また、やむを得ず自分で動物を飼えなくなったときに次に飼うことができる方(第二飼養者)の同意が必要など、譲渡には条件があります。
詳しくは熊本市動物愛護センター(TEL:096-380-2153)へお問い合わせください。

↓詳しい手続きについてはこちら↓
いぬの飼い主さん募集


にゃわん様ブログより
http://emibingo.blog49.fc2.com/blog-entry-3886.html
【SOS!】熊本市センター犬の危機

熊本市動物愛護センターに収容されている犬たちに
再び殺処分の危機が訪れています

市のセンターには75頭の犬がひしめき合い
感染症の予防と個体管理が困難なことから
適正に収容と管理ができる頭数へと数のコントロールを行う可能性があると
職員さんが連絡をしてくださいました

24日(土)の休日譲渡会の前に
明日(10日)は同センターにて緊急譲渡会が開催されます
市のホームページはコチラ

10日と24日の結果次第で
殺処分が決行されるかどうかが決まります
(今のところ処分の頭数や日程は決まっていません)

昨年10月に経験した悪夢を絶対に繰り返したくない

職員さんにお願いし
今回もオススメの犬の情報をまとめてもらいました

もしも今ワンちゃんを家族に迎えたいとご検討中のご家族がいらっしゃいましたら
10日の緊急譲渡会にご家族みなさまで足を運んでみてください

5
10





私達は猫の保護をメインとしていますので
犬に関する知識やサポートは万全ではないかもしれません

それでもお手伝いできることがありましたら
精一杯サポートさせて頂きます

どうか
どうか市の犬たちの命が1つたりとも奪われませんように

みなさまのご協力を心よりお待ちしています

市のセンターの犬たちには来週訪問して会ってきます

チーム宛のメールフォームはコチラ


 ☆熊本県より、熊本地震被災動物救済活動への『感謝状』をいただきました ☆福島出発します。
2019年03月08日 (金) | 編集 |
3月9日(土) 午後10時00分

BS1スペシャル「小さな命の絵~ペットと飼い主の震災~」



知られざるペットと飼い主の物語をお伝えします。震災から8年、今も続くささやかな展覧会がある。「災害で消えた小さな命展」震災で命を失った犬や猫の似顔絵を描いたものだ。一人の絵本作家が無償で続けてきた。家族同様だったペット。しかし多くの人が亡くなる中で、犬や猫を失った悲しみは誰にも言えなかった。肉親も亡くした人は、なおさらだった。癒えない傷を救ってくれたのが、一枚一枚のペットの似顔絵だった…


☆3月8日(金)9日(土)福島
3.11福島被災動物救済活動、あれから8年になります。長い年月、活動を支えて下さいました皆様、本当にありがとうございました。今回の活動を持ちまして、一旦区切りを付けさせていただきます。が、人のいない町での猫の生存情報などが入りました際には、状況に応じて対応する等、私自身、またボランティアさんたちもこれからも福島になんらかのかかわりを持っていく事になると思います。これからも福島の様子をお伝えできたらと思っております。

間もなく、出発します。
2月、一匹の猫が確認され保護された場所を中心に14台の捕獲器を設置したあと、8年に渡り保護活動を行いました全域をできる限り回る予定です。
え



☆里親会
3月10日(日)14時~18時 雨天決行
川崎市川崎区大島1-28-15グリーンプラザ1F
 TNR日本動物福祉病院内

※ 必ず、里親会ページ下の「譲渡条件(一部)」をお読みいただき、ご来場ください。
emiriairi_201903070259448bb.jpg

D0C3DFpU0AAd1P5_201903070242161dd.jpg
子猫成猫猫多数。室内です。抱っこや遊んだりして決められます。

D0n3_-DVAAAeF59.jpg
子犬二カ月半ミックス♂中型~20キロ位になる可能性あり。大きくなっても室内で飼っていただけるご家族様へ。




☆熊本県より、熊本地震被災動物救済活動への『感謝状』をいただきました

犬猫救済の輪 TNR日本動物福祉病院では、熊本県の愛護団体に熊本県動物管理センターに収容されてくる熊本地震被災猫たちの引出しと空輸をしていただくことで、110頭の猫を引取り、新しい飼い主へと譲渡しました。一部の猫が、なついていなかったり病気高齢などの理由で犬猫救済の輪 シェルターで暮らしています。

緊急災害時のレスキューとその後の譲渡に関し、里親になって下さった皆様、また支援という形でご協力をくださいました皆様に、感謝状のご報告と、改めましてお礼を申しあげます。

20190307_171020.jpg


20190307_171053.jpg


熊本県動物管理センターは、熊本地震までは、各保健所から搬送されてくる全ての犬猫の殺処分を行う殺処分場でした。

震災で、飼い主のいる犬猫も被災動物として収容される可能性が高いため、一時、殺処分を停止しました。停止期間中、当会や県内外の団体等は、殺処分をしないよう多くの命を引き取りました。しかし、一定期間が過ぎたとして殺処分を再開しようとした熊本県に、当会では、この間も、殺処分せずに譲渡できたのだから、譲渡できることが実証されたのだから、殺処分場から譲渡のためのセンターに変えるべきと強く要望し、交渉を続けました。

熊本県動物管理センターは、殺処分を中止しました。知事の公約でもあった殺処分ゼロを目指し熊本県動物愛護センターと名称を変え、譲渡のためのセンターに生まれ変わりました。
地震からの大変な時期にも関わらず、熊本県はどうして殺処分せず譲渡ができたのか、それは、ホームページでのすべての収容動物の写真入り情報公開が実現できたからです。

最初からではありません。一部の公開がされたものの、なついていない凶暴などの理由で分けられた命はホームページに掲載されず殺処分再開の声が高まったときです。殺処分が迫った中で、犬猫救済の輪と県との交渉の記録も、相当激しいやり取りが残っています。
なついていない、凶暴だから、譲渡適性がない、そのように職員が判定した猫たちも、全頭ホームページにあげるように要望し、熊本県動物管理センター長との電話での交渉の中で電話口で待ったまま、全頭がホームページにアップされた瞬間を、忘れることはできません。これで、救えると確信した瞬間でした。県外からでも、詳細な情報を得ることができれば確実に譲渡の確率は大きく広がります。一頭も殺処分することなく譲渡となった命、犬猫救済の輪が引き取った110頭の猫の中にも、一頭として危険で扱えない猫などおりませんでした。

動物愛護行政が大きく変わる時、その後がすべて理想通りに行くわけではありません。生かしさえすればよいのかというような批判の声も聞きますが、殺すことから生かすことへは、大きな前進と言えます。
熊本県はと言えば、まだまだ、県主導には程遠く、ボランティアさんたちは、譲渡の機会を増やすよう県主導での譲渡会を頻繁に行うことなど要望しているとのことです。


殺処分場だった熊本県動物管理センターに収容された猫、熊本県は、生かす方向へと大きく転換、「ビヨンセちゃん」という名前を付けていただいて空輸で羽田に到着。犬猫救済の輪で受け入れました。なつきませんけど、触れませんけど、ビヨンセちゃんは、ひとりコロンコロンひっくりかえってはご機嫌に暮らしています。
20190308_000149[1]






茨城県の殺処分ゼロを目指す条例に賛同し、二期、全力で譲渡事業に参加させていただいてきた当会ですが、実現しないことが多く最後のお願いをしているところです。ホームページに収容動物全頭の情報公開をすることなど、お金もかかることではなく、さほど時間がかかることでもありません。怪我や病気や不幸にあった動物が幸せに生きていけるように愛護の気持ちがあればできることと私は思いますし、私たちはそうして生きられる方へと繋げています。もしも、やってみて問題があれば、また変更すればよいだけのことです。
先日、譲渡団体の意見交換会が行われました。当会は多頭崩壊の扱いで参加できませんでしたが、聞く話によりますと、動物愛護推進課より、地域猫以外にはエサを与えないようにとの発言があったとか、本当であれば根本から勉強しなおしていただかなければなりません。愛護動物でもある猫にエサを与えてはいけない、捨てられた猫は、飢えに苦しみ死んでくださいというのが、愛護推進であるはずがありません。啓蒙が大事とよく言われますが、電話相談などで県民にそのような愛護とは真逆の啓蒙がなされているのであれば問題です。議事録を待っているところです。




tsuchiura_banner_ss_0220.jpg
多頭飼育崩壊猫80匹。十分な水がなくドライフードだけを与えられていた猫たちは、尿路結石や腎臓を壊し、生命の危機にある猫も多数入院治療を受けています。苦しむ猫たちを救うため、皆様のお力をお貸しください。

ご支援金お振込先 
■土浦現地緊急対応用 常陽銀行(ジョウヨウ)取手支店 普通)2097218 名義 コイチノボル
■医療費支援
 ・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
 ・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
  郵便振替は、通信欄に使途目的(例 多頭)等と明記下さい。 
  銀行振込は、お名前の前に使途目的(・例 タトウ)と入力下さい。
  (月1回ほどこちらのページにてご報告させていただきます。)




☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊
結石治療後の処方食(PHコントロール)が必要な猫達多数、新しい飼い主さんを探します。一匹でも、迎えていただけます方はいらっしゃいませんでしょうか。同時、フォスターペアレント募集。


結石治療後の処方食が必要な猫、新しい飼い主さんを探します。
健康状態の良い猫から里親募集をしていますが、ストルバイト結石の猫達は、治療後もずっとPHコントロールなどの処方食を続けなくてはなりません。頭数が多すぎ病院内に保護しておけないため、土浦に一旦戻しますが、例えば、昨日入れ替えで7匹の猫が戻り、この子たちに処方食を持たせると、一日一匹が70g食べるとして一月60000円かかってきます。入れ替えできた猫達もまた、結石の猫達がいます。処方食を止めてしまうとまた再発する可能性はとても高いです。
崩壊状態の飼い主にできることは、お世話だけです。

この猫たちが生きていけるようご協力を呼びかけさせていただきます。
・できます範囲で医療費のご支援をお願い申し上げます。
・一匹でも結石治療後の猫の里親になって下さい。(一月の処方食代一万円以内かかりますことをご了承ください。)
フォスターペアレントになって下さい。(通常お願いしております猫たちは、一日100円一月3000円ですが、処方食になりますので一月9000円になってしまいます。申し訳ございません。または、一匹の猫さんに3名のフォスターペアレント様で守っていってあげられますのでご検討宜しくお願い申し上げます。))

膀胱・結石ルーム(写真は後日掲載します)

フォスターペアレント募集

お問合せをいただきました方へ、・・・ありがとうございます。近日中にご連絡させていただきます。宜しくお願い申し上げます。
t
h_20190226204428670.png






犬猫救済の輪 TNR日本動物福祉病院 では、恵まれない環境に置かれた命を少しでも救えるようスタッフ一同精いっぱい努めておりますが、いつも、力足りず皆様のお世話になりますこと、本当に申し訳ございません。

☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊 
茨城ー川崎搬送ボランティア募集
また、引き取った子、入院治療中の子が沢山おりますので、お世話ボランティアさん、募集しています。
頭数が多すぎます。お手伝いに来ていただけませんか。

 メールフォーム

多頭用支援物資のお願い
・トイレの紙砂・猫缶種類問わずたまの伝説 黒缶パウチ種類問わず ・搬送用ケージ・アイリスオーヤマ折りたたみケージ搬送用小8個・成猫用ドライフード多頭用不足150kg・ロッテホカロン貼らないタイプ・中古バスタオル・フリース(穴あきやシミがあっても洗濯してあれば使えます。柔軟剤は使わないでください。)・トイレ処理用ポリ袋30L・布製ガムテープ・養生テープゴミ処理用ポリ袋45L ・腎臓サポートドライ・猫用ドライフード種類問わず・トイレの紙砂・ペットシーツワイド中厚


受入先 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛
      時間指定 14時から19時 
しばらくの間、川崎―茨城土浦便がでます。日本動物福祉病院出発



☆支援物資のお願い
・成猫用缶詰等の物資が大変不足しております。ご協力いただけますと有難いです。また、処方食c/d・ ペーハーコントロール常時必要としております。
楽天ほしいものリストはこちら
・子犬用ドライフード ・子犬用缶詰・トイレの紙砂
・トイレの紙砂
・焼きカツオ高齢猫用・カロリーエース・猫ちゃん牛乳・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・箱シーバ・猫缶・ちゅーる・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイドメーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ポリ袋トイレ猫処理用・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・20Lポリ袋(トイレ処理用)

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・成猫用ドライフードキャネット多頭用大袋ロイヤルカナンキトン・ロイヤルカナン10キロ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・焼きカツオ・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス・ミャウミャウクリーミー・消毒用ハイター・猫ドライ腎臓用
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。




 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。







 ☆魂の議会質問、共に生きる未来へ。(特定非営利活動法人 C.O.N様 ブログ転載) ☆支援金ご報告2019.1月分 ありがとうございました。
2019年03月07日 (木) | 編集 |
1kanban1_2019013002460280b.jpg
TNR日本動物福祉病院 獣医師正社員 アルバイト パート募集  メールフォーム



illust1538_thumb_20181116141145a8a.gif
沢山の子猫のお世話にあなたの手をお貸しいただけませんか。  メールフォーム


☆里親会
3月10日(日)14時~18時 雨天決行
川崎市川崎区大島1-28-15グリーンプラザ1F
 TNR日本動物福祉病院内

※ 必ず、里親会ページ下の「譲渡条件(一部)」をお読みいただき、ご来場ください。
emiriairi_201903070259448bb.jpg

D0C3DFpU0AAd1P5_201903070242161dd.jpg
子猫成猫猫多数。室内です。抱っこや遊んだりして決められます。

D0n3_-DVAAAeF59.jpg
子犬二カ月半ミックス♂中型~20キロ位になる可能性あり。大きくなっても室内で飼っていただけるご家族様へ。



☆3月8日(金)9日(土)福島大熊町活動予定
 ボランティアさんへ伝達事項


2月、大熊町野上にて、センサーカメラで猫の生存が確認されました。ボランティアMさんにより捕獲保護できました。ご安心ください。つきましては、兄弟、母猫などがいる可能性がありますので、8日、9日の連日、捕獲器を設置いたします。
楢葉拠点8時集合になっておりますが、その後、富岡から高津戸スクリーニング会場で立ち入り許可を取り、AM9:00大熊町三角屋から圏内入り二手に分かれ、新山ー旭台ー野上周辺のセンサーカメラの映像確認と約10台の捕獲器の設置を行います。
皆さん、ご協力宜しくお願い致します。

3.11福島被災動物救済活動、あれから8年になります。長い年月、活動を支えて下さいました皆様、本当にありがとうございました。
今回の活動を持ちまして、一旦区切りを付けさせていただきます。が、人のいない町での猫の生存情報などが入りました際には、状況に応じて対応する等、私自身、またボランティアさんたちもこれからも福島になんらかのかかわりを持っていく事になると思います。
これからも福島の様子をお伝えできたらと思っております。


☆支援金ご報告2019.1月分 ありがとうございました。

被災支援金
オクダ様 ヒラカワ様

一般
クリモト様 ヒラカワ様 ダイキョウウンユ様 フィットコーポレーション様 オチアイ様 ヤマモト様 ナガタニ様 テラダ様 ミウラ様 シマダ様 ナガタ様 シミズ様 アラキ様 イガラシ様 タケウチ様 イシイ様 ハヤシ様 アサイ様 フカヤ様

シェルター基金
カトウ様 ナカシマ様

フォスターペアレント
イナミ様 マエダ様 イザワ様 サトウ様 イトウ様 タナカ様 アイコウ様 シミズ様 ダイコク様 コンドウ様 タカガワ様 イケダ様 サトウ様 シマダ様 ナガイ様 ニシヤマ様 コウノ様 アサイ様 エトウ様



特定非営利活動法人 C.O.N様 ブログ転載


殺処分ゼロのため、動物愛護基金の使い道

魂の議会質問、共に生きる未来へ。

2019年03月01日(金)

▼福島さとり議員

動物愛護行政の課題解決について、稲村市長にお伺いいたします。
現在、市内で市民の方が職員とともに力を合わせ、市内の課題解決に向け、それはそれは情熱を持って取り組んでいかなければ解決できない問題があります。
動物愛護の取り組みです。

中でも、国の法律にも示されている犬・猫の殺処分ゼロを実現させるための取り組みです。職員も市民の方も一生懸命です。
しかし今、この市民と職員との協働の取り組みが、崩壊寸前です。

その内容を具体的に申し上げます。
まず、動物愛護センターの体制です。
これまでの動物愛護行政に加え、殺処分ゼロを目指すため、野良猫不妊手術助成制度や譲渡数をふやす取り組みとして、ホームページで収容動物の写真掲載や離乳後の子猫の譲渡の推進や休日譲渡説明会の実施、収容動物の体験飼養、日々の電話相談や苦情等の対応と現地への適正飼育の指導など、その業務量は非常にふえています。  
ところが職員数は従来と変わらず、2名の獣医師を含む正規職員3名と嘱託職員2名の5名体制です。1名休職中のため実際は4名体制です。
職員のレベルアップの域を超え オーバーフローで、このままでは潰れてしまわないか大変心配です。今の体制では、業務を履行しようにも限界に来ています。
 
一方、ボランティア活動をしてくださっている方も限界に来ています。
動物愛護センターには、収容房が犬6室、猫10室しかないため、市内で多頭飼育崩壊が発生した場合、ボランティアの方々は1人で何十匹と保護します。センターからも引き取り依頼のお声がかかることもあるようです。


先日も多頭飼育崩壊があり、借り家の明け渡しのために20時間以内に対応しなくてはいけない状態でした。センターでは15匹受け入れ、残り46匹はボランティアの2人の方が保護されました。


ボランティアの方の自宅がどのような状態になっているのか、お宅を見せていただきました。
お手元の写真です。見ていただいていいですか。


(議会で配布された参考資料)


たくさんの猫を保護していただいております。
2階の4つの部屋に、今回の猫を含め今まで殺処分を逃れるために保護した猫100匹を保護されています。室内は清潔に保たれ、真心込めて大切に育てられています。御近所に迷惑がかからないよう、家の窓は1年365日閉めたままにしており、冷暖房もつけたままです。
そして里親探しをし、決まれば譲渡されます。しかし、いつ御自身が動けなくなるかわからない、そのときは大変になると心配されています。


この状態は、ボランティアのお宅が市の保護施設のいわゆる下請保護施設となっていると言っても過言ではありません。
余りにも市民の負担、ボランティアの負担が大き過ぎます。
市民の皆さんは非常に頑張ってくださっています。
そして、職員も 少ない人数でフル回転です。
しかし、このように市民と市の協働のまちづくりが崩壊寸前です。

市長はこの状況をどのように思われますか。
市長が目指す公約の市民力×職員力の相乗効果で、課題解決先進都市・尼崎を目指す視点から御見解をお聞かせください。


動物愛護法により、犬猫の引き取りは行政の業務です。
今回の多頭飼育崩壊となった61匹のうち市が引き取らなかった46匹について、ボランティアの方が引き取らなければ市はどのような対応をとることになるのか、また、ボランティアの方々が今後保護は無理とおっしゃったら、
殺処分するのでしょうか
、お聞かせください。

先ほど紹介したように、1人の方は100匹以上の猫を保護し里親を見つけ、譲渡活動されていますが、まず猫を引き取った場合、必ず感染症を防ぐためワクチンと ノミ取り、さらにはエイズ、白血病の検査をします。
そして、多頭飼育崩壊した猫は不妊手術をしていないものがほとんどなので、不妊手術をして里親に譲渡します。


これら一式の処置には1匹当たり何と1万5,000円から2万円の費用がかかります。
全て個人で負担されておられます。

費用の負担は大変だと思いますが、譲渡する以上、処置して譲渡しないとボランティア自身の資質を問われるとのことです。この方はこれまで200匹以上保護されてこられましたので、費用は自己負担なので莫大な金額になります。


このように殺処分ゼロを願い、市のかわりとなって猫を保護している場合は、一旦、市が感染症を防ぐワクチンを打つなどすべきではないでしょうか、
いかがでしょうか。

今年度から、多頭飼育に対して地域から苦情が出た場合に不妊手術の一部を助成する事業が始まりましたが、飼い主が申請してその後も飼い続ける場合が対象となります。
したがって、今回の多頭飼育崩壊でボランティアの方が保護された場合には支給対象から外れます。このような場合に対してこそ支給されるべきと考えます。
運用の見直しが必要ではないでしょうか、あわせて市長の御見解をお聞かせください。


動物愛護行政は、殺処分ゼロの取り組みや多頭飼育崩壊など、新たな課題にも対応していかなければなりません。これまで以上に業務量が増加しています。
現在の動物愛護行政の人員体制を見直す時期が来ていると考えます。


以前、我が会派の安田議員が旭川市の動物愛護センター、愛称あにまあるの取り組みを通し提案されました。私も視察しましたが、大変参考になります。


平成24年に旭川駅近くの交通アクセスの便利な場所に新築移転され、犬の保護室28頭、猫の保護室42頭の受け入れ体制、動物愛護の普及啓発、犬猫の飼育体験、そして注目すべきはボランティアの活動です。
ここでは、動物愛護ボランティアの登録と講習会の開催、動物愛護推進員の就任依頼と講習会の開催、ボランティアによる保護動物の世話、動物愛護推進員による犬や猫の飼い方相談です。さらに職員体制は、獣医師4名を含む正規職員7名、再任用職員2名、嘱託職員3名、 臨時職員6名の計18名体制です。

そこで提案いたします。
このような取り組みを参考に、本市の厳しい現状の動物愛護行政について、その課題解決の方法として、職員をふやし、その体制を強化するべきと訴えますが、お考えをお聞かせください。
また、ミルクボランティアなどボランティアの方による保護動物の世話や、動物愛護推進員による犬や猫の飼い方相談など、有償での支援体制を整えていくべきです。 御見解をお聞かせください。


次に、動物愛護基金についてです。
他の自治体では、動物愛護基金の使い道を人材登用に充てるケースもあります。
有償ボランティアの財源についても活用できると思います。
また、ボランティア団体の方は多くの猫を保護し、里親探しをするために譲渡会を開催していますが、その会場費は御自分たちで負担されておられます。
そこで、その会場費に基金を活用してはいかがでしょうか。
そして基金をふやすためにも、基金を呼びかけてくださっているボランティアを法的に認証するオフィシャルサポーターの設置を進めるべきです。
それぞれお考えをお聞かせください。(中略)


▼医務監(郷司純子さん) 

動物愛護行政の一連のお尋ねにお答えいたします。
まず、市民やボランティアの負担が大きく職員も少ない状況で、協働のまちづくりが崩壊寸前だと思うが、市民力と職員力の相乗効果で、課題解決先進都市を目指す視点から、どのような見解を持っているのかというお尋ねでございます。


近年、犬猫ともに殺処分数は減少しておりますが、多頭飼育崩壊は社会問題化しており、動物愛護行政のみならず、飼い主の高齢化や被災等さまざまな要素が絡んで引き起こる問題であるとして認識しております。


これまでにも、ボランティアの皆様には多頭飼育対策に対して多くの御協力をいただいておりますが、同時にボランティアの皆様のいわゆる二次崩壊についても危惧しているところでございます。


本市としましては、市民力と職員力を相互に高め、複雑多様化する課題解決に取り組むことがまちづくりの基本であると考えております。
多頭育崩壊の問題につきましても、市民やボランティアの方々と密接に連携しながら、引き続き、未然防止の啓発を行うとともに、新たな課題に対しても解決に向けて取り組んでまいりたいと考えております。
 

次に、ボランティアの方々が引き取らなければ市はどのような対応をとることになるのか、また、ボランティアの方々が今後保護は無理と言ったら殺処分するのかというお尋ねでございます。

現在、動物愛護センターは、猫の収容上限が10匹であり、緊急対応としての多段ケージを用いて対応することもできますが、今回のケースは61匹もの飼育があり、収容限度を大幅に超えることからボランティアの皆様の御協力をお願いしたところです。

収容については、施設の収容能力や管理体制に限界があるため、現時点において全ての猫を対象とすることは難しいと考えておりますが、市としましては殺処分率の減少に努めているところでもあり、今後としましても市民の方々に動物愛護行政の推進に御協力いただきたいと考えております。


次に、ボランティアが猫を保護した場合、市が感染症を防ぐワクチンを打つべきではないか、多頭飼育崩壊でボランティアが保護した場合にも、不妊手術費用が助成されるよう運用の見直しが必要ではないかというお尋ねでございます。
御指摘のとおり、ボランティアの皆様が多大な自己負担をされていることは認識しており、新たな動物愛護基金の使途について検討の必要があると考えております。

次に、旭川市の取り組みを参考に、市民の動物愛護行政における課題解決の方法として、職員をふやしてその体制を強化すべきと思うがどうかというお尋ねでございます。
多頭飼育崩壊の問題など動物愛護行政を取り巻く状況は多様化しており、体制の強化は必要であると認識しております。


しかしながら、その中核を担う獣医師を安定的に採用していくことは多くの自治体においても困難な状況であるため、当面は嘱託員や臨時職員の活用を図るとともに、ボランティアの皆様の御協力をいただきながら体制を強化してまいりたいと考えております。


次に、ミルクボランティアなどのボランティアによる保護動物の世話や動物愛護推進員による犬や猫の飼い方相談などの有償での支援体制を整えていくべきだと思うがどうかというお尋ねでございます。


今後の体制強化において、ボランティアの皆様の協力は必要不可欠であると考えており、ミルクボランティアなどのボランティアによる保護動物の世話に係る支援体制や動物愛護推進員のあり方については、基金の活用も含めて動物愛護管理推進協議会で協議してまいりたいと考えております。

 
次に、動物愛護基金の使い方として、譲渡会の会場費に基金を活用するのはどうかというお尋ねでございます。
動物愛護基金は動物の愛護に関する事業の推進を図るために設置しており、動物の譲渡会に対する活用は、その目的にも合致していることから可能であると考えております。


次に、資金をふやすためにも、基金を呼びかけているボランティアを公的に認証するオフィシャルサポーターの設置を求めるべきであると思うがどうかというお尋ねでございます。
基金の呼びかけに際しましては、ボランティアの皆様の協力が必要であり、御提案のオフィシャルサポーターの制度も基金の増額に向けた取り組みの一つであると考えております。これまでも、ボランティアの皆様が企業や団体を訪問する際には市職員が
同行することにより対応してまいりましたが、御提案の内容も含め、今後、基金の呼びかけに際し新たな制度が必要か否かについては、動物愛護管理推進協議会において協議してまいりたいと考えております。(略)


▼福島さとり議員
 
多頭飼育崩壊、動物愛護行政の御答弁をいただきました。
先ほど、多頭飼育崩壊をした後、猫を引き取っていただきましたボランティアの方、100匹いるということで、こちらになるんですけれども、本当にこの状態は異常だと思うんです。
やっぱり市の動物愛護の業務といいますのは動物を保護するということでありますし、それだけではないと思いますけれども、しかし15匹しか今回受け入れていただけなかった、それで46匹はとなって、やはりボランティアの皆さんのお力に
というふうになっているんですよね。
先ほど御答弁いただいたんですけれども、具体的にもう一度御答弁いただきたいと思います。今回、ボランティアの方が46匹引き取られましたけれども、もう言ってみたら引き取る場所がないです。お気持ちは、動物愛護の思いというのは本当に深い深い愛情を持って取り組んでおられます。だけれども、もうスペースがないんですと、本当に悲鳴を上げておられる
のです。なので、こういった場所を何とか市のほうで対応していただきたいというそんな切実な思いなわけです。
もう一度御答弁いただきたいと思います。


46匹についてボランティアの方が引き取らなければ市はどのような対応をされるのかという質問をさせていただきましたが、
具体的に46匹が動物愛護業務の中でどうなっていくのかということをお示しいただきたいと思います。
また、殺処分をできるだけなくすために、引き続きボランティアの皆様にというような御答弁があったと思います。でも、もう崩壊寸前なんです。
そういったことを踏まえて質問させていただきたいと思います。


去る6月29日に、尼崎市を中心に活動する猫の保護団体であるC.O.Nの尼崎市動物愛護基金チャリティーパーティーが開催され、多くの市民が集い、お祝いしました。
稲村市長は来賓挨拶で、動物も生まれてくる場所は選べない、でも尼崎に生まれた命は大事にできるよ、動物の命を育んでいらっしゃる皆さんとともに一緒に地域の問題をしっかり解決していけたらと思いますと、心強いメッセージを述べられました。
稲村市長は、ボランティアの方々の取り組みに対して、どのような評価をされていますか。
また、ボランティアの皆様は、殺処分ゼロを目指し日々献身的に活動されています。
しかし、もうこれ以上私たちには受け入れる保護場所がない、どうかしてほしいという切実な思いをどのように受けとめられておられますか。

持続可能な取り組みを進めるために、猫の飼育保管の受け入れ数をふやすために、
早急に施設整備を行うべきではないでしょうか。

保護譲渡の運営については市と市民等の協働で行ってよいと思います。
いかがでしょうか、あわせて御見解をお聞かせください。

以前から我が会派の故仙波議員や真鍋議員が再三にわたって、猫の保護譲渡施設の整備について提案してまいりました。
しかし、市は、収容数が定数を超えたことがないと、
施設整備の必要がないと答弁され続けてきましたが、現実はボランティアの皆さんに何百匹も保護していただいて
いるのが実態です。しかも、もう限界です。
どうかこの問題を直視していただきたいと思います。


多頭飼育崩壊は全国各地で起きています。本市が課題解決先進都市と標榜するのであれば、まずは現場に足を運んでいただいて問題を直視し、解決に向け全力で取り組んでいただきますことを強く要望し、私の全ての質問を終わります。

▼市長(稲村和美さん) 
動物愛護に関します御質問についてお答えを申し上げます。
まず、ボランティアの皆様には、日ごろから動物の愛護、譲渡、また野良猫の不妊手術への協力、愛護啓発活動等にさまざまに御支援、活動いただいており、心より敬意と感謝を申し上げる次第です。本当にありがとうございます。


先ほど、多頭飼育崩壊に対して、もう本当に何十匹という猫の保護が必要になるというケースの具体的な御紹介がございました。
また、ボランティアの皆様の献身的な活動に対する資料もお配りをいただきました。
施設整備につきましては、抜本的に進めていくにはさまざまな課題もございますが、今回のような事例を受け、ボランティアの皆様にいろいろな御協力をいただいた際のいろいろな対応でございますとか、あと市としてももう少し容量をふやしていけないのか、一定の検討が必要だというふうに認識をしております。


このようなケースが今後もふえていかないような予防的な取り組みも含め、また起こってしまったときの対応も含め、先ほど医務監からも御答弁申し上げました
とおり、協議会でもさまざまに御議論いただきたいと思っておりますが、市としましても、せっかく基金をいろいろと募集させていただいております。
そこにもしっかりと力を入れていくとともに、また、その有効活用についてもさらなる取り組みが必要だと認識をしておりますので、
動物愛護の活動を熱心に取り組んでいただいているボランティアの皆様の御意見をしっかりとお聞きし、連携をさらに強化しながら、動物愛護行政のさらなる推進に全力を尽くしてまいる所存でございます。


▼医務監(郷司純子さん)
先ほどの61匹もの今回のケースに対して、行政としてほかの対応はなかったのかという御質問にお答えいたします。
先ほど申しましたように、緊急対応として多段ケージというのがありまして、今回はそれを5匹のみに使っております。今後は、多段ケージをもう少し活用できるように体制を整えることが必要であると考えておりますとともに、保護された動物に関しましてはホームページで譲渡を促進するような御案内を出すとか、譲渡会の開催を積極的に行うなどして対応してまいりたいと思います。


市長が申しましたように、今後とも動物愛護行政の推進に御協力いただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
ボランティアの方が保護していただいている46匹に関しましては、先ほど申しましたように、ホームページ等で譲渡を促進する取り組みだったり譲渡会の開催等を行ってまいりたいと思います。
また、保護されている動物についてのワクチンとか……



(発言する者あり)

▼議長(波多正文議員) 席での発言はちょっと……。お願いします。




▼医務監(郷司純子さん)
46匹についての殺処分については考えておりません。
できるだけ譲渡を進めるような取り組みをしてまいりたいと思います。



尼崎市議会平成30年9月定例会(第7回)
質問者:福島さとり議員





tsuchiura_banner_ss_0220.jpg
多頭飼育崩壊猫80匹。十分な水がなくドライフードだけを与えられていた猫たちは、尿路結石や腎臓を壊し、生命の危機にある猫も多数入院治療を受けています。苦しむ猫たちを救うため、皆様のお力をお貸しください。

ご支援金お振込先 
■土浦現地緊急対応用 常陽銀行(ジョウヨウ)取手支店 普通)2097218 名義 コイチノボル
■医療費支援
 ・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
 ・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
  郵便振替は、通信欄に使途目的(例 多頭)等と明記下さい。 
  銀行振込は、お名前の前に使途目的(・例 タトウ)と入力下さい。
  (月1回ほどこちらのページにてご報告させていただきます。)




☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊
結石治療後の処方食(PHコントロール)が必要な猫達多数、新しい飼い主さんを探します。一匹でも、迎えていただけます方はいらっしゃいませんでしょうか。同時、フォスターペアレント募集。


結石治療後の処方食が必要な猫、新しい飼い主さんを探します。
健康状態の良い猫から里親募集をしていますが、ストルバイト結石の猫達は、治療後もずっとPHコントロールなどの処方食を続けなくてはなりません。頭数が多すぎ病院内に保護しておけないため、土浦に一旦戻しますが、例えば、昨日入れ替えで7匹の猫が戻り、この子たちに処方食を持たせると、一日一匹が70g食べるとして一月60000円かかってきます。入れ替えできた猫達もまた、結石の猫達がいます。処方食を止めてしまうとまた再発する可能性はとても高いです。
崩壊状態の飼い主にできることは、お世話だけです。

この猫たちが生きていけるようご協力を呼びかけさせていただきます。
・できます範囲で医療費のご支援をお願い申し上げます。
・一匹でも結石治療後の猫の里親になって下さい。(一月の処方食代一万円以内かかりますことをご了承ください。)
フォスターペアレントになって下さい。(通常お願いしております猫たちは、一日100円一月3000円ですが、処方食になりますので一月9000円になってしまいます。申し訳ございません。または、一匹の猫さんに3名のフォスターペアレント様で守っていってあげられますのでご検討宜しくお願い申し上げます。))

膀胱・結石ルーム(写真は後日掲載します)

フォスターペアレント募集

お問合せをいただきました方へ、・・・ありがとうございます。近日中にご連絡させていただきます。宜しくお願い申し上げます。
t
h_20190226204428670.png






犬猫救済の輪 TNR日本動物福祉病院 では、恵まれない環境に置かれた命を少しでも救えるようスタッフ一同精いっぱい努めておりますが、いつも、力足りず皆様のお世話になりますこと、本当に申し訳ございません。

☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊 
茨城ー川崎搬送ボランティア募集
また、引き取った子、入院治療中の子が沢山おりますので、お世話ボランティアさん、募集しています。
頭数が多すぎます。お手伝いに来ていただけませんか。

 メールフォーム

多頭用支援物資のお願い
・トイレの紙砂・猫缶種類問わずたまの伝説 黒缶パウチ種類問わず ・搬送用ケージ・アイリスオーヤマ折りたたみケージ搬送用小8個・成猫用ドライフード多頭用不足150kg・ロッテホカロン貼らないタイプ・中古バスタオル・フリース(穴あきやシミがあっても洗濯してあれば使えます。柔軟剤は使わないでください。)・トイレ処理用ポリ袋30L・布製ガムテープ・養生テープゴミ処理用ポリ袋45L ・腎臓サポートドライ・猫用ドライフード種類問わず・トイレの紙砂・ペットシーツワイド中厚


受入先 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛
      時間指定 14時から19時 
しばらくの間、川崎―茨城土浦便がでます。日本動物福祉病院出発



☆支援物資のお願い
・成猫用缶詰等の物資が大変不足しております。ご協力いただけますと有難いです。また、処方食c/d・ ペーハーコントロール常時必要としております。
楽天ほしいものリストはこちら
・子犬用ドライフード ・子犬用缶詰・トイレの紙砂
・トイレの紙砂
・焼きカツオ高齢猫用・カロリーエース・猫ちゃん牛乳・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・箱シーバ・猫缶・ちゅーる・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイドメーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ポリ袋トイレ猫処理用・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・20Lポリ袋(トイレ処理用)

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・成猫用ドライフードキャネット多頭用大袋ロイヤルカナンキトン・ロイヤルカナン10キロ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・焼きカツオ・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス・ミャウミャウクリーミー・消毒用ハイター・猫ドライ腎臓用
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。




 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。











 ☆3月8日(金)9日(土)福島大熊町活動予定 ボランティアさんへ伝達事項 ☆動物愛護行政の事業、団体への依存度を引き下げる
2019年03月06日 (水) | 編集 |
1kanban1_2019013002460280b.jpg
TNR日本動物福祉病院 獣医師正社員 アルバイト パート募集  メールフォーム



illust1538_thumb_20181116141145a8a.gif
沢山の子猫のお世話にあなたの手をお貸しいただけませんか。  メールフォーム


☆ 犬ねこ里親会日程
第一日曜 ⇒ 蒲田ペットスマイルさん 12時~17時
第三日曜 ⇒ 戸越銀座ペットスマイルさん 12時~17時
その他日曜 ⇒ TNR日本動物福祉病院内 14時~18時

★ 今後の里親会のスケジュールをカレンダーで見る

次回: 3月10日(日)14時~18時 雨天決行
場所: 川崎市川崎区大島1-28-15グリーンプラザ1F TNR日本動物福祉病院内
※ 必ず、里親会ページ下の「譲渡条件(一部)」をお読みいただき、ご来場ください。



☆3月8日(金)9日(土)福島大熊町活動予定
 ボランティアさんへ伝達事項


2月、大熊町野上にて、センサーカメラで猫の生存が確認されました。
ボランティアMさんにより捕獲保護できました。ご安心ください。
https://twitter.com/animal_demo/status/1098842328398102528
safe_image.jpg
Dz_e0erUcAE7cTp.jpg



つきましては、兄弟、母猫などがいる可能性がありますので、8日、9日の連日、捕獲器を設置いたします。
楢葉拠点8時集合になっておりますが、その後、富岡から高津戸スクリーニング会場で立ち入り許可を取り、AM9:00大熊町三角屋から圏内入り二手に分かれ、新山ー旭台ー野上周辺のセンサーカメラの映像確認と約10台の捕獲器の設置を行います。
皆さん、ご協力宜しくお願い致します。


4年前 大熊町海側
4年前

k
         4年前、大熊町給餌給水活動    活動の終わりに楢葉町の海にて



3.11福島被災動物救済活動、あれから8年になります。長い年月、活動を支えて下さいました皆様、本当にありがとうございました。
今回の活動を持ちまして、一旦区切りを付けさせていただきます。が、人のいない町での猫の生存情報などが入りました際には、状況に応じて対応する等、私自身、またボランティアさんたちもこれからも福島になんらかのかかわりを持っていく事になると思います。
これからも福島の様子をお伝えできたらと思っております。



☆香川県センター収容動物について
3月5日、厚生労働省に狂犬病予防法について電話で質問いたしました。
また、香川県生活衛生課に県条例詳細をお尋ねいたしました。

今現在、特別なことが起きているかというとそうではありませんが、香川県の場合特別でない状況とは、全国どこよりも多く殺処分が行われているという状況であって、これは変えなければいけないということになりますが・・・
狂犬病予防法という法律がその妨げになり、手が付けられず、ただ野良犬にエサをやるななどの何の効果もない愛護法違反ともいえるような対策しかとられていないのが現状です。
現状を変えるにはと、真剣に考えてきたのかどうかもわかりませんが、何年もこのままでよいはずもなく、なぜまた私が、こんなことを考えているのか終わりがありません。



☆動物愛護行政の事業、ボランティアへの依存度を引き下げる

神奈川県が作った動画です。
神奈川県庁本庁舎で、神奈川県登録ボランティアによる譲渡会を開催しています。
県庁生活衛生課職員が案内役として出演しています。


https://www.youtube.com/watch?v=RGQBv4qMZt8


かなチャンTV(神奈川県公式)
2017/06/12 に公開
皆さんは「保護犬」の存在を知っていますか?
県動物保護センターの登録ボランティア、『アニマルプロテクション』から保護犬を引き取った3名の飼い主さんへインタビューすることができました。保護犬を引き取った経緯や、飼い主さんの保護犬に対する想いをご覧ください。

アニマルプロテクション
http://www.ac.auone-net.jp/~animalpr/

県動物保護センターでも犬・猫の譲渡会を開催しています。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f8019...

県庁で開催した譲渡会の様子はこちら
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/1...

かなチャンTV
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/1...

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆殺処分ゼロへ譲渡会に注力 埼玉県、犬猫の受け入れ先拡大目指す
https://www.sankei.com/region/news/181206/rgn1812060044-n1.html
2018.12.6 07:04 産経新聞
 県は、引き取り手が見つからない犬や猫の譲渡会に力を入れている。これまで適正な飼い方の啓発や野良猫の繁殖抑制に取り組んできた。その結果、平成29年度の殺処分数は1千匹を下回り、18年度の約10分の1にまで減少した。今後は県主催の譲渡会を通じて引き取り手を見つけて「殺処分ゼロ」実現を目指す。

これまで犬猫を管理する県動物指導センターの収容能力を超え、一定の期間、引き取り手が見つからない犬猫に対して殺処分したケースがあった。殺処分数を減らすため、県はさまざまな施策を実施してきた。26年10月から犬猫を10匹以上飼う住民に届け出を義務づけた。個人の限界を超えて多数の動物を飼育する「多頭飼育崩壊」による野良犬や野良猫の発生を防ぐためだ。また、野良猫に対する不妊・去勢手術活動への助成制度を推進するなどして抑制してきた。

 県生活衛生課の担当者は「繁殖抑制などの活動を『蛇口を締める』と呼んでいるが、ようやく蛇口が締まってきた。これからは(犬猫の)受け入れ先を増やす譲渡会の活動に力を入れていきたい」と話している。

これまでの譲渡は、県動物指導センターから動物愛護団体を経由して引き取り手に渡るケースと、同センターが直接、引き取り手に譲渡する2ルートがある。これに今年から始めた県主催の譲渡会が加わることになり、県庁で開かれた3回の譲渡会では、犬12匹と猫20匹の飼い主が決まった。

ただ、現時点では動物愛護団体への依存度が高い。29年度に譲渡されたのは733匹。うち552匹は団体を経由しており、団体の活動が限界を迎える可能性もある。県が譲渡会に力を入れるのは、団体への依存度を引き下げる狙いもある。今後は県主催の譲渡会にとどまらず、県内の市町村や民間企業との連携を模索している。県は、買い物客ら大勢の人目に触れる大型ショッピングセンターの入り口などで譲渡会を開催すれば認知度も高まり、引き取り手が見つかる機会も増えるとしている。

 上田清司知事は11月の記者会見で「公益活動などを熱心に取り組んでいただいている企業に、まずは連携を働きかけたい」と意欲を示している。 




tsuchiura_banner_ss_0220.jpg
多頭飼育崩壊猫80匹。十分な水がなくドライフードだけを与えられていた猫たちは、尿路結石や腎臓を壊し、生命の危機にある猫も多数入院治療を受けています。苦しむ猫たちを救うため、皆様のお力をお貸しください。

ご支援金お振込先 
■土浦現地緊急対応用 常陽銀行(ジョウヨウ)取手支店 普通)2097218 名義 コイチノボル
■医療費支援
 ・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
 ・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
  郵便振替は、通信欄に使途目的(例 多頭)等と明記下さい。 
  銀行振込は、お名前の前に使途目的(・例 タトウ)と入力下さい。
  (月1回ほどこちらのページにてご報告させていただきます。)




☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊
結石治療後の処方食(PHコントロール)が必要な猫達多数、新しい飼い主さんを探します。一匹でも、迎えていただけます方はいらっしゃいませんでしょうか。同時、フォスターペアレント募集。


結石治療後の処方食が必要な猫、新しい飼い主さんを探します。
健康状態の良い猫から里親募集をしていますが、ストルバイト結石の猫達は、治療後もずっとPHコントロールなどの処方食を続けなくてはなりません。頭数が多すぎ病院内に保護しておけないため、土浦に一旦戻しますが、例えば、昨日入れ替えで7匹の猫が戻り、この子たちに処方食を持たせると、一日一匹が70g食べるとして一月60000円かかってきます。入れ替えできた猫達もまた、結石の猫達がいます。処方食を止めてしまうとまた再発する可能性はとても高いです。
崩壊状態の飼い主にできることは、お世話だけです。

この猫たちが生きていけるようご協力を呼びかけさせていただきます。
・できます範囲で医療費のご支援をお願い申し上げます。
・一匹でも結石治療後の猫の里親になって下さい。(一月の処方食代一万円以内かかりますことをご了承ください。)
フォスターペアレントになって下さい。(通常お願いしております猫たちは、一日100円一月3000円ですが、処方食になりますので一月9000円になってしまいます。申し訳ございません。または、一匹の猫さんに3名のフォスターペアレント様で守っていってあげられますのでご検討宜しくお願い申し上げます。))

膀胱・結石ルーム(写真は後日掲載します)

フォスターペアレント募集

お問合せをいただきました方へ、・・・ありがとうございます。近日中にご連絡させていただきます。宜しくお願い申し上げます。
t
h_20190226204428670.png






犬猫救済の輪 TNR日本動物福祉病院 では、恵まれない環境に置かれた命を少しでも救えるようスタッフ一同精いっぱい努めておりますが、いつも、力足りず皆様のお世話になりますこと、本当に申し訳ございません。

☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊 
茨城ー川崎搬送ボランティア募集
また、引き取った子、入院治療中の子が沢山おりますので、お世話ボランティアさん、募集しています。
頭数が多すぎます。お手伝いに来ていただけませんか。

 メールフォーム

多頭用支援物資のお願い
・トイレの紙砂・猫缶種類問わずたまの伝説 黒缶パウチ種類問わず ・搬送用ケージ・アイリスオーヤマ折りたたみケージ搬送用小8個・成猫用ドライフード多頭用不足150kg・ロッテホカロン貼らないタイプ・中古バスタオル・フリース(穴あきやシミがあっても洗濯してあれば使えます。柔軟剤は使わないでください。)・トイレ処理用ポリ袋30L・布製ガムテープ・養生テープゴミ処理用ポリ袋45L ・腎臓サポートドライ・猫用ドライフード種類問わず・トイレの紙砂・ペットシーツワイド中厚


受入先 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛
      時間指定 14時から19時 
しばらくの間、川崎―茨城土浦便がでます。日本動物福祉病院出発



☆支援物資のお願い
・成猫用缶詰等の物資が大変不足しております。ご協力いただけますと有難いです。また、処方食c/d・ ペーハーコントロール常時必要としております。
楽天ほしいものリストはこちら
・子犬用ドライフード ・子犬用缶詰・トイレの紙砂
・トイレの紙砂
・焼きカツオ高齢猫用・カロリーエース・猫ちゃん牛乳・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・箱シーバ・猫缶・ちゅーる・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイドメーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ポリ袋トイレ猫処理用・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・20Lポリ袋(トイレ処理用)

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・成猫用ドライフードキャネット多頭用大袋ロイヤルカナンキトン・ロイヤルカナン10キロ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・焼きカツオ・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス・ミャウミャウクリーミー・消毒用ハイター・猫ドライ腎臓用
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。




 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






 ☆川崎市は、どうして殺処分ゼロを実現したか ☆茨城県動物指導センターに望むこと
2019年03月04日 (月) | 編集 |
1kanban1_2019013002460280b.jpg
TNR日本動物福祉病院 獣医師正社員 アルバイト パート募集  メールフォーム



illust1538_thumb_20181116141145a8a.gif
沢山の子猫のお世話にあなたの手をお貸しいただけませんか。  メールフォーム



  Meat Free Monday
週に一日お肉をやめよう
ミートフリーマンデー宣言

http://www.hopeforanimals.org/MeatFreeMonday/


ミートフリーマンデーオールジャパン Meat Free Monday All Japan
https://www.facebook.com/meatfreemondayalljapan/photos/a.563771460479561/980097742180262/?type=3&theater


☆香川県センター収容動物について

新譲渡センター3月10日オープンにより、譲渡対象にならなかった動物の扱いを心配する声が上がっています。
つまり、その犬(猫は、引取りをかなり制限している)たちは、今までのように愛護団体が引き取れなくなり殺処分されてしまうという心配です。
香川県行政関係者によりますと(時間がなく、全ての関係各所への問い合わせはできておりません。)今までの保健所での譲渡について一切行わず殺処分するということはありません。譲渡先、譲渡条件等の見直しは必要と考えておられます。
殺処分数ワースト8年の香川県、入り口対策に手が付けられないことが問題です。
野犬のTNRに違法性はあるか。
猫は、TNRが進んでいますが、犬は、不妊手術を施したとしても保護する場所がない、繁殖して増える野犬の殺処分を止めるために、不妊手術をし元居た場所に放すことは、違法か。


☆川崎市は、どうして殺処分ゼロを実現したか

譲渡適性とは何でしょうか

「譲渡適性のない犬猫」だと正しく断定できるそんな偉い人いるのでしょうか。
自分の手には負えないから、自分には飼えないから、自分はどうしたら付き合えるか知らないから、・・・ そういう人から、譲渡適性のない犬猫と選別され、殺される犬猫たち。

命を選別する行政でなくても、動物愛護団体などという名を持たなくても、犬猫の気持ちがわかる人は、いっぱいいます。
そしてその人達の方が更に、犬の気持ち猫の気持ちをもっともっとわかろうわかりたいと思って過ごしています。
なら、そういう人たちが引き取ればいいじゃないですかではなくて、そういう人たちが増えていくように現状を広く知らせて変えていくように努めていく事ではないでしょうか。
地域の特性はありますが、やっているところは、変わっています。
川崎市も、乳飲み子は全て殺処分、譲渡も殆どなし、収容施設内も見せない、そんな時代がありました。センター長が変わった年から、あっという間に変わった川崎市。やるべきことをやれば変われます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

殺処分ゼロを継続している川崎市主催譲渡会の動画

川崎市民ニュース

川崎市の犬の殺処分が2013年度、2014年度 ”0”になったと発表された。その原因は「犬猫譲渡会」と動物愛護団体の協力によるもの。今年7月から毎月1回「犬猫譲渡会」を開催するという。

2015/08/13 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=c1BuSOmsyx4


川崎市動物愛護センターでの譲渡会は、私たちが他県や他のセンターから引き取った犬猫たちも参加させて下さいました。
犬猫救済の輪でも、里親会を最低月2回から、毎週(土)・(日)開催とし、川崎市動物愛護センター引出や、福島被災地レスキューの犬猫の譲渡の機会を増やしました。
里親会は、とても地味な活動です。何匹決まったではなく、一生の幸せを考えて縁を結んでいきます。一匹も決まらないこともよくあります。一匹が良いご縁をいただけたことを喜び、コツコツと継続して年間数百という譲渡が成立します。コツコツでもやってよかったと思えます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の川崎市動物愛護センター

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=2251961005069641&id=1735717170027363&__tn__=-R
4時間前 ·

【猫の譲渡のご報告】

以前からホームページやフェイスブックにてご紹介していた成猫の「ドガ」「ココ」「ナッツ」「シーラ」「フランク」「トリトン」「ゴマちゃん」「ふじ」「つがる」「紅玉」「エドガー」の譲渡がそれぞれ決まりました。
応援してくださった皆様、「いいね」や「シェア」をしてくださった皆様、ありがとうございました!

動物愛護センターでは、このほかにも譲渡を待っている成猫たちがたくさんいます!ぜひお問い合わせください。

http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000070087.html

★川崎市動物愛護センターの公式Facebookでは、譲渡動物の情報や、各種イベント等の情報をアップしますので、ぜひ「いいね」や「シェア」をお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆茨城県動物指導センターに望むこと

茨城県動物指導センターでは、犬の収容施設が過密状態に陥っています。
譲渡団体へ依存するばかりではなく、私たちが提言させていただきました全てにおいて、早急に行動に移していただきたいと思います。特に、過密状況にある犬については、まったなしの行動が必要です。

熊本などでも、殺処分の危機が迫ったときには、緊急譲渡会の開催や、団体との協力でネットでの情報発信により広域譲渡をする等して殺処分を回避しています。

センターが、現状終生飼養の施設でないのですから、センター内に収容された犬猫他、全ての命は、センター外の幸せに生きられる場所へと繋ぐしかないのです。やるべきことは、全ての命の情報公開であり、緊急譲渡会であり、提言させていただいております通りです。早急にやらなければ、犠牲になる命が出るだけです。早急な対応を望みます。



tsuchiura_banner_ss_0220.jpg
多頭飼育崩壊猫80匹。十分な水がなくドライフードだけを与えられていた猫たちは、尿路結石や腎臓を壊し、生命の危機にある猫も多数入院治療を受けています。苦しむ猫たちを救うため、皆様のお力をお貸しください。

ご支援金お振込先 
■土浦現地緊急対応用 常陽銀行(ジョウヨウ)取手支店 普通)2097218 名義 コイチノボル
■医療費支援
 ・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
 ・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
  郵便振替は、通信欄に使途目的(例 多頭)等と明記下さい。 
  銀行振込は、お名前の前に使途目的(・例 タトウ)と入力下さい。
  (月1回ほどこちらのページにてご報告させていただきます。)




☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊
結石治療後の処方食(PHコントロール)が必要な猫達多数、新しい飼い主さんを探します。一匹でも、迎えていただけます方はいらっしゃいませんでしょうか。同時、フォスターペアレント募集。


結石治療後の処方食が必要な猫、新しい飼い主さんを探します。
健康状態の良い猫から里親募集をしていますが、ストルバイト結石の猫達は、治療後もずっとPHコントロールなどの処方食を続けなくてはなりません。頭数が多すぎ病院内に保護しておけないため、土浦に一旦戻しますが、例えば、昨日入れ替えで7匹の猫が戻り、この子たちに処方食を持たせると、一日一匹が70g食べるとして一月60000円かかってきます。入れ替えできた猫達もまた、結石の猫達がいます。処方食を止めてしまうとまた再発する可能性はとても高いです。
崩壊状態の飼い主にできることは、お世話だけです。

この猫たちが生きていけるようご協力を呼びかけさせていただきます。
・できます範囲で医療費のご支援をお願い申し上げます。
・一匹でも結石治療後の猫の里親になって下さい。(一月の処方食代一万円以内かかりますことをご了承ください。)
フォスターペアレントになって下さい。(通常お願いしております猫たちは、一日100円一月3000円ですが、処方食になりますので一月9000円になってしまいます。申し訳ございません。または、一匹の猫さんに3名のフォスターペアレント様で守っていってあげられますのでご検討宜しくお願い申し上げます。))

膀胱・結石ルーム(写真は後日掲載します)

フォスターペアレント募集

お問合せをいただきました方へ、・・・ありがとうございます。近日中にご連絡させていただきます。宜しくお願い申し上げます。
t
h_20190226204428670.png






犬猫救済の輪 TNR日本動物福祉病院 では、恵まれない環境に置かれた命を少しでも救えるようスタッフ一同精いっぱい努めておりますが、いつも、力足りず皆様のお世話になりますこと、本当に申し訳ございません。

☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊 
茨城ー川崎搬送ボランティア募集
また、引き取った子、入院治療中の子が沢山おりますので、お世話ボランティアさん、募集しています。
頭数が多すぎます。お手伝いに来ていただけませんか。

 メールフォーム

多頭用支援物資のお願い
・トイレの紙砂・猫缶種類問わずたまの伝説 黒缶パウチ種類問わず ・搬送用ケージ・アイリスオーヤマ折りたたみケージ搬送用小8個・成猫用ドライフード多頭用不足150kg・ロッテホカロン貼らないタイプ・中古バスタオル・フリース(穴あきやシミがあっても洗濯してあれば使えます。柔軟剤は使わないでください。)・トイレ処理用ポリ袋30L・布製ガムテープ・養生テープゴミ処理用ポリ袋45L ・腎臓サポートドライ・猫用ドライフード種類問わず・トイレの紙砂・ペットシーツワイド中厚


受入先 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛
      時間指定 14時から19時 
しばらくの間、川崎―茨城土浦便がでます。日本動物福祉病院出発



☆支援物資のお願い
・成猫用缶詰等の物資が大変不足しております。ご協力いただけますと有難いです。また、処方食c/d・ ペーハーコントロール常時必要としております。
楽天ほしいものリストはこちら
・子犬用ドライフード ・子犬用缶詰・トイレの紙砂
・トイレの紙砂
・焼きカツオ高齢猫用・カロリーエース・猫ちゃん牛乳・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・箱シーバ・猫缶・ちゅーる・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイドメーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ポリ袋トイレ猫処理用・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・20Lポリ袋(トイレ処理用)

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・成猫用ドライフードキャネット多頭用大袋ロイヤルカナンキトン・ロイヤルカナン10キロ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・焼きカツオ・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス・ミャウミャウクリーミー・消毒用ハイター・猫ドライ腎臓用
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。




 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。







 ☆香川県より子犬受入れ ☆THEペット法塾様が殺処分ゼロを目指す茨城県に行政シェルターの設置を要望し意見書を提出されました。
2019年03月02日 (土) | 編集 |
1kanban1_2019013002460280b.jpg
TNR日本動物福祉病院 獣医師正社員 アルバイト パート募集  メールフォーム



illust1538_thumb_20181116141145a8a.gif
沢山の子猫のお世話にあなたの手をお貸しいただけませんか。  メールフォーム


★子犬・こねこ成猫里親会
(子犬は、中型犬ミックス 大きくなっても室内飼育。朝夕の散歩が十分に時間の取れますご家族へ。不妊手術等、譲渡規約有り。後日お届け安全確認有り。)
3月3日(日)12時~17時 雨天決行
東京都大田区西蒲田7-66-12JR蒲田駅西口1分
 サンロード商店街 ペットスマイル 蒲田店

kamata.gif

ペットのおうち
http://www.pet-home.jp/contribute_user_151327/
ロンリーペット
http://lonelypet.jp/team/detail/189/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆香川県より、無事子犬到着

20190301_191023[1]

20190301_184756.jpg

20190301_185444[1]

20190301_231946[1]

奥の子犬は、とてもビビりな子です。
今のうちに、十分な愛情をかけて変えさせてあげなくては。
香川県保健所で、ワクチン接種、マイクロチップの装着もして下さっています。

香川県は、ワーストが何年も続いていますが、新しく3月10日に譲渡のためのセンターがオープンします。
現在は、4保健所から譲渡に向けて動物たちの移動中の様です。
動きのある時ですので、この時に、今までのこと、これからのこと、情報がネットなどに正確に伝わりづらい時と思われます。それぞれの情報を発信されている方の犬たちを救おうとする懸命な姿勢に私たちもできます協力をと引取りを開始いたしました。
なぜ、子犬たちが殺処分される状況になっていたのかなど詳しい理由はわかっておりませんが、まずは、命は守れました。
必要があれば、来週も引取りますが、来週は、各保健所の事情等を直接お聞きして、判断したいと思います。

この子犬たちは、既にワクチンも効いていますので、3日の蒲田里親会に参加予定です。
既に、関東に来ております子犬たちは、同日3日、 おーあみ避難所さん の子犬だけの里親会に多数参加しております。
ご家族おそろいでお出かけください。



☆THEペット法塾様が殺処分ゼロを目指す茨城県に行政シェルターの設置を要望し意見書を提出されました。

当会も茨城県に対して譲渡しにくい犬のためのリハビリ型行政シェルターを要望しています。

http://thepetlaw.web.fc2.com/Scan/20190226ibarakiken-ikensyo.pdf



動物シェルターについての意見書

                                    2019年2月26日

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町978-6  茨城県庁県庁舎 
茨城県知事  大 井 川 和 彦 様
(TEL:029-301-1111)

〒309-1606 茨城県笠間市日沢47
茨 城 県 動 物 指 導 セ ン タ ー 御 中
(TEL:0296-72-1200、TEL:0296-72-2271)

  
                   〒530-0047 大阪市北区西天満6丁目7番4号
                        大阪弁護士ビル4階 植田法律事務所
                        THEペット法塾代表 弁護士 植田勝博
                     TEL:06-6362-8177、FAX:06-6362-8178


貴県において、動物の命と共生に沿う殺処分ゼロを目指す行政について高く敬意を表します。
 この度、貴県、茨城県動物指導センターにおかれて、「長期に動物の保護ができるスペースの不足」を理由として殺処分がなされようとしていることに危惧を致します。

1  「殺処分ゼロ」とは、動物の愛護及び管理に関する法律(及び行政の運用指針の付帯決議)においては、殺処分目的の猫は引取らないこと、犬は所有者探し(所有者の権利と犬の保護)をし、所有者がいない犬(遺失物法に基づく公示期間満了後)については、広く譲渡募集をして殺処分をしないために最大限尽力をする責務が規定されています。

 即ち、動物は引取って譲渡をすることを基本としており、その間のシェルターは必須であります。
犬は基本的に人間が好きで、人に馴れる性質を持ち、野犬は人がこわくて臆病だとされるものの、人への信頼が譲成されると容易に飼養が可能であると言われています。所有者のいない犬もこれを殺傷、虐待、遺棄については、犬の命の法益のために犯罪とされます。
 犬は一頭毎に個性をもっており、人との多くの巡り会いで世の中に1人でも「自分が飼ってやろう」という人があれば人も犬も幸せになります。生き物同士の結婚のようなものです。基本的には個性のある犬たちは、問題があるとされる犬を含めて全てが譲渡される機会が与えられる必要があり、そのための「シェルター」が必須です。
 
 現在「譲渡適性」という言葉が環境省や行政で述べられることがありますが、それは殺処分行政を続けることを容認する用語として用いられています。
 犬の引取りと譲渡をするについては、行政シェルターが必須であることは自明ですが、譲渡が難しい犬も必然的に取り込むことになります。これは人と動物との共生を核として最大限尽力をしていただきたいと思います。
茨城県に緊急避難的行政シェルターができること、さらに恒常的な「行政シェルター」の設置されるならば、全国の注目すべきモデルケースとなります。

2  動物との共生は、人間も動物として共生することは普遍的道理であり、今、私達人類は、それを正面から受け入れざるを得ない時代にあると考えます。 

 貴県の時代を進めるシェルター設置を、多くの困難はあろうと考えますが、強く期待して注目致します。
 是非、全国から注視される中において前に一歩進められますことを切に念願する次第であります。




☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊、結石治療後の処方食(PHコントロール)が必要な猫達多数のフォスターペアレント募集
同時、処方食(PHコントロール)が必要な猫達の、新しい飼い主さんを探します。一匹でも、迎えていただけます方はいらっしゃいませんでしょうか。。


健康状態の良い猫から里親募集をしていますが、ストルバイト結石の猫達は、治療後もずっとPHコントロールなどの処方食を続けなくてはなりません。頭数が多すぎ病院内に保護しておけないため、土浦に一旦戻しますが、例えば、昨日入れ替えで7匹の猫が戻り、この子たちに処方食を持たせると、一日一匹が70g食べるとして一月60000円かかってきます。入れ替えできた猫達もまた、結石の猫達がいます。処方食を止めてしまうとまた再発する可能性はとても高いです。
崩壊状態の飼い主にできることは、お世話だけです。

この猫たちが生きていけるようご協力を呼びかけさせていただきます。
・できます範囲で医療費のご支援をお願い申し上げます。
・一匹でも結石治療後の猫の里親になって下さい。(一月の処方食代一万円以内かかりますことをご了承ください。)
フォスターペアレントになって下さい。(通常お願いしております猫たちは、一日100円一月3000円ですが、処方食になりますので一月9000円になってしまいます。申し訳ございません。または、一匹の猫さんに3名のフォスターペアレント様で守っていってあげられますのでご検討宜しくお願い申し上げます。))

膀胱・結石ルーム(写真は後日掲載します)

フォスターペアレント募集

t
h_20190226204428670.png


犬猫救済の輪 TNR日本動物福祉病院 では、恵まれない環境に置かれた命を少しでも救えるようスタッフ一同精いっぱい努めておりますが、いつも、力足りず皆様のお世話になりますこと、本当に申し訳ございません。


☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊 
茨城ー川崎搬送ボランティア募集
また、引き取った子、入院治療中の子が沢山おりますので、お世話ボランティアさん、募集しています。
頭数が多すぎます。お手伝いに来ていただけませんか。

 メールフォーム

多頭用支援物資のお願い
・トイレの紙砂・猫缶種類問わずたまの伝説 黒缶パウチ種類問わず ・搬送用ケージ・アイリスオーヤマ折りたたみケージ搬送用小8個・成猫用ドライフード多頭用不足150kg・ロッテホカロン貼らないタイプ・中古バスタオル・フリース(穴あきやシミがあっても洗濯してあれば使えます。柔軟剤は使わないでください。)・トイレ処理用ポリ袋30L・布製ガムテープ・養生テープゴミ処理用ポリ袋45L ・腎臓サポートドライ・猫用ドライフード種類問わず・トイレの紙砂・ペットシーツワイド中厚


受入先 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛
      時間指定 14時から19時 
しばらくの間、川崎―茨城土浦便がでます。日本動物福祉病院出発



☆支援物資のお願い
・成猫用缶詰等の物資が大変不足しております。ご協力いただけますと有難いです。また、処方食c/d・ ペーハーコントロール常時必要としております。
楽天ほしいものリストはこちら
・子犬用ドライフード ・子犬用缶詰・トイレの紙砂
・トイレの紙砂
・焼きカツオ高齢猫用・カロリーエース・猫ちゃん牛乳・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・箱シーバ・猫缶・ちゅーる・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイドメーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ポリ袋トイレ猫処理用・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・20Lポリ袋(トイレ処理用)

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・成猫用ドライフードキャネット多頭用大袋ロイヤルカナンキトン・ロイヤルカナン10キロ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・焼きカツオ・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス・ミャウミャウクリーミー・消毒用ハイター・猫ドライ腎臓用
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



☆全国の皆様、長い期間、応援ありがとうございました。
来春、福島に春が訪れるころ福島8年の活動を終了する予定です。





◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。




 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。






 拡散!!長いです。お付き合いください。☆本日、香川県より殺処分犬レスキュー羽田貨物16:30受取り ☆茨城県動物指導センター譲渡団体意見交換会に神奈川三団体の意見書を提出しました
2019年03月01日 (金) | 編集 |
1kanban1_2019013002460280b.jpg
TNR日本動物福祉病院 獣医師正社員 アルバイト パート募集  メールフォーム



illust1538_thumb_20181116141145a8a.gif
沢山の子猫のお世話にあなたの手をお貸しいただけませんか。  メールフォーム


★子犬・こねこ成猫里親会
(子犬は、中型犬ミックス 大きくなっても室内飼育。朝夕の散歩が十分に時間の取れますご家族へ。不妊手術等、譲渡規約有り。後日お届け安全確認有り。)
3月3日(日)12時~17時 雨天決行
東京都大田区西蒲田7-66-12JR蒲田駅西口1分
 サンロード商店街 ペットスマイル 蒲田店

terry.jpg miyuki.jpg

emiriairi.jpg jam.jpg may_201902280236311da.jpg gokuu.jpg
 

lori_20190228023623eed.jpg momorin.jpg hayato_20190228023628903.jpg renge.jpg 

emma_20190228023629af8.jpg aru2_201902280236269d7.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆香川県より殺処分される子犬たちの引取り開始
おーあみ避難所さん と連携します。


おーあみ避難所のブログは、 こ ち ら

3月3日(日)に緊急開催!
おーあみ避難所仔犬ばかりの里親会がございます。
カワイイ子たちに会いにきてくださいね♪


o0763108014363277841.jpg




☆本日、香川県より殺処分犬レスキュー羽田貨物16:30受取り → TNR日本動物福祉病院へ搬送

53084576_326478281549548_5125110626649112576_n.jpg



☆茨城県動物愛護

小川 一成 茨城県議会 議員
https://ogawa-issei.jp/

犬猫殺処分ゼロに向けた条例化



フェイスブックより
https://www.facebook.com/issei.ogawa.7/posts/1973656912753883
小川 一成さんが過去の思い出をシェアしました。
2月27日 7:45 ·

茨城県の犬猫殺処分ゼロに向けての取り組みが大きく動いた年でした。更にこの議会で我々が3000万円の増額補正を求めて6420万円で予算を可決いたしました。

我々も茨城県も本気です。



2年前  この日の思い出を見る
chevron-right
小川 一成
2017年2月27日 ·

本日から第1回県議会定例会が開会され、知事から県政運営に関する所信表明がありました。
その中で動物愛護についても「犬猫殺処分ゼロ」を目指すと明確に宣言しています。
新年度の予算額 34.200千円が計上されました。
これは大きな一歩です。

自民党政調会の中で舘県議を座長に「犬猫殺処分ゼロ」を目指すプロジェクトチームを立ち上げ、時間をかけて関係団体の意見を聞きながら昨年の12月議会で我々の手で条例を制定した結果、新年度の予算処置になったものです。

私が3年前の代表質問でもこの問題を取り上げ、動物に優しくなければ人にも優しくなれない。

「殺処分ワーストワンの茨城県であってはならない」と、問題提起をいたしました。
多くの皆さんのお力を借りてスタートラインにつくことができました。
これからが真価が問われます。



茨城県動物指導センター、今期猫は実質殺処分ゼロ達成見込、犬の殺処分大幅減少傾向
意見交換会に神奈川三団体の意見書提出


殺処分ゼロを目指す条例公布後、茨城県動物指導センターは殺処分ゼロを目指し大きな前進がみられます。
猫は今期、実質殺処分ゼロになる見込みです。
犬も様々な施策が進み、譲渡団体の協力で譲渡が進み、現在は、一時的にも殺処分が止まっています。
このまま殺処分が再開されることなく今期を終え、来期(平成31年度)を迎えられないものかと思います。

あり方委員会提言の愛護施設設立等が実現するまで、今の殺処分停止を続け、犬達を良い状態で保護管理譲渡と繋いでいくにはどうしたらよいでしょう。
当会は、その為に犬達の、緊急保護シェルターの設置を要望してまいりました。
猫につきましては、二年前、県のセンターに猫の専用収容スペースがない状態から、要望させていただき敷地内にプレハブ二棟を設置する事で既に実現しています。

2月27日に、茨城県動物指導センターにおいて、譲渡団体の意見交換会が行われました。
神奈川三団体は、多頭飼育崩壊等の対応中で参加できないため、事前に、県とセンターに以下、神奈川県三団体(林理詠、たんぽぽの里、犬猫救済の輪)の意見を取りまとめて意見書を提出いたしました。


神奈川三団体は、主に猫の譲渡に協力させていただいておりますが、犬についても考え方は同様で、犬につきましても述べさせていただきました。犬猫救済の輪では、茨城県常総市野犬レスキューに共にかかわり、このような犬の保護から譲渡まで知識実績のあるCAPINさんの出された要望書の内容に賛同しております。
譲渡の難しいなついていない猫や傷病の猫と同様、心身のリハビリを受けるスペースが必要ですが、犬は広いスペースが必要になります。

ゼロは不可能ではありません。 不可能と言えば、動物の命は失われます。
実現している自治体が出てきています。そして地元神奈川県はゼロの先に、ゼロの質にも目を向けて動いています。

少しの予算と工夫で、幸福な状態で生かすことが十分できます。またそうあらねばなりません。
他自治体でも私達は、足りないところは議員の先生や首長に、そして担当部署に提言しお願いすることで多くのことが解決してきました。
治らない病気や負傷の耐え難い苦痛からの解放以外に、健康体の殺処分を認めてはならないという考えです。
少なくとも、まだできることがあるのにやらないで、やむを得ないとは言えません。やってから、使う言葉です。
やって、問題があれば何度でも立ち止まり、また先へと進めばよいのです。ゴールは、ゼロです。








平成31年2月27日 意見交換会  意見書
茨城県保健福祉部御中
茨城県動物指導センター御中        
                  神奈川三団体
                  林 理詠
                  石丸雅代(たんぽぽの里 代表)
                  結 昭子(犬猫救済の輪 代表)
                  
茨城県犬猫殺処分ゼロを目指す条例に賛同し、貴県動物指導センター譲渡団体に登録させていただいた県外の三団体です。私達は主に猫の譲渡に協力させていただいております。
27日に譲渡団体との意見交換会がある由、ご連絡いただきました。残念ながら、多頭崩壊等に携わり参加できませんので、私達の意見をあらかじめとりまとめ、この書面をもって三団体の意見書とさせていただきます。お時間がありましたらお読み上げくださるようお願いいたします。

意見

1)収容されている全ての犬猫の写真付き情報をホームページに掲載し、譲渡の機会を拡大して下さい。
2)譲渡団体、ボランティアをホームページ等で常時募集して下さい。
3)県主催の犬猫譲渡会を頻繁に開催して下さい。
4)育てにくい幼猫に有償飼育員を補充して下さい。全国犬猫殺処分の6~7割は幼猫です。
5)不妊手術、フード、医療費の助成の内容や配分方法を効果が上がるよう見直して下さい。
6) 殺処分ゼロという目標を定めた原点に立ち戻って下さい。私達は治癒する見込みのない負傷、病気による苦痛からの解放を目的とする以外は「やむを得ぬ殺処分」として諦めることをしません。現状では、育てにくい幼猫、人馴れしていない成犬の殺処分を「やむを得ぬ」とされていますが、この部分を手当てして「やむを得ない」殺処分を無くす努力が、動愛法と茨城県条例の主旨から求められていると思います。
7)野犬と言われる所有者不明犬については、捕獲して可能な限り一斉に繁殖制限手術を行わない限り、掃討、殺処分を繰り返しても永久に問題解決しません。繁殖制限や所有者明示等、飼い犬の所有者の啓蒙を進めるのと同様に、所有者不明犬の繁殖制限も行って下さい。所有者不明猫の解決法と同じですが、犬はTNR出来ないので保護して、不妊手術を行いながら譲渡できるようになるまで、人馴れしていない犬には社会化リハビリのための場所と人手の確保をお願いいたします。今盛んに行っていただいている入り口施策の進展とともに、引き取らねばならない犬の数も経年で減っていき、経費もそれにつれて減っていきますので将来の見通しがあります。(参考事例として常総市での官民協働の野犬保護事業の成功があります。犬猫救済の輪も協力した事案です)

意見交換会は皆様がどのような発言をされたのか大変関心がありますが、出席できず残念です。神奈川三団体には、なるべく早い日にちで、議事録を送っていただけますよう宜しくお願い申し上げます。





意見交換会が終わった後に、「ねこかつさん」から電話をいただき、内容を教えていただきました。沢山の意見が出て、時間切れになるほどだったそうです。
「ねこかつさん」も発言されたそうです。内容は、神奈川三団体とほぼ同様だったようです。
猫の譲渡を受けているが、CAPIN鶴田さんと同じ立ち位置で、猫も負傷している猫や病気の猫が殺処分にならないように引き出している。・・・というような発言をしたと言っていました。
また、今期は行政に改善などの進展がなく後退とも感じられ、やらないなら引きあげることも考えていると言ったと言っていました。
「ねこかつさん」は、普段あまり言わない人なので、「ねこかつさん、そこまではっきり言ったの。」驚きました。

でも、本当に同感です。神奈川三団体も、要望すべて実現できることばかり、やらないで研究だの時間をかけてだの言っているのなら、その間、愛護団体が全部やってくれるだろうくらいに思っているのなら引きます。
「ねこかつさん」だって、地元の埼玉も変えたいでしょうにどれだけ茨城に尽力しているか、神奈川は進んでいるけれども、虐待などの問題等、その先へと進め、全国に手本を示せるくらいにしたいと思っています。
 でも、「ねこかつさん」も私たちも、それより先に、茨城県の犬猫殺処分ゼロを目指す条例実現に協力して、全国から視察や勉強に来るような動物愛護で全国に誇れる茨城県になってもらいたいと思ったのです。特に、猫は1年、或は2年で実現できると経験から思っていましたので、本当に全力で取り組みました。愛護団体側としてやるべきことはやり尽くしました。
 ところが1年目、子猫のピークを越えた時期、もう大丈夫かと思った時に、センターは、私たちに秘密で数百もの子猫を殺処分したことが発覚しました。大変なショックを受けました。
 それから、内緒で殺処分は絶対にしないで下さいと約束して今、二年目です。一時期、センターからの情報が途絶え曖昧な返事しかない時がありましたが、実質殺処分ゼロを継続しているとのことです。このような命に係わることですから行政と私たちの間で信頼関係を築く保つということは、やるべきことをやったうえでしか成り立ちません。気に入られなければ、こちらの希望を聞いてもらえないからとか、お世辞を言って成り立っているような動物愛護なら、殺処分ゼロなど達成できません。
 猫については、二年目の今、殺処分ゼロは達成できる見込みですが、これはひたすら愛護団体が引き出したからであって、その間に体制をととのえなければならなかったはずのセンターでは、先日の要望書への回答の通り、いまだにこれから研究する段階とかで何も改善されていないのですから、愛護団体が引いたら即大量殺処分が開始です。

犬猫救済の輪では協力団体の仲間達と共に、二年間、茨城県の猫の殺処分ゼロ実現に全力で取り組みやるべきことはやり尽くしました。猫の殺処分ゼロは今期達成できる見込みですが、センターの体制は出来上がっておらず、愛護団体頼みでいつ殺処分が再開となってもおかしくありません。今期最終の意見書として提出しました1)~7)は、難しい事ではありません。特にすべての命に対し情報を公開しないこと、傷病動物等を譲渡不適切とする差別的扱いは、動物愛護とはかけ離れたもので容認できません。実現しないのであれば、今期を持って撤退する考えです。やらなければならないことも多く、当会は、ここで止まっていることはできません。茨城県動物愛護行政には、本気を見せていただきたいと望んでいます。



意見交換会に参加した人のフェイスブック
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=557008044809729&id=100015016151019

箱山由実子
20時間前 ·
■適正な譲渡 vs 殺処分ゼロ?@茨城県動物指導センター
昨日、笠間にある茨城県動物指導センターへ行ってきた。
「平成30年度ボランティア譲渡登録団体等との意見交換会」に出席するため。

💧💧💧
里親希望者の適格を見極めて慎重な譲渡を!
野犬や傷病犬や猟犬や咬傷犬など「譲渡適正」を欠く犬については殺処分已む無し!
💧💧💧
という声が圧倒的に大きく、
「譲渡適正」を欠く犬や猫を助けようと尽力している者は、何故かよく思われないのだと感じた。
里親を見つけるために保護犬を引き出した登録団体には、お金が支給されるらしい。
そうなると登録団体が、限られた予算や人員や空間や時間の中で、里親を見つけやすい「譲渡適正」のある子を優先的に引き出すのは当然だし、それによって慎重な譲渡も可能になる。
それは今後も継続してよいように思う。

ただ、殺処分をゼロにするには、それと並行して、「譲渡適正」を欠く子を処分せずに生かすための方策が不可欠。

行政と民間とのより密接な連携が必要だろう。
それは、昔からの登録団体で「譲渡適正」を欠く子のお世話に慣れていない団体にとっては、もしかすると面白くないことかも知れない。
けれど私は、一部の者だけでなく誰もが、「譲渡適正」を欠く子との関わり方について、実際の体験の中で考えて下さることを切望している。

💧💧💧
「可愛くない!」「言うことを聞かない!」「歯向かってくる!」「咬むなんてもってのほか!」「野犬や猟犬なんて恐ろしい!」「病気や怪我や障害を抱えているなんて嫌!」

そんな子は要らない!(動物でも人間でも)
💧💧💧

そんな偏見や差別や排除のない社会になってほしい。
「譲渡適正」を欠く子は殺処分の数にさえ含めない、という環境省の見解は、あらゆる意味で間違っている。

昨日の集会では時間切れのため、私は挙手したものの発言の機会を与えられなかったが、
集会終了後の会場内で、多くの方々とお話しさせていただくことができた。

保健所で咬傷犬と呼ばれていたペーターが、猫や人間と寄り添っている写真を見ていただくと、皆さん驚かれていた。
私はペーター以外の犬と暮らしたことがなく、多くの犬と接して来られた皆さんほど経験も知識もないけれど、それでも発信していきたい。

殺処分已む無しではないのだと。
慎重な譲渡と殺処分ゼロの両立は可能なのだと。

―――――

因みに、同センターの基準では、私がペーターの里親になることは不可能だった。

そもそも、もしペーターが同センターに連れて行かれていたら、ペーターは殺処分になっていた。


52651768_557229088120958_9139530259442434048_n.jpg


52893739_557229134787620_9218673926748504064_n.jpg

ありがとうございます。お疲れ様でございますそれを声にしていきたいと考えます。

いいね!
· 返信する · 13時間前

箱山由実子 ありがとうございます。
私はペーターが咬傷犬と言われていたからこそ、里親になりたいと考えました。
老犬や傷病犬等の里親を希望される方もおられるようです。
なので「譲渡適正」という概念自体を私は疑問に思います。
とにかく全ての子の情報を公示してくれるよう、司会をなさっていたセンターの職員にお願いしました。




☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊、結石治療後の処方食(PHコントロール)が必要な猫達多数のフォスターペアレント募集
同時、処方食(PHコントロール)が必要な猫達の、新しい飼い主さんを探します。一匹でも、迎えていただけます方はいらっしゃいませんでしょうか。。


健康状態の良い猫から里親募集をしていますが、ストルバイト結石の猫達は、治療後もずっとPHコントロールなどの処方食を続けなくてはなりません。頭数が多すぎ病院内に保護しておけないため、土浦に一旦戻しますが、例えば、昨日入れ替えで7匹の猫が戻り、この子たちに処方食を持たせると、一日一匹が70g食べるとして一月60000円かかってきます。入れ替えできた猫達もまた、結石の猫達がいます。処方食を止めてしまうとまた再発する可能性はとても高いです。
崩壊状態の飼い主にできることは、お世話だけです。

この猫たちが生きていけるようご協力を呼びかけさせていただきます。
・できます範囲で医療費のご支援をお願い申し上げます。
・一匹でも結石治療後の猫の里親になって下さい。(一月の処方食代一万円以内かかりますことをご了承ください。)
フォスターペアレントになって下さい。(通常お願いしております猫たちは、一日100円一月3000円ですが、処方食になりますので一月9000円になってしまいます。申し訳ございません。または、一匹の猫さんに3名のフォスターペアレント様で守っていってあげられますのでご検討宜しくお願い申し上げます。))

膀胱・結石ルーム(写真は後日掲載します)

フォスターペアレント募集

t
h_20190226204428670.png


犬猫救済の輪 TNR日本動物福祉病院 では、恵まれない環境に置かれた命を少しでも救えるようスタッフ一同精いっぱい努めておりますが、いつも、力足りず皆様のお世話になりますこと、本当に申し訳ございません。


☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊 
茨城ー川崎搬送ボランティア募集
また、引き取った子、入院治療中の子が沢山おりますので、お世話ボランティアさん、募集しています。
頭数が多すぎます。お手伝いに来ていただけませんか。

 メールフォーム

多頭用支援物資のお願い
・トイレの紙砂・猫缶種類問わずたまの伝説 黒缶パウチ種類問わず ・搬送用ケージ・アイリスオーヤマ折りたたみケージ搬送用小8個・成猫用ドライフード多頭用不足150kg・ロッテホカロン貼らないタイプ・中古バスタオル・フリース(穴あきやシミがあっても洗濯してあれば使えます。柔軟剤は使わないでください。)・トイレ処理用ポリ袋30L・布製ガムテープ・養生テープゴミ処理用ポリ袋45L ・腎臓サポートドライ・猫用ドライフード種類問わず・トイレの紙砂・ペットシーツワイド中厚


受入先 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛
      時間指定 14時から19時 
しばらくの間、川崎―茨城土浦便がでます。日本動物福祉病院出発



☆支援物資のお願い
・成猫用缶詰等の物資が大変不足しております。ご協力いただけますと有難いです。また、処方食c/d・ ペーハーコントロール常時必要としております。
楽天ほしいものリストはこちら
・子犬用ドライフード ・子犬用缶詰・トイレの紙砂
・トイレの紙砂
・焼きカツオ高齢猫用・カロリーエース・猫ちゃん牛乳・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・箱シーバ・猫缶・ちゅーる・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイドメーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ポリ袋トイレ猫処理用・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・20Lポリ袋(トイレ処理用)

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・成猫用ドライフードキャネット多頭用大袋ロイヤルカナンキトン・ロイヤルカナン10キロ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・焼きカツオ・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス・ミャウミャウクリーミー・消毒用ハイター・猫ドライ腎臓用
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



☆全国の皆様、長い期間、応援ありがとうございました。
来春、福島に春が訪れるころ福島8年の活動を終了する予定です。





◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。




 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。







 拡散!!里親会告知☆香川県より殺処分される子犬たちの引取り開始 おーあみ避難所さんと連携します。里親会へ ☆得ることよりも、与えられる人に。 
2019年02月28日 (木) | 編集 |
得ることよりも、与えられる人に。

お金、言葉、笑顔、愛 ・・・ あなたなら




応援を♥
美容院に行けない方に再び美容室へ!移動美容室が伺います!

https://a-port.asahi.com/projects/smilestar/…






★子犬・こねこ成猫里親会
(子犬は、中型犬ミックス 大きくなっても室内飼育。朝夕の散歩が十分に時間の取れますご家族へ。不妊手術等、譲渡規約有り。後日お届け安全確認有り。)
3月3日(日)12時~17時 雨天決行
東京都大田区西蒲田7-66-12JR蒲田駅西口1分
 サンロード商店街 ペットスマイル 蒲田店

terry.jpg miyuki.jpg

emiriairi.jpg jam.jpg may_201902280236311da.jpg gokuu.jpg
 

lori_20190228023623eed.jpg momorin.jpg hayato_20190228023628903.jpg renge.jpg 

emma_20190228023629af8.jpg aru2_201902280236269d7.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆香川県より殺処分される子犬たちの引取り開始
おーあみ避難所さん と連携します。


おーあみ避難所のブログは、 こ ち ら

3月3日(日)に緊急開催!
おーあみ避難所仔犬ばかりの里親会がございます。
カワイイ子たちに会いにきてくださいね♪


o0763108014363277841.jpg





☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊、結石治療後の処方食(PHコントロール)が必要な猫達多数のフォスターペアレント募集
同時、処方食(PHコントロール)が必要な猫達の、新しい飼い主さんを探します。一匹でも、迎えていただけます方はいらっしゃいませんでしょうか。。


健康状態の良い猫から里親募集をしていますが、ストルバイト結石の猫達は、治療後もずっとPHコントロールなどの処方食を続けなくてはなりません。頭数が多すぎ病院内に保護しておけないため、土浦に一旦戻しますが、例えば、昨日入れ替えで7匹の猫が戻り、この子たちに処方食を持たせると、一日一匹が70g食べるとして一月60000円かかってきます。入れ替えできた猫達もまた、結石の猫達がいます。処方食を止めてしまうとまた再発する可能性はとても高いです。
崩壊状態の飼い主にできることは、お世話だけです。

この猫たちが生きていけるようご協力を呼びかけさせていただきます。
・できます範囲で医療費のご支援をお願い申し上げます。
・一匹でも結石治療後の猫の里親になって下さい。(一月の処方食代一万円以内かかりますことをご了承ください。)
フォスターペアレントになって下さい。(通常お願いしております猫たちは、一日100円一月3000円ですが、処方食になりますので一月9000円になってしまいます。申し訳ございません。または、一匹の猫さんに3名のフォスターペアレント様で守っていってあげられますのでご検討宜しくお願い申し上げます。))

膀胱・結石ルーム(写真は後日掲載します)

フォスターペアレント募集

t
h_20190226204428670.png


犬猫救済の輪 TNR日本動物福祉病院 では、恵まれない環境に置かれた命を少しでも救えるようスタッフ一同精いっぱい努めておりますが、いつも、力足りず皆様のお世話になりますこと、本当に申し訳ございません。


☆茨城県土浦市猫80匹多頭飼育崩壊 
茨城ー川崎搬送ボランティア募集
また、引き取った子、入院治療中の子が沢山おりますので、お世話ボランティアさん、募集しています。
頭数が多すぎます。お手伝いに来ていただけませんか。

 メールフォーム

多頭用支援物資のお願い
・トイレの紙砂・猫缶種類問わずたまの伝説 黒缶パウチ種類問わず ・搬送用ケージ・アイリスオーヤマ折りたたみケージ搬送用小8個・成猫用ドライフード多頭用不足150kg・ロッテホカロン貼らないタイプ・中古バスタオル・フリース(穴あきやシミがあっても洗濯してあれば使えます。柔軟剤は使わないでください。)・トイレ処理用ポリ袋30L・布製ガムテープ・養生テープゴミ処理用ポリ袋45L ・腎臓サポートドライ・猫用ドライフード種類問わず・トイレの紙砂・ペットシーツワイド中厚


受入先 〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛
      時間指定 14時から19時 
しばらくの間、川崎―茨城土浦便がでます。日本動物福祉病院出発



☆支援物資のお願い
・成猫用缶詰等の物資が大変不足しております。ご協力いただけますと有難いです。また、処方食c/d・ ペーハーコントロール常時必要としております。
楽天ほしいものリストはこちら
・子犬用ドライフード ・子犬用缶詰・トイレの紙砂
・トイレの紙砂
・焼きカツオ高齢猫用・カロリーエース・猫ちゃん牛乳・猫缶種類問わず・おいしい缶食欲のない猫用・箱シーバ・猫缶・ちゅーる・ペットシーツレギュラー・ペットシーツワイドメーカー問わず・高齢猫用缶詰種類問わず・ポリ袋トイレ猫処理用・ちゅーる子猫用・ペットシーツ・20Lポリ袋(トイレ処理用)

アマゾンほしい物リストはこちら
・トイレの猫砂・「トイレの猫砂」・焼きカツオ高齢猫用 ・焼きささみ・美味しい缶詰(食欲のない子に)・高齢猫用種類問わず・成猫用ドライフードキャネット多頭用大袋ロイヤルカナンキトン・ロイヤルカナン10キロ食器用液体洗剤・養生テープ・養生テープ・腎臓ケアウエット種類問わず ・健康缶腎臓食・腎臓の悪い老猫用銀のスプーン・a/d缶詰・ミャウミャウ子猫用レトルト・焼きカツオ・ちゅーる高齢猫用・保護猫用 毛玉配慮・ドライフード・猫元気ドライ多頭用固形物が食べられない猫や病気で食欲のない猫用に・キャラッとミックス・ミャウミャウクリーミー・消毒用ハイター・猫ドライ腎臓用
受入先川崎 指定日なし14時から19時 
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島1-28-15 グリーンプラザ川崎1F
      TNR日本動物福祉病院 ボランティア事業部宛



☆全国の皆様、長い期間、応援ありがとうございました。
来春、福島に春が訪れるころ福島8年の活動を終了する予定です。





◆支援金のお願い
犬猫救済の輪では、動物センターに収容された譲渡の難しい傷病猫を積極的に引き取っています。保護時の検査治療費に加え、一生医療を必要とする命を守っていくために、皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。一般活動支援金は、その時一番必要とされているところに使われます。

支援金振込先 
・郵便振替 口座番号 00240-3-17767 口座名義 犬猫救済の輪 
・横浜銀行 大島支店 普通預金  口座番号 1189874 口座名義 犬猫救済の輪 
郵便振替は、通信欄に使途目的(例センター基金 ・例 シェルター支援 ・例 一般活動支援 )等と明記下さい。尚、銀行振込の場合、お名前の欄以外は通帳に記入されません。お名前の前に使途目的例 (・例 センタ- ・例 イッパン・例 シェルタ)等とご入力下さい。




 banner_02.gif   にほんブログ村 猫http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#ブログへ   d_01.gif
殺処分ゼロの実現を願って一日一回クリックをお願い致します。